愛犬を上手にお留守番できるようにする3つの方法

愛犬を上手にお留守番できるようにする3つの方法

お気に入りに追加

愛犬には上手にお留守番をしてほしいですよね。大人しく、でも無理なく待っていて欲しい…。ではどうしたらいいのでしょう?愛犬が上手にお留守番をするための3つの方法をご紹介します。

23463view

お留守番は何時間が限界?

赤いソファに座る犬

お留守番が得意な子、苦手な子、色々な犬がいると思います。
お留守番できる時間は2~3時間の子もいれば、12時間でも平気な子もいます。個体差があるということですね。
しかし食事や排泄のことを考えると、長くても12時間が限界でしょう。
また子犬や老犬の場合、体調が変化しやすいため長時間のお留守番は避けてください。

分離不安症

ぬいぐるみを壊した犬

お留守番の限界時間とは少し違うのですが分離不安症の犬は、数分でも飼い主さんと離れることを嫌がります。
外出した飼い主さんが必ず帰ってくるということを覚えていないのです。
例え数分でも離れてしまうと強いストレスを感じ

  • 下痢や嘔吐
  • 物を壊す
  • 鳴き続ける
  • トイレを決まった場所以外でする

などという体調の変化や行動をとります。
以前はしつけの問題だとされていましたが、最近ではこれを病気としてとらえるようになりました。
対処法については次の「お留守番のしつけ」で紹介するしつけ方法と重複するので、そこで見ていきたいと思います!

お留守番のしつけ

覗く犬

犬は罰するよりも褒められることでしつけが良い方向に伸びていきます。
しつけの際に罰を与えてしまうと、良くない認識のしかたをすることがあります。
例えば「飼い主さんがいなくなる→吠える→大きな音で罰を与える→嫌なこと」ということがあったとしましょう。
そうすると犬は「飼い主さんがいなくなる→大きな音がした→いやなこと」と覚えてしまいます。
そうすると飼い主さんがいなくなることで嫌なことが起きると勘違いをしているため、逆にパニックがひどくなってしまいます。
ご褒美をあげて、飼い主さんがいなくなっても大丈夫、大人しく待っていれば良いことがある、と覚えさせることが大切です。

ケージやサークルに慣れさせる

ケージやサークルが犬にとって苦痛ではないことを教えてあげましょう。
中に犬の好きなおもちゃを置いたり、おかしを置いたりしてみてください。犬用のクッションなどを置くのもいいですね。
慣れるまではケージやサークルの扉を開けっ放しにしておき、自由に出入りができるようにしておきましょう。
慣れてきたら少しだけ扉をしめて、大人しくしていたらご褒美をあげてください。
それができたら徐々に時間を伸ばしていきましょう。

犬の前から姿を消す

ケージやサークルに慣れたら、次は犬の前から姿を消してみましょう。
犬の前から姿を消したとき、最初は吠えるかもしれませんが大人しくなったら部屋に戻りご褒美をあげてください。
これを繰り返し、慣れてきたらさらに時間を長くしてみましょう。
犬に「飼い主さんは必ず戻ってくる」ということを教えてあげてください。ひとりで待つことに慣れれば、飼い主さんがいなくても動揺しなくなります。
いつまでも鳴き止む気配がない場合は、おもちゃをあげても良いかもしれませんね。おもちゃに夢中になっている隙に部屋から出てください。
最初はほんの数秒~数分でかまいません。そして褒めながらご褒美をあげましょう。
この方法も「飼い主さんは必ず戻ってくる、少し居なくても平気」ということを教えてあげることができます。

ご褒美をあげる

犬がお留守番に慣れてきたら、あげるご褒美とお留守番の時間をランダムにしてみましょう。
1分でご褒美をあげたり、5分であげなかったり、10分であげたり、とバラバラにあげるようにしましょう。
そうすると、飼い主さんがいなくても待つということができるようになってきます。

お留守番に役立つ練習

お手をする犬

独立トレーニング

犬を日頃から良い意味で突き放しておくと役に立ちます。分離不安症への対策にもなります。
まとわりついたり、飛びついてきたり、鳴いたりして飼い主さんに構ってもらおうとする行為に対して無視をして、大人しくなったタイミングでおやつをあげてください。犬に主導権を与えないことが大切です。
また、「おすわり」「待て」「ふせ」などの基本的なコマンドを教えて、できたら褒めてあげることをしましょう。
「飼い主さんのいうことをきいたら褒められる」ということを教えてあげて下さい。

リラックスの合図

犬がリラックスをしているときに、特定の刺激を与えれば「その刺激=心地よいこと」という風に覚えます。
例えばクッションでリラックスしている犬に、川のせせらぎの音や鳥のさえずりといった音をCDで聞かせたりすると、お留守番中にも同じ環境を用意してあげれば、ある程度リラックスをする助けとなります。
飼い主さんの匂いがついたタオルなどでもリラックスする効果があると言われていますので、与えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

椅子に座る3匹の犬

犬にとってお留守番は大きな仕事です。
大好きな飼い主さんと離れて不安でいっぱい…という意識のままでは疲れてしまいますね。
飼い主さんと離れても平気、必ず帰ってくる、と覚えさせることで飼い主さんも負担なくお出かけができますね。
少しずつ根気よく教えていきましょう!焦りは禁物ですよ!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    うちの犬は、トイレをゲージにトイレシ-トをひいてるから、何時でも出来るから安心です。外出の時は、玄関に自分の荷物を用意してから、出掛ける寸前に長時間もつ歯磨きガムを与えて、顔を見ずに去って行く。夏場はク-ラ-除湿26℃、冬場は暖房25℃に設定してから。テレビも付けておく。帰って来たら留守番出来た事を沢山誉めて抱っこしながら犬のマッサージして犬と会話を5分位してから、家事や雑用をする。その後は散歩します。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ベータママ

    留守番させる前にしなければならないことが書かれていません。
    まず第一に飼い主と犬の間にしっかりとした関係性(序列と命令に対する服従性)があるか?
    第二に家の中の領域分け(犬が無許可で入れる場所、飼い主の許可がいる場所、絶対入ってはいけない場所)がしっかりできていることです。
    分離不安症などと病気のように言われていますが、分離不安症は飼い主との関係が犬にとって脆弱で信用できないために起こるもので病気ではなく、しつけがうまくいっていないだけです。
    関係がしっかりしていれば「待て」という命令だけで犬はその命令を遂行するのですから。
    飼い主が病気の犬を憐れむとその哀れみは犬に伝わり、甘えることが許可されたと認識するのです。
    また、いない間の問題行為はそのほとんどが領域をしっかり犬に認識させないために入ってはいけない領域でやってはいけないことをするのです。
    ですから普段から厳格に領域を犬に教える必要があります。例えばソファやベッドに勝手にあがった場合には、押し出すように降ろし、叱るのです。台所など絶対入ってはいけないところを教えるには可哀想ですがわざとおやつを台所に置き、取りに行こうとしたら叱るのです。これを繰り返していき、飼い主と犬に明確な序列があれば犬は絶対に台所に入らなくなります。
    こうしたことをした上でで「待て」と命令してお留守番させれば犬は6時間どころか生命の危険の際まで町ますよ。忠犬ハチ公が良い例です。
  • 投稿者

    女性 匿名

    うーん、忠犬ハチ公は長期間の愛情を繰り返した結果ですよね。
    台所にくるなと叱ったりは負の教えで、ストレスだけかけてしまいます。
    たしかにギチギチに教えたら、大人しく何時間も待てる子になれるかもしれません。
    ただ、ギチギチに訓練された盲導犬などはストレスから寿命は短くなるそうです。
    いくらお利口さんになりお留守番を何時間も出来たとしても、家庭犬にストレスをかけすぎたり叱る訓練
    私は反対です。
  • 投稿者

    女性 匿名

    忠犬ハチ公を例に挙げるのはちょっと違うと私も思いました。
    それに、そこまで規制された生活は犬にとってストレスしかないように思います。
    わざわざキッチンにおやつを置いてなんて、そんな事しなくてもキッチンまで付いてきた所で『ここからはダメだから待てだよ✋️』と待たせてお利口に出来たらご褒美をあげれば良いだけの事です。
    分離不安症は病気ですよ。
    程度は様々ですが、薬が処方される子もいるんですから。
    甘やかすと良くないなんて、適当に言わないであげて欲しいですね。
    犬も人間と同じ様に感情あってこそこの様な病気にもなります。
    分離不安症はオーナーも苦労されますが、それ以上にペットも辛いんですよ。不安で不安で仕方ないんですから。
    ですのでこの記事のようにゆっくりと時間をかけて、ペットを安心させながら楽しませながら馴らしていくのが良いです。
    もちろん強制もスパルタも駄目です。
    ペットも人間と同じくメンタルの強い子弱い子がいますので、それぞれの子に合ったペースでじっくり付き合うのが正解でしょう。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    上記2人様に同意です。
    命の際まで待たせて逆に何が嬉しいのかも分かりません。そこまでさせるなんてかわいそうじゃないですか?
    愛犬への愛情というよりかはあなた様への忠誠心のみ欲しているように見受けられます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。