スキッパーキについて ベルギー原産の機敏な牧羊犬

スキッパーキについて ベルギー原産の機敏な牧羊犬

お気に入りに追加

スキッパーキは牧羊犬の系統の犬で、希少な犬種です。スキッパーキは特徴ある生え方をした、被毛の持ち主であるほか、様々な魅力が溢れる犬です。この記事では、スキッパーキの性格や特徴、チャームポイントとも言える被毛、気を付けたい病気などについても解説しています。ぜひ、犬との生活にお役立てください。

6385view

スキッパーキの性格

草原で舌を出して立っているスキッパーキ

スキッパーキは警戒心、縄張り意識が強い面があり、見知らぬ人には警戒することがあります。また、自由奔放でわがまま、飼い主さんの言うことを聞かないところもあります。さらに好奇心旺盛で活動的、恐れ知らずなところもある点から、リトルブラック(黒い小悪魔)の異名も持つようです。

スキッパーキはそうした活動的であるものの、機敏で注意深く静かな足取りで歩き、誠実なため、小型の番犬に適したとても忠実な犬です。

スキッパーキの特徴

見上げているスキッパーキ

スキッパーキの平均体重は3~9キロ、体高はオスで28~33センチ、メスで25~30センチと言われています。スキッパーキは額が広く、目にかけて輪郭が細くなっているため、キツネのような顔立ちをしています。ピンと立った三角形の耳と、首周りにあるケープ状の長い被毛が特徴です。

スキッパーキの被毛

日本では黒い被毛のみ認められているスキッパーキですが、他にクリーム、ゴールド、シルバーの個体も存在します。

特徴あるスキッパーキの被毛は、中長毛であるミドルレングスの2重構造です。直射日光から皮フを守るオーバーコートと、体温調節ができるアンダーコートがあります。

スキッパーキの足部分以外の被毛はやや長めで、首の回りはケープ状の被毛が長いのが特徴です。まるでマントを羽織っているかのような生え方をしている被毛は、チャームポイントのひとつと言えるでしょう。

スキッパーキのしっぽ

中長毛のスキッパーキの光沢がある被毛を保つためにも、ブラッシングやコーミングを行い、抜け毛を取り除くことが大切です。また、定期的なシャンプーを行い、日頃から被毛や皮フの状態のチェックをしましょう。

以前はしっぽがないスキッパーキも誕生していました。しっぽがある場合、断尾をして丸くするのが一般的でしたが、現在はしっぽがある状態が生まれることが多く、近年の動物愛護の点からしっぽを残す習慣が主流となっています。

スキッパーキの価格と販売

2匹のスキッパーキの子犬

スキッパーキは珍しい犬種であるため、ペットショップで販売されることは滅多にありません。購入を考えているのであれば30万から40万円は見積もった方がよいでしょう。スキッパーキを海外から輸入する場合は、日本円で約10万円前後かかります。

スキッパーキのブリーダーサイト

スキッパーキのブリーダーに予約する方法でお迎えすることも可能です。まずは情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。タイミングによってスキッパーキとの素敵な出会いがあるかもしれません。少ないですが調べてみました!

スキッパーキの病気

伏せて見るスキッパーキ

スキッパーキの寿命は13~15歳、一般的な犬種に比べると、比較的に長生きができる犬種のひとつとされています。しかし平均寿命だけで決めつけてしまうのではなく、日々の食事管理や生活面の配慮が必要だと言えます。

スキッパーキには、親からの遺伝疾患に気をつけなくてはいけません。遺伝が関連している可能性も考えられる、レッグ・カルベ・ペルテス病を発症する確率が他の犬種よりも高いとされています。

この病気にかかると、大腿骨の一部が正常に形成されず、血流不足により骨が懐死してしまい、歩行に支障をきたします。主に、10キロに満たない小型犬が発症する病気で、成長期の1歳に満たないスキッパーキに多く見られます。

多くは片足だけに起こりますが、両足に起こる場合もあるとされています。この病気の症状を抑えることはできますが、進行を止めることはできないという、恐ろしい病気なのです。 足を引きずったり、触ると痛がったり、力が入らないような症状が見られた場合は、早めに動物病院で診てもらいましょう。治療について以下で紹介します。

スキッパーキの症状が軽症の場合は、運動制限などをする安静治療、鎮痛剤などを投薬する内科治療が必要です。症状が悪化した場合、新たな関節形成をする外科的治療が必要となります。外科的手術を行った場合、術後、長期のリハビリが必要となります。

このような病気を持つ子犬が増えないために、病気を持っている親犬からの繁殖を避けることが重要となります。スキッパーキを購入する際は、親犬がこの病気にかかっていないか、必ず確認をすることがとても大切です。

スキッパーキの歴史

伏せているスキッパーキ

スキッパーキはベルギーが原産国で、牧羊犬の系統で番犬用の小型犬種です。スピッツタイプの犬で、珍しい犬種と言えます。このスキッパーキの歴史についてはいろいろな説があります。

そのひとつに、スキッパーキは、ベルギーとオランダの間を旅していた船乗りが持ち帰ったことが由来している、という説があります。ベルギーのフランドル地方で話されているフラマン語では、船のことを「スキップ」と言い、船乗りのことを「スキッパーキ」と呼んだことから、始まったとされています。日本語ではシキッパーキと表記されることもあるようです。

また、スキッパーキはフランダース地方原産の、ル・ベルナールという外見がよく似た黒い牧羊犬を祖先とし、ネズミ、モグラなどの害獣駆除のために小型化されたという説もあります。日本へは昭和40年代ころに輸入され、黒い被毛のスキッパーキのみが犬種標準で認められていますが、飼育されている頭数は少ないようです。

まとめ

伏せているスキッパーキ

スキッパーキとはどんな犬なのか、性格や特徴、気を付けたい病気など、様々について紹介しました。

ペットショプでは見かける機会がないであろう、珍しい犬種のスキッパーキですが、たくさんの魅力が溢れています。外見の容姿だけで判断せず、特徴を把握することが必要です。機会がありましたら、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 RYUCH

    ちょうど最近スキッパーキの兄弟とお散歩で会っておともだちになりました♪体は小さめですが、すっごくパワフルで元気に走り回っていてかわいいです!うちは大型犬もいるんですが、大型犬にもどんどん「遊ぼう!」って誘いに来てくれて、すごくフレンドリーなんです。あの俊敏な走りは確かに牧羊犬ぽさを感じますね。体に対して細くて短めの足(そこがまたチャーミング☆)でササーッと走り抜けるのはすごいなって思ってみています。大型犬は追いかけっこしていてもすぐにかわされちゃってます。前にも違う公園でスキッパーキに会ったことがあるのでそこそこメジャーな犬種だと思い込んでましたが珍しい犬種だったんですね!すごくかわいい犬種だと思うので会えてラッキーです。
  • 投稿者

    女性 くるみ

    黒いポメラニアンかな、と思うとスキッパーキという犬種だったということが何度かありました。良く見ると確かに顔立ちもポメラニアンよりクールな感じかも、なんて思っていました。穏やかでお利口さんな子たちでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。