犬にやってはいけない4つのNG行動!愛犬の気持ちを考えて!

犬にやってはいけない4つのNG行動!愛犬の気持ちを考えて!

お気に入りに追加

あなたは犬の気持ちを理解できていますか?いつも何気なくやっていることでも、犬にとっては辛かったり健康を害することかもしれません。この記事では、「犬にやってはいけないNG行動」をご紹介していきます。是非チェックしてみてください!

128936view

これだけはやらないで!犬にとって危険なこと・辛いこと

寂しそうな子犬

人間の子育てと同じように、犬を育て養っていくことにも「やってはいけないこと」があります。「これは常識!」というものから「そうだったの?」というものまで、犬の特性や気持ちを考えて、注意すべきことを4つご紹介します。

犬をこれから飼おうかな?と思っている人はもちろん、犬のことは何でも分かってるベテラン飼い主さんももう一度チェックしてみて下さい!

①中毒性のある食べ物を与える

犬にとって中毒性のある危険な食べ物として

  • ネギ類
  • 干しぶどう
  • チョコレート
  • アボカド
  • ニンニク

などが挙げられます。これらは犬にとっては毒性があるので与えてはいけません。私たち人間にとっては美味しくて魅力的な食べ物ですが、犬には絶対にあげないようにしましょう。

レーズン(干しぶどう)をあげてはいけない、ということは恥ずかしながら私も最近知りました。幸い愛犬には与えたことはなかったですが、人間の知識は完璧ではないので随時更新していきましょう!

②炎天下での散歩

お散歩する子犬

夏場のお散歩は飼い主さんにとってもきつい時がありますよね。人間よりも体高がかなり低い犬にとっては、地面からの熱がより伝わります。

真夏では地面の温度は約65℃にも達するそうです。そんな環境で歩くということは、肉球が火傷をしてしまったり、熱中症になったりする危険がありますよね。

涼しくなってから散歩にでかけるようにするのはもちろん、散歩の前には地面を飼い主さんが実際に手で5秒程(我慢できなければ熱くすぎる)触ってみて、大丈夫かどうか確認してあげましょう。

その他、室内でも高温にさらすことは危険です。

愛犬がお留守番のときはクーラーをつけていってあげる飼い主さんは多いと思いますが、設定の不注意やクーラーの故障、停電なんかのアクシデントにも対応できるようにしておきましょう。

短頭種は特に注意して夏場を乗り切れるようにしてあげましょう。

③長時間のお留守番

お留守番するジャックラッセル

国によっては6〜8時間以上犬だけでお留守番をすれば罰せられることもあります。それほど犬が孤独な時間を過ごすということはいけないことなのです。

また、お留守番中はケージに閉じ込める、という習慣やしつけを行っている方もいるかもしれません。自分がもし狭い場所に長時間入れられて自由を奪われたら嫌ですよね。

犬が自由に好きな場所で休めるように、室内フリーで過ごさせてあげましょう。

④安易に迎え入れる

ペットショップで衝動買い…はいけないことだと理解している人は多いと思いますが、すでに愛犬がいてもう1匹迎え入れようとすること=多頭飼いを始める場合も注意が必要です。

1匹で飼い始める場合は気にしない「犬同士の相性」が問題になってくるからです。犬の里親募集の理由で「先住犬と相性が悪かったので引き取って欲しい」ということが結構見られます。

犬の幸せも考えて、安易に迎え入れないようにしましょう。

まとめ

おもちゃで遊ぶ子犬

いかがでしたでしょうか?

あなたがついやってしまっていた…という行動はありましたか?もしやってしまっていたとしても、今から改善すればいいのです!

愛犬がより良く暮らせるようにいつも犬に関する情報は更新するようにしましょう。そうすれば必ず、愛犬とより長く幸せに暮らせるでしょう!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    安易に購入することや危険な食べ物を与える事はもちろん駄目ですが、室内フリーが絶対に正しいとは限りません。ケージの中でお留守番する事が落ち着くように躾けることも、小さい頃から慣れさせておけば可能です。狭くて可哀想だからと何でも自由にさせてあげるのは、犬にとって返ってストレスに繋がります。あとあと困らないように、どこへ連れ出してもお留守番が上手にできるようにしてあげることも飼い主の立派な役目だと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    「…犬が自由に好きな場所で休めるように、室内フリーで過ごさせる…」
    には、疑問を覚えます。

    投稿にもあるように、お留守番中はできるだけ安全を確保できるケージなどで、狭くてもストレスを感じることなく安心できる場所として慣れさせる方が愛犬のためになるのではないでしょうか??
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ケージでの留守番はメリットもあります。ケージが落ち着ける場所ならば広いリビングで留守番するよりもストレスが少ないと聞きました。
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    家のマルチーズは小さい頃から留守番はゲージの中でしています。ハウスと言ったら自らゲージに入っておとなしく留守番してます。フリーにするより安全で安心して出掛けられます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    犬の十戒をご存じですか?犬の寿命はとても短く、飼い主さんだけを頼りに、飼い主さんに限りない愛情と信頼を寄せて、何よりの幸せを感じて一生を終えるのです。
    問題行動をするのは全て理由があるのに、人の都合を優先した飼い方をする飼い主さんも多いように思います。本来の気性や家の事情に合わない犬を人気だというだけで選んだり、小さい子供の玩具のように簡単に家へ迎える方も。毎日長時間留守にする家、散歩にも行く時間のない家は、命を迎え入れるべきではないと思います。健康を維持するには良いフードを選ぶことも大切で、病気になったり老いた時にはお金も沢山かかります。犬目線で、犬の気持ちになって、飼う前に最期まで幸せに出来るかよく考えてみませんか?このサイトは本当に犬の心に沿ったアドバイスをしていると、共感します。
  • 投稿者

    30代 男性 匿名

    犬種で差はあるかも知れませんが室内フリーは賛成しません。フリーでは逆に緊張が解けず、無駄吠えなどの原因にもなります。「もしあなただったら?」って本来狭い巣穴で生活してきた犬を擬人化し過ぎです。
  • 投稿者

    40代 男性 みのる

    室内フリーは賛成です。
    自分の思った過ごしやすい決まったところでいつも過ごしています。わんこのベッドだったりフローリングだったりたまにはコンクリートの上だったり。家族がいる時は誰かしらの側にいますね。
    たまに想定内の粗相はしますがお世話の内に過ぎないので。いつものびのび寛いでいます。
    車にだけはいつまでたっても慣れませんが。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    躾の段階が過ぎ、そして家族の一員としての自覚を持った犬は自分の居場所を知っているように思います。
    侵入してはいけない場所も分かっている様子です。
    食べ物も、飼い主(信頼できる人間)から与えられたものしか食べないようにトレーニングできると思います。
    だからこそ飼い主の責任は非常に大きいものだと私は自覚しています。
    命令に従ったらオヤツをあげる行為は、私は好きではありません。
    権勢本能をコントロールでき、家族の中での自分の位置(序列)を十分に知った犬であれば、
    私はフリーにしても良いと思います。
    1年間の躾期間を経てから家族の一員として認めた我が家の愛犬、
    15年以上そのようにして暮らしています。
    勿論、旅行に行った時も飼い主と一緒ならのびのびとしています。
    ペットに関するマニュアルはたくさんありますが、個体全てにそれが当てはまるとは私は思っていません。
    ちなみに我が家ではケージ(90㎝×60㎝)をトイレとして使っています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家では、ポメラニアン♂9ヶ月を飼っています。 家族の誰かがいる時は、リビング内でフリーにしています。お留守番の時は、1部屋を犬用にしているので、そのお部屋の中でフリーにしています。
    小さい頃からなので、愛犬もお部屋に入ると落ち着くみたいです。
    部屋の中で走り回ったり、おもちゃで遊んでいたりしてるみたいです。
    お部屋には、クレートも置いていつでも入れる様にしてありますが、めったに入りませんね?
    ベッドで伸び伸び寝てます。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    室内フリーに関しては、その子の生活スタイルによって変わるのではないかと思います。
    ケージの中でワンコが安心できるのであればそのように、部屋の中に自分の安心出来る場所があるようならフリーでよいと思います。
    ワンコとの暮らしは、マニュアル通りにはいかないことも沢山あって、愛犬のことは飼い主さんが一番わかっているのでは。
    ちなみに我が家は柴犬とジャックラッセルテリアの多頭飼いでお留守番の時は室内フリーです。
    長時間のお留守番はさせないようにしていますが、停電や地震などいつ起こるかわからないトラブルに備えて部屋のドアを少しずつ何ヵ所かあけておきます。
    ですが、お留守番中は他の部屋に行かずリビングで二匹で寝て待っていてくれているようです。
    どの方法でワンコが安心できるかは、その家の普段の生活スタイルで決まるのではないかと思いました。


  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    室内フリー賛成です!パピーの頃はイタズラや破壊で大変でした。でもイタズラされたくなければ、全て片付けて犬の届く場所には何も置かなければ良い話し。破壊はストレスや留守番時間が長すぎる事が原因な場合が多いので、犬が悪いのではなく人側が改善策を見付けるべきだと思う。ウチのワンコもなるべくストレスのかからない生活を心掛けたら今は落ち着いて全く心配なくお留守番してくれます。フリーにしていても自らケージに入って留守番するのら、そのワンコはケージが落ち着くのかもしれないけれど、ケージに閉じ込めて ウチの子はケージが落ち着くというのは違うと思います。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    広い部屋が落ち付かないなんて、人間の都合のいい解釈。人間の子供と同じと考えなさい。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家は完全に室内フリーです。チワワとウェルシュテリアがいます。夫婦で働いているので朝8時から夜8時まで平日は完全にお留守番です。もう14年になりますが大きな問題は一度もありません。基本的には自分の居場所(何か所か)にいるようです。室内の心配ごとは人が気をつければたいしたことではないように思います。小さいケージも室内も慣れれば同じなのではないでしょうか。今は老犬なので手作りバリアフリーなど室内の環境も変わってきましたが、目が見えなくなってもうまく対応して自由に過ごしているようです。犬の年齢や性格、人のライフスタイルとケースバイケースでしょうしどちらがいいかはわかりませんが、最近は突然の災害などの心配もあるので私はフリーの状況の方が安心です。
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    犬にもよるが、ある程度の大きさならフリーが良いと思う。
    犬はバカではないので、フリーにしている部屋の中で自分が落ち着く場所を見つける。
    ケージのなかで何時間も過ごさせるのはおかしい。
    犬に決めさせれば良いと思う。
    鳥小屋のような自宅に住んでいたらムリですが(笑)
  • 投稿者

    女性 匿名

    我が家の 愛犬は、室内フリーです?
    毎日 愛犬と出勤していますよ?

    愛犬手当ても出ます?
    日本にも、素敵な職場があります。
  • 投稿者

    女性 りん

    私は、ゲージで留守番させた方が危険が少ないし、犬も狭い方が落ち着くと、本で読みました。
    長時間だと、少し広めに行動出来るように、リビング等を仕切りで区切って、お留守番させると良いらしいです。
    何がいいのか、悩みますね。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    ケージがダメだと言ってる訳ではない気が‥。
    私は常に、自分がこの子達だったらと、
    犬になりきって考えます。
    全て分かってあげられないけど、ケージで留守番は足が痺れたり、動きたいのに歩けなかったり、誰が来たのか確認しに窓際に行けなかったり、日向ぼっこも出来ない、
    冷たい床に移動できない。
    自分だったら‥って考えたら、苦しくなる。
    犬だから!と、考えないことが大事だと思います。
    その子が好きならケージもオッケー!

    躾と言う言葉がきらい。
    向かい合って、受け入れあいたい。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 生き物

    我が家はパピーの頃はサークルの中にクレートとトイレを設置し、徐々にサークルを広くしトイレが完璧になり、イタズラが落ち着いた頃から留守番はフリーで特に問題なく過ごせています。 トイレとクレートは離して快適に、トラブルの元にならないようにゴミ箱は蓋つきにするなど工夫もしてます。 うちの子はその日の気候などでソファや、ドッグベッド、クレートなど色々移動しているようです。

    ケージ、サークルに慣らしておくことは必要だと思いますが、やはり3時間以上のお留守番ならばフリーにしてあげたいです。
    犬の時間は人の倍以上と聞いたこともあります。 できるだけお留守番時間を短くし、快適に過ごさせてあげたいですですね。 あと、お留守番の前には必ずトリーツを与えてます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 宝物は我が子

    ゲージの中でお留守番を過ごすことが、ベストなのかフリーがベストなのか個々の考えあります。ワンコの性格も色々です。我が家はフリーです。長丁場のお留守番です。迎え入れる前、悩みました。
    我慢してると思います。でも、我慢させている分、お休みの日、朝のお散歩、帰宅後のお散歩雨の日以外欠かしません。大切だからこそ、深い愛情を皆さんそそぐんだと思います。だから、長いお留守番をさせてしまうののなら、我が子の気持ちを考えて、その家庭なりにと思います。
    メリット、デメリットは両方にあり得ると思いますよ。
  • 投稿者

    50代以上 女性 正願

    私達夫婦と愛犬の寿命を考えて、最初にして最後のワンコだと思って、お留守番は最小限にしています。ペットホテルに預けても、飲まず食わずで過ごすことを知っているから、日本中を車に乗せて連れて行って、車中泊もしばしば。旅の行き先は、犬連れOKかを確認して、ゲージもザックも持ちますが、室内フリーを大半選択。4原則をしかと心に刻み、今、5歳近い愛犬より長く生きて、愛を注ぎたいと思います。今や、神社仏閣でもペットに理解があり、永平寺や厳島など、中までOKの場所が沢山ありますね。勿論、我が家はお留守番は室内フリーです。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    室内フリーは賛成です。
    ゲージが絶対ダメとは言えませんが、
    もし、お留守番中に飼い主さんが
    何かの事故に
    帰宅出来なくなる何かがあれば
    ワンチャンは、狭い中にずっとそのままです。

    ワンチャンの為を思うなら
    フリーの方がイィと思ってしまいます。

    長時間のお留守番は寂しいでしょうが
    家に誰かが居るか
    誰かが早く帰ると一緒に遊んでます。
    我が家には、チワワが居ます。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。