スキッパーキはどんな犬?性格や特徴、飼い方やおすすめのブリーダーについて

スキッパーキはどんな犬?性格や特徴、飼い方やおすすめのブリーダーについて

スキッパーキという犬の名前を聞いたことがありますか?日本ではあまり知られていないようですが、端整な顔立ちと美しい被毛を持つ犬種です。真っ黒な被毛で覆われている個体が多く、その容姿と敏活な性格から「リトルブラックデビル(黒い小悪魔)」や「黒い弾丸」などと形容されることもあります。今回は性格や特徴など、スキッパーキの魅力についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

スキッパーキについて

スキッパーキ

スキッパーキはベルギーを原産国とする小型犬で、改良が加えられていないプリミティドッグ(原始的な犬)に分類されます。ポメラニアンやスピッツに似ているとも言われ、漆黒のような毛色と首元のふわふわとした長い飾り毛が特徴的です。

スキッパーキの性格

スキッパーキ横向き

好奇心旺盛

スキッパーキは元気で明るく、好奇心旺盛な性格をしています。隙間や穴が気になって顔を突っ込む様子や、動くものを必死に追いかける様子などが見られるでしょう。この性格を活かし、ベルギーではスキッパーキをネズミ捕りとして飼っていた家庭が多かったとも言われています。

警戒心が強い

警戒心が強く、周囲の変化に敏感で反応しやすいため、縄張り内への侵入者に対しては厳しい態度で接します。スキッパーキは家族を守る勇気と慎重さを持ち、小さな体でも物怖じせずに吠えて警戒しますので、心強い番犬となってくれるでしょう。

自由奔放

スキッパーキはわがままな面や気まぐれな面を持つため、自由奔放な性格とも言われます。自立心があり自己判断ができることから、飼い主のことを無視するような態度を取ることがあるようです。小悪魔的な態度はスキッパーキの魅力のひとつと言えるでしょう。

スキッパーキの特徴

こちらを見るスキッパーキ

大きさ

オスの体高28~33cm
メスの体高25~30cm
スキッパーキの大きさは、体高と体長がほとんど同じスクエア型と言われています。筋肉質でがっちりした体型から、小型犬ながらどっしりとした印象を持たれやすいでしょう。胴体に比べて足は細くて長く、ピンと立った三角の耳も特徴的です。昔は断尾する習慣がありましたが、現在では犬本来の自然な姿を選ぶ飼い主が多いことから、尻尾を残した個体が多いようです。

体重

体重3~8kg
スキッパーキの平均体重は3~8kgで小型犬に分類されます。見た目は柴犬をひとまわり小さくしたような印象です。体重は個体によって大きな差があり、成犬時の大きさは親犬の体重を参考にするとだいたいの目安がわかります。

被毛

柔らかくふわふわとした美しい被毛はスキッパーキ最大の特徴です。ミドルレングスのダブルコートで、真っ直ぐな毛質をしています。首回りの毛は特にボリュームがあり、ケープのような飾り毛も特徴的です。抜け毛はかなり多い犬種で、換毛期でなくてもほぼ一年中毛が抜け落ちます。

犬種標準として認定されている毛色は黒のみですが、クリーム、フォーンなど珍しい毛色の個体もいるようです。

スキッパーキの飼い方

二匹のスキッパーキ

環境

被毛の量が多く、暑さに弱いスキッパーキは室内飼育がおすすめです。熱中症にならないよう温度管理には注意し、夏は特にエアコンのある部屋で過ごさせてあげましょう。活発なスキッパーキはジャンプや走ることが大好きですが、室内の硬い床は関節を痛める危険性もありますので、ペット用のマットを敷くなどの対策が必要です。

運動

スキッパーキは小型犬の中でも体力があり、必要な運動量が多めの犬種です。散歩は少なくても1日2回、それぞれ30分~1時間は行いましょう。広い庭やドッグランで自由に走らせることもよいですし、ボール遊びやジャンプをするドッグスポーツなどもおすすめです。

運動能力に優れ、エネルギッシュなスキッパーキにとって、散歩や運動はストレスの発散にも繋がり、肉体的にも精神的にもよい刺激を得ることができます。

しつけ

スキッパーキは賢く、自分の行動に自信を持っているため、飼い主の指示がなくても自己判断で行動することがあります。しつけやトレーニングの面においては、その自信が裏目に出てしまうこともあるでしょう。頑固な一面を持つスキッパーキは、しつけが簡単ではないようです。ひとつひとつのトレーニングに対し、褒めながら根気強く行いましょう。

好奇心旺盛で行動的なスキッパーキは、興奮すると周りが見えなくなってしまうことがあるので、子犬の頃から自分の力で落ち着くことができるようしつけることが重要です。ドッグランなど、家族以外の人や他の犬が集まる場所に積極的に連れて行き、社会化を図りましょう。

お手入れ

スキッパーキは週に2~3回ブラッシングをしてあげることで、美しい被毛を保つことができます。ただし換毛期には、アンダーコートがごっそりと抜け落ちますので、毎日のブラッシングが欠かせません。体臭が少なく、汚れが落ちやすい毛質のため、シャンプーは月に1回程度で十分でしょう。

スキッパーキの価格

スキッパーキの子犬

子犬の販売価格 25万~35万円
珍しい犬種のため、日本では比較的高めの値段設定となっているようです。海外のブリーダーから輸入する場合、販売価格は10万円前後となっています。輸入に関する諸経費などを含めると、30万~40万円位になると考えておいたほうがよいでしょう。では、日本国内におけるスキッパーキの迎え入れ方についてご紹介します。

ペットショップ

スキッパーキはペットショップで販売されていることもありますが、珍しい犬種で比較的マイナーなため、取り扱っている割合はとても低いとされています。事前にペットショップに問い合わせ、確認した方がよいでしょう。

ブリーダー

スキッパーキを迎え入れる方法として、最も一般的なのがブリーダーからの購入です。珍しい犬種のため、専門のブリーダーはそれほど多くはありません。スキッパーキの子犬がどうしても欲しいのであれば、ブリーダーへの予約が必須です。出産情報などを問い合わせ、可能であれば一度犬舎を見学し、ブリーダーと直接コンタクトを取ることをおすすめします。

里親

スキッパーキの迎え方には、里親になるという方法もあります。珍しい犬種のため、出会える確率はかなり低いですが、稀に里親を募集していることもあります。里親募集サイトをチェックしたり、譲渡会に出かけたり、保護犬の里親を探しているボランティア団体を訪問したりする中で、スキッパーキに出会えるかもしれません。

里親として迎える場合は、子犬だけでなく既に成犬である場合が多いでしょう。

スキッパーキのおすすめのブリーダー

スキッパーキ

Puppy Island

神奈川県茅ヶ崎市で希少種やテリア種を中心に扱うブリーダーで、スキッパーキも取り扱っています。子犬の健康を第一に掲げ、全国に巣立たせている実績があります。ブリーダーによる子犬のしつけや、子犬のためのペット用品販売、子犬用ドッグフードの販売なども行っているようです。

みんなのスキッパーキブリーダー

全国のブリーダーを紹介しているブリーダー直販のサイトです。こちらのサイトに登録されているスキッパーキのブリーダーは主に関東を中心としているようです。サイトを通じて、犬舎の見学や問い合わせにも対応しています。気になる子犬が見つかったらすぐに問い合わせるようにしましょう。

スキッパーキは希少な犬種で、ブリーダーの数も少なく、関西地方のブリーダーは極めて稀なようです。スキッパーキをブリーダーから迎え入れる場合は、自宅までの移動手段などもきちんと確認しましょう。

スキッパーキのかかりやすい病気

上目遣いのスキッパーキ

レッグ・カルベ・ペルテス病

スキッパーキは遺伝的にレッグ・カルベ・ペルテス病にかかりやすいと言われています。この病気にかかると、大腿骨の一部が正常に形成されず、歩行に支障をきたします。主に小型犬が発症する病気で、特に1歳未満の子犬に多く見られますので、子犬の歩き方が不自然であれば病気を疑いましょう。

症状が軽度の場合は、運動制限をし安静にすることで改善しますが、重度の場合は手術と術後のリハビリが必要となります。少しでも疑わしい症状が見られたら、動物病院を受診するようにしてください。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症も、スキッパーキがかかりやすい病気とされています。甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気で、シニア期に入る少し前に発症することが多いようです。元気がなくなったり、脱毛や除脈が見られたりといった症状が表れます。代謝が落ちることで、肥満にもなりやすいといわれていますので、思い当たる症状が見られたらホルモン検査を受けましょう。

スキッパーキの歴史

スキッパーキ

スキッパーキは長い歴史を持つ犬種で、15世紀には存在したと考えられています。原産国はベルギーで、見た目が似ていることからスピッツが起源であるとされていますが、そのルーツははっきりとはわかっていないようです。

スキッパーキの名前の由来とルーツには有力とされる2つの説があります。ベルギーで船の番犬として飼われていたことから「小さな船長」と名付けられたという説と、フランダース地方原産の黒い牧羊犬を祖先とすることから「小さな羊飼い」と名付けられたという説です。

スキッパーキはネズミなどの害獣駆除が得意だったことから、ベルギーでは靴屋などの職人たちの間で人気がありました。また小型犬ながら、体力があり運動能力も高いため、牧羊犬としても活躍していたようです。

まとめ

スキッパーキ

スキッパーキは日本では珍しい犬種ですので、人と違う犬を飼いたいという方におすすめです。運動好きで活発なので、一緒にドッグスポーツなどを楽しみたいアクティブな方には、よきトレーニングパートナーとなってくれるでしょう。

小型犬ながらとてもアグレッシブな犬種なので、ストレスが溜まらないよう、積極的に外へ連れ出してあげてください。端整な顔立ちと特徴的な黒く美しい被毛を持つスキッパーキは、どこへ連れていっても注目されること間違いなしですよ。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 RYUCH

    ちょうど最近スキッパーキの兄弟とお散歩で会っておともだちになりました♪体は小さめですが、すっごくパワフルで元気に走り回っていてかわいいです!うちは大型犬もいるんですが、大型犬にもどんどん「遊ぼう!」って誘いに来てくれて、すごくフレンドリーなんです。あの俊敏な走りは確かに牧羊犬ぽさを感じますね。体に対して細くて短めの足(そこがまたチャーミング☆)でササーッと走り抜けるのはすごいなって思ってみています。大型犬は追いかけっこしていてもすぐにかわされちゃってます。前にも違う公園でスキッパーキに会ったことがあるのでそこそこメジャーな犬種だと思い込んでましたが珍しい犬種だったんですね!すごくかわいい犬種だと思うので会えてラッキーです。
  • 投稿者

    女性 くるみ

    黒いポメラニアンかな、と思うとスキッパーキという犬種だったということが何度かありました。良く見ると確かに顔立ちもポメラニアンよりクールな感じかも、なんて思っていました。穏やかでお利口さんな子たちでした。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。