あなたは大丈夫?ペット依存症にならないための注意点

33630view

あなたは大丈夫?ペット依存症にならないための注意点

ペット依存症とはどのような症状なのか?なぜペット依存症になってしまうのか?ペット依存症にならないための注意点や対策、愛犬との正しい関係性についてなどご紹介します。

ペット依存症とは?

犬と女性と海

愛犬家のみなさん、まさか自分がペット依存症だなんて考えたことないですよね。
犬は私たち人間と深い関係性を持ち、お互いに欠かすことのできない存在です。
盲導犬・聴導犬・介助犬・セラピー犬・救助犬など、人間の暮らしを支えてくれている存在でもあります。
ペットと上手く付き合うことができている場合にはペット依存症とは言わないのですが、心身ともに深く依存し過ぎてしまっていることで仕事や人間関係や家庭に支障が起きてしまうことをペット依存症と言うようです。

ペット依存症である可能性

犬と女性とベッド

  • 家族として接している
  • 我が子として接している
  • ○○くん、○○ちゃんと呼んでいる
  • 自分のことをママやパパと呼んでいる
  • 一緒に寝ている
  • ペットしか愛することができなくなっている
  • 膨大なお金をペットに費やしている

みなさんはいくつ当てはまるでしょうか。
私は全ての項目に当てはまります。このような場合、ペット依存症である可能性やペット依存症になってしまう可能性が高いのだそうです。

ペット依存症に対する考え方

私は愛犬に対して「犬」としての認識はもちろんありますし、犬として扱ってあげなければ犬にとっては不便であったり不快であったりすることもあると思いますが、やはり家族であり我が子であり大切な存在です。

愛犬家の中には「犬」と呼ばれることを嫌う人、「飼う」という言葉を嫌う人、「ペット」という言葉を嫌う人が多いのではないでしょうか。

しかし、傍から見るとペットに依存していて気味が悪い人だなと思われてしまっていることもあると思います。
「ペット」「愛犬」「家族」「我が子」など言葉の違いはありますが、ペットに依存してしまっているかどうかはなかなか自分では判断する事ができないように思います。

ペット依存症にならないために

犬と女性と花

犬を擬人化しない!

愛犬のことを友達や恋人や我が子のように擬人化してしまうということは、自分が愛犬に甘えてしまっている状態であるとされています。
自分の気持ちを満たすための考え方なのです。

自分がリーダーであることを自覚する!

犬は群れで暮らす動物です。
家族の中で誰がリーダーなのか、はっきりと示すことで良い関係性を築くことができます。
愛犬よりも下の存在であってはなりません。

犬にもひとりの時間を与えてあげる!

シーズー

飼い主さんのことが大好きな愛犬ですが、24時間ずっとベッタリとしていたいわけではありません。
お留守番中は「ああ…やっとひとりになれる」そう思ってゆっくりと寛いでいるのではないか、と私は思っています。
自分の寝床で眠っているときは、構うことなくそっとしておいてあげましょう。

犬で欲求を満たさない!

一人暮らしで寂しいか犬を飼うという人も多いのではないでしょうか。
寂しさを埋めてくれる存在がペットである場合、ペット依存症になる可能性が高いと言えます。
愛犬がいてくれなければ不安で何もできず落ち着かない、そんな状態になってしまわないように注意しましょう。

犬は人間を癒す存在ではない!

犬と人間は共存する存在であり、人間を癒すための存在ではありません。
愛犬がいてくれるだけで癒される、そんな飼い主さんも多いと思いますが、共存する関係であるということを忘れてはいけません。

心の状態を知る!

ペット依存症になってしまう主な原因は心の状態にあるそうです。

  • 信頼できる人間がいない
  • 常に孤独を感じている
  • とても強い劣等感を抱えている
  • 毎日とても強いストレスを感じている

このような心の状態にあることが続き、ペット依存症になってしまう人が多いようです。
暴飲暴食やアルコールやタバコなどによって発散しようとする人もいますが、ペットに癒されることで発散しようとする人もおり、ペット依存症へと進行してしまうのです。

まとめ

白い犬と女性

愛犬を家族のように我が子にように愛することは決して悪いことではありません。
地震大国である日本ですから、避難に備えて愛犬と一緒に寝ているという人もいらっしゃると思います。

愛犬を大切に思うあまり、周りから変な目で見られることもありますが、愛犬を愛することはペット依存症ではありません。

生活や仕事に支障が出てしまったり、平静でいられなくなってしまったり、愛犬が亡くなってしまったことで精神疾患になってしまった、このようなことをペット依存症と言います。

誰もが心の状態を崩してしまうことはありますが、そのストレスを愛犬で埋めようとするのではなく、愛犬は自分を癒して満たしてくれる存在であるという考えをやめ、共存する関係であるということを忘れずにいることができれば、ペット依存症を患ってしまうことはないでしょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 匿名

    子供を持たない 結婚しない
    人生での生き方の選択は色々です
    愛犬は自分の子供と同じ
    依存性でもいいわ。ペットに甘えてはいません。短い犬生 責任を持って悔いのないように愛情注ぐのみです。
    犬も人間も同じ
  • 30代 女性 ささみ

    擬人化する人が増えてくれれば
    犬を実験に使ったり、
    犬をお金儲けに使ったり、
    犬をいらなくなったから捨てるなんて人は
    いなくなると思いますよ。


    あなたは、旦那依存症、妻依存症、子供依存症、母親依存症、父親依存症かもしれませんので、
    あまり大事にしすぎてはいけません。
    という記事もどこかでお書きになってはいかがでしょうか?
  • 50代以上 男性 ささみさんへ

    擬人化する人が増えても犬を捨てる人は減らないよ
    人間には子を捨てる親もいるんだから

    それと、大事にすることと依存することは全く違うよ
  • 女性 匿名

    コメントを見ていると この記事の意図とは反して 大切にすることや愛することと依存することを勘違いしている飼い主さんが多いようですね。
  • 40代 男性 なんでもかんでも

    依存症ってつければいいもんでもないでしょ
    薬とかアルコールならまだしも
    ペットロスにならないように気を付ける必要はあるけど
    そしたらまた新しい命を迎えてあげればいい話で

    誰だかしらないけどくだらないライターがいるもんだなぁ
  • 40代 女性 王子ママ

    愛する愛するゴールデンレトリバーを亡くし半年…全く立ち直れず苦しくてもがいています。
    既婚者ですが子供には恵まれませんでした。色んな事が重なって辛い時に四歳で我が家に来てくれました。
    この子のおかげで毎日毎日が楽しく幸せでした。
    我が子になってしまうのも当然…
    依存してたとは思っています。
    ペットと割り切れるほうが私には難しかったです。
    ちなみに仕事もパートナーでいつも一緒でした。
  • 40代 女性 匿名

    いつもはふむふむそうなんだぁと読んでいますが、今回は、うーん…でもなぁとあんまり頭にすんなりと入りませんでしたね。
    初めて会った時にビビっと感じて我が家に迎えた愛犬ももう12歳。日に日に愛情が深まり、依存して、癒されて、1日の中で、この子と一緒に寛ぐ時間が至福の時。この時間がなければ、崩壊して鬼になるんじゃないかと思います。依存症ですね。ペットロスへ真っしぐら。でも人の気持ちはコントロールできない。そういうものですよね。
  • 40代 女性 匿名

    依存症…我が家の長女(既に依存症患者同等でしょうか?)もかは小脳の病気で一人で歩く事も、お座りも運動機能全てが働いてません…まだ8ヶ月です(保護犬の為推定年齢)医療費も高額です、雑費も普通のワンチャンに比べて掛かってるのも事実ですが、私はこの子の過去がどうであれ、生を受けたからには最期の瞬間まで『愛』を注ぎ込んで、捨て犬だの何だののしがらみを取っ払い『生まれて来て良かった』と彼女が感じてくれれば…とただただ願うばかりです。今回のトピックのチェック全て当てはまります(笑)でも…辞めません!
  • 50代以上 女性 匿名

    うちの子は、もう12歳になりますがいつも私のそばにいてくれます。
    仕事で忙しく帰って来た時に必ず一緒にいますよ!
    最期は見とると覚悟はしているので、その間どれだけ一緒に居てくれるのか楽しみにしています!以上と以下しか考えていません。
  • 20代 女性 ぺぺ

    犬は家族ですよね!
    猟犬とかとして犬いるなら別だと思いますけど、普通の一般家庭に迎えられたワンコであれば家族の一員だと思います!
    子供ように可愛がっても
    恋人のように寄り添いあっても
    可愛がり方はその家庭それぞれだし!
    ワンコと人の信頼関係が築けていればそれでいい気がします。
  • 女性 SAKURA

    膝に首を乗せて、安心しきった表情で眠りにつく犬を見て長生きしてね、と願います。ペットロスや依存症も愛情から生まれた自然の感情です。人は悲しみを幾つも乗り越えていく生き物ですよね。悲しみを怖れず全力で愛情を注いでくれる犬に広いおおらかな愛情で、共に生きていきたいものです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。