犬が散歩中によそ見をする3つの理由とやめさせる方法

2930view

犬が散歩中によそ見をする3つの理由とやめさせる方法

犬がお散歩中にチラチラとよそ見をしていることはありませんか?この記事では、「犬が散歩中によそ見をする3つの理由とやめさせる方法」をご紹介します。是非、チェックしてみてください!

犬が散歩中によそ見をするのはダメなのか?

散歩中のブルテリア

私たち人間も、興味のあるものを見つけたりすればよそ見をしてしまいますよね。犬は絶対によそ見をしてはいけないという訳ではありませんし、一心不乱に歩くことが散歩の目的ではありません。

犬にとってお散歩とは、周りの環境を楽しんだり、匂いを嗅いだりして気分転換をすることが最大の目的ですよね。

しかし、犬が散歩中によそ見をすることによって危険を伴ったり、散歩の楽しみが減ってしまうことも起こります。そんなマイナス面を防ぐためにも、よそ見をしないようにしたいですよね。

そこで今回は、「犬が散歩中によそ見をする」ことによって起こる良くない面と、よそ見を止めさせる方法をご紹介したいと思います。ではさっそく、見ていきましょう!

犬が散歩中によそ見する理由1:周りが気になる

散歩をしている柴犬

人間と同じ理由ですが、自分の興味を引くものや探している目的物があると、歩きながら見てしまいますよね。犬は特に動体視力が良く人間の約4倍と言われています。

犬にとっては、動くもので興味を引くもの(虫や小動物、走る子供や自転車など)は無意識に見てしまうのでしょう。

これは止めさせようとしてもどうしても見てしまうと思うので、飼い主さんが工夫して回避してあげることが大切になってきます。

やめさせる方法

お散歩中には、なるべく上記に挙げた「動くもの」に出会わないようにしてあげましょう。例えば、お散歩中に向こう側から犬の興味を引きそうなものが来た場合、違う道に入ったりしてお散歩ルートを変更するが良いでしょう。

犬が散歩中によそ見する理由2:外が怖い

不安な顔のビーグル

外の環境に慣れていない場合、見るもの触れるもの全てに緊張してしまいます。特に、大きな音のする車やバイク、自転車などが恐怖の対象となります。

他にも、家では見られないもの(知らない人や他の犬など)にもビックリしてしまい、キョロキョロと見てしまうのです。

やめさせる方法

子犬の頃から外の世界に慣れさせることが大切です。成犬の場合でも、少しずつ時間をかけて外の環境に慣らしていけば、楽しくお散歩が出来るようになります。

初めは抱っこして短時間外に出てみる、リードをつけて庭だけ散歩してみる…など工夫して、愛犬の状況や性格を見極めて対応してあげましょう。

犬が散歩中によそ見する理由3:飼い主さんのことを信頼していない

飼い主を引っ張る犬

飼い主さんを信頼していないが故に、外の世界に出た時に「僕(私)がしっかりしなくっちゃ!」と周りをキョロキョロと警戒してしまうことがあります。この場合、止めさせようとしても信頼を築くまでやめることはできません。

やめさせる方法

まずは愛犬に信頼してもらうことが大切です。信頼関係は短期間では築くことはできません。ゆっくりと、長い時間をかけて愛犬に信頼してもらえるように努力しましょう。

信頼してもらう方法は、人間と同様です。愛情をもって、優しく日々接していれば、愛犬もきっとあなたのことを信頼してくれますよ。

まとめ

犬を散歩させる犬

いかがでしたでしょうか。愛犬が散歩中によそ見してしまう理由は分かりましたか?

その他にも、それぞれのワンちゃんによそ見をしてしまう理由があると思いますが、愛犬の性格や個性を理解して「より幸せに過ごせるようにサポートする」という気持ちを忘れずに行動したいですね。

あなたとワンちゃんがより安全に、より幸せに暮らせますように!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。