冬にやりたい犬の散歩対策と気を付けたい3つのこと

冬にやりたい犬の散歩対策と気を付けたい3つのこと

お気に入りに追加

夏の散歩も暑さ対策が重要ですが、同じく冬の散歩にも対策や気を付けたいことがあります。だんだんと寒くなってくる冬の散歩対策と気を付けたいことをご紹介します。

8893view

冬の散歩は寒くて飼い主さんも少しおっくうになりがちですよね。そうはいっても散歩をしないわけにはいきません。犬は寒いのが得意と思われがちですが、それでも冬の散歩対策は必要です。

今回は「冬の散歩対策と気を付けたいこと」をご紹介します。

冬の散歩

枯葉の上に立つ犬

寒い寒い冬の散歩。飼い主さんはしっかりと着込んで調整をしている中、いつも通りの愛犬の姿を見ると、こんな寒い中を散歩して大丈夫だろうかと気になる方もいるのではないでしょうか。

そもそも散歩をすることは犬の「心身」共に健康でいさせるためには、とっても重要なもの。運動になるだけでなく、生き物にとっては日光に当たることも大事ですし、飼い主さんとのコミュニケーションにもなります。そのため、雨であっても、寒い日であっても、散歩は欠かせないものです。

日照時間が短いのが冬。日が沈むにつれて寒さも増しますし、日光浴の意味でも明るい時間帯に散歩に行きたいところです。特に寒暖の差が激しい冬はその日の気温や天気によって時間を調整することで、犬の負担を減らすことができます。

散歩対策と気を付けたい3つのこと

防寒具を着用して走る犬

なんといっても冬の散歩で対策すべきは「寒さ」に対してです。ぜひ取り入れていただきたい冬の散歩対策をご紹介します。

1.ウォーミングアップをする

手を揉まれる犬

人間でも犬でも「気温の差」は体へ負担をかけます。冬は暖かい室内から、突然、寒い外で出ることになるので、体を寒さに慣らすためにも少しのウォーミングアップを取り入れてみてください。

ウォーミングアップといっても、玄関先で手足のマッサージをしたり、家の中を少し歩かせたりするだけで十分です。寝ていた犬を起こしてすぐに外で出るのが一番負担がかかるため、愛犬が寝ていたなんて時は、ぜひウォーミングアップの上で散歩に出かけてくださいね。

2.防寒具の着用

チワワ

特に小型犬は極端に寒さが苦手です。寒い家の中にいるだけでも体調を崩してしまいます。また、小型犬でなくとも、室内で飼育されている犬は体温調整が苦手になっていることが多いと言います。外を歩けば体が温まるからと油断せずに、体の小さな犬や寒がりの犬には防寒具を着用させてあげましょう。

防寒具の洋服は天気や気温に合わせて、犬のサイズに合ったものを選んでください。また、雨や雪で濡れるような時はレインコートを用意してあげましょう。冷たい地面から足を守るためにドッグブーツを履かせることもできます。ドッグブーツは暑い夏の時期にはアスファルト焼けから犬の足を守り、寒い冬には氷った地面や冷えから足を守ってくれますので、ぜひ取り入れてみてほしいアイテムです。

3.アフターケアをする

ドライヤーする犬

寒い冬の散歩は帰宅後のアフターケアも大切です。雪などで体が濡れた場合は、必ずタオルで水分をふき取り、ドライヤーなどでしっかりと乾かしてあげましょう。いつか乾くからと放置してしまうと、体温を奪われる結果になってしまいます。

また、室内犬は散歩後に足を洗ったり、拭いたりすると思いますが、この際は乾燥に注意が必要です。冬場は特に空気が乾燥しているので、水で洗った場合は肉球クリームなどで保湿をしてあげましょう。濡れタオルで拭く場合も、あまりごしごししてしまうと乾燥を助長するため注意が必要です。冬場はこのタイミングで、肉球を怪我していないか、荒れていないか、割れていないかなど観察してあげましょう。

まとめ

雪の中を走る犬

犬の寒さへの耐性は犬種によっても、個体によっても大きく異なります。また、どんなに寒さに強い犬種でも、年齢を重ねていたり、心臓が弱っていたりすると寒さに負けてしまう子もいます。また、どんなに寒くても洋服などの防寒具は犬によってはストレスになる場合もあります。

夏場であれ、冬場であれ、しっかりと愛犬の特性や体力を理解し、様子を見ながら散歩をしてあげましょう。対策を行い、少しでも毎日の散歩を楽しいものにしてくださいね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。