教えなくても最初からお手が出来るワンコが多いのは何故?

3010view

教えなくても最初からお手が出来るワンコが多いのは何故?

犬へのコマンドで代表的なのは『お手・待て・座れ・伏せ・付け』などですが、教えてもいないのに勝手に【お手】をするワンコが結構多いようです!それは何故なのでしょう?今回は、教えなくても「お手」が出来るワンコが多い理由について調べて行きます。

お手は合図

お手をする犬

愛犬に最初に教えるコマンドって、多分【お手】ではないでしょうか。
『お手』と言って愛犬の前に手を差し出すと、トレーニングしていないのにお手が出来てしまうワンちゃんが沢山います。
「伏せ」や「付け」はなかなか覚えてくれないのに、何故「お手」だけ勝手に出来てしまうのでしょう?

実を言いますと、ワンコは主人の命令に反応している訳ではなく、主人の【手の動き】に反応しているのです(音で判断している場合もある)。
主人の差し伸べる手を、ワンコは【遊ぼうよ】と誘われたと感じているのです。ワンコは突然じゃれ合ったりはしません。じゃれ合う前には、どちらかが前足で相手に伸し掛かったり押し倒したりします。ここからじゃれ合いがスタートします。
これはワンコの習性なのです。
つまりこの習性が、主人から手を差し伸べられた瞬間、ワンコにとっては『遊びを始めましょう』と言う【合図】となります。

お手は最初から出来るワンコが多く、例え出来なくて直ぐに覚えられるコマンドです。
この習性が、ワンコが最初からお手が出来る所以と言えます。

お手を教える事のメリット

お手を練習中の犬

お手を覚える事で幾つかのメリットが見えて来ます。
それは【自然にアイコンタクトが出来る】【衛生的】【愛犬のコントロール】です。
それでは順次説明して行きます。

自然にアイコンタクトが出来る

「お手」といって飼い主さんが手を差し伸ばすと、ワンコは『遊んでくれる』や『美味しい食べ物をくれる』と思い、飼い主さんの目を見ながらお手をします。
そうなると自然に【アイコンタクト】が出来るようになり、信頼関係も深まって行く事になります。

衛生的

お手と言う行為はワンコが主人に自分の手を預けてくれます。
そうなるとお散歩後に足を拭いたり爪を切ったり出来ますし、手足に怪我をして手当をしなければいけない時、薬を塗ったり包帯をしてあげる事も出来ます。

愛犬のコントロール

愛犬が何らかの理由でパニック状態に陥った時など、落ち着かせるために「お手」をさせます。
本来は落ち着かせるためのものではないのですが、犬の気持ちをリセットさせると言う意味では最適であり、愛犬ををコントロールする最初のコマンドと言えるでしょう。

まとめ

お手をするゴールデンレトリバー

「お手」と言うコマンドは、『運動前の軽いウォーミングアップのようなもの』と思えば良いでしょう。
後は徐々に他のコマンドを覚えさせて行けば、これからの躾も覚え易くなるに違いありません。
どんなコマンドでもそうなのでしょうが、主人の動きに愛犬が反応し、愛犬の動きに主人も反応する。これが主人と愛犬との関係を深める突破口となるのです。
後は深い愛情を持って、健康で長生き出来るように常に考えてあげる事です。
そうすれば愛犬は『ありがとう』と、心から態度で示してくれるでしょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。