犬が勘違いしてしまう5つの人の行動

犬が勘違いしてしまう5つの人の行動

人間も犬の行動や仕草に対して「こう思っているのかな?」と勘違いしてしまうことがあります。しかし、勘違いしてしまう行動があるのは犬だけではありません。犬が勘違いしてしまう人の行動もあるのです。今回は犬が勘違いしてしまう人の行動に焦点を当ててご紹介して参ります。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が勘違いしてしまう人の行動

見上げるミニチュアダックス

「犬があくびをしたら、眠いのではなく、ストレスを感じているサイン」など、人間が勘違いしやすい犬の行動はよく聞かれます。しかし、犬側が勘違いしてしまう人の行動って、あまり聞きませんよね。

今回は犬が人間のどのような行動に対し、私たちが思っている事とは違う意味で捉えてしまっているのかをお話しします。

①ジッと犬の目を見つめる

見つめ合う犬と女性

まずはジッと犬の目を見つめるという行為です。犬を飼っている人や犬が好きな人であれば、相手の目をジッと見つめるという行為は、犬の世界において敵意を表しているという話はご存知の方も多いと思います。

これは犬だけではなく、人にも言えることです。人が犬の目をジッと見つめる時、犬は「この人は僕に対して敵意を持っている」と勘違いしている可能性があるのです。

もちろん、人間側は「かわいいな」「ジッと見つめ返してくれてる!」などと思っているだけでしょう。しかし、犬からすると「こっちは敵意はないのに」と不安に感じていたり、「ならば僕も応戦してやる!」と強気な態度を示してきたりしかねません。

例外として、既に飼い主さんと信頼関係が築けているという場合には、敵意ではなく、愛情表現の意味が込められています。この違いもしっかり区別してあげましょう。

②犬から目を反らす

犬の目

先ほど「ジッと目を見つめる」という犬が勘違いしやすい行動をご紹介しました。この後に犬からスッと目を反らすという行動も、犬が勘違いしやすい行動の1つです。

ジッと見つめるという行動には敵意の意味が込められていますが、その後、スッと目を反らすという行動には「降参です」の意味が込められているのです。人間側からしたら、他に注意を引く出来事があったり、用事を思い出して目線を反らしただけなのに、と思ってしまいますよね。

しかし、犬から見れば「やった!僕の勝ちだ!」と思っていまい、「じゃあ僕の方が上だね」とさらなる勘違いを生み出しかねません。もちろん、この場合も飼い主さんであれば例外となる事があります。しかし、信頼関係を築けていない他人であれば、勘違いさせる行動となってしまいますので気を付けましょう。

③怒っているのに高い声

怒られる犬

犬がイタズラをした際、叱るという飼い主さんも多いでしょう。犬を叱る際、正しい叱り方として、「ダメ」という事を単語でハッキリと、さらに低い声で伝えるという方法が挙げられます。

犬は人間の感情を読み取る基準として、声のトーンを非常に重要視しています。したがって、怒っているのに高いトーンで話しかけてしまうと、「飼い主さんは怒っていない」と勘違いしてしまうのです。

中には高いトーンで話しかけられたことによって、「なんだか飼い主さんが喜んでる?」と大きな勘違いをしてしまう子もいます。すると後日、また同じイタズラを繰り返しかねませんので、しっかり低い声で伝えるようにしましょう。

④他の人に預ける

悲しい顔の犬

短期間であっても他の家に預けてしまうと、犬は「捨てられたかも…」と勘違いしてしまうことがあります。例外として、普段からよく行き来するような家(例えば親戚の家など)であれば、「捨てられた」とまでは勘違いすることはないでしょう。

しかし、今まであまり訪れたことのない家や会ったことのない人に預けられると、飼い主が知っている相手であっても犬にとっては他人ですので、「もしかして飼い主さんは僕に飽きて捨ててしまったのかもしれない」「もう飼い主さんは戻ってこないのかも」と勘違いさせてしまうことになる可能性があります。

これは他人の家でなく、ペットホテルに預けられる場合も同じです。犬にとって他人の家もペットホテルも同じような存在の場所という認識ですから、「飼い主さんはこのまま僕の元には戻ってこないかも」と不安を抱かせてしまうことがあります。

⑤座った状態で犬を抱き上げる

人の膝に座る犬

「座った状態で犬を抱き上げるという行動に対し、「どういうこと?」と感じる方もいるかもしれません。詳しく説明すると、人間が座った状態で犬を抱き上げ、犬を膝やお腹の上に乗せるような行動を指します。

このように詳しく行動を説明されると「私やっちゃってるかも」と思い当たるという方も多いのではないでしょうか。

実はこの行動をしてしまうと、犬は「僕の方がこの人よりも上の立場なんだな」と勘違いしてしまうことがあるのです。なぜならば、犬は元々集団行動の中において、立場が上である犬が、位置的にも上に立つという習慣があったのです。

したがって、人間自ら犬を位置的に上へ上げてしまうことで、リーダー、あるいは「あなたの方が位は上ですよ」と伝えているようなものなのです。

もちろん、既にしっかり上下関係が築けている場合は、数回のこの行動で上下関係が簡単に変わってしまうということはないでしょう。しかし、まだ上下関係が築けていない状態で行ってしまうと、決定打となってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

まとめ

寝転ぶ女性に乗る犬

いかがでしたでしょうか。日頃「ついやっちゃってる」という行動も中にはあったのではないでしょうか。特に座った状態で犬を自分の上に乗せたり、叱る際につい高いトーンで話しかけてしまうという行動はよくあります。犬が勘違いしてしまっている可能性もありますので、注意が必要です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。