愛犬と旅行を楽しむには「しつけ」が大事!最低限やっておきたい5つのこと

愛犬と旅行を楽しむには「しつけ」が大事!最低限やっておきたい5つのこと

お気に入りに追加

楽しい旅行には犬も一緒に連れて行きたくなることもあります。でもどんなしつけが必要なのか、最低限なにができていればいいのかわからない…という方もいるのではないでしょうか?今回は最低限必要な5つのしつけについてまとめました!

7776view

犬と一緒に旅行

車から顔を出す犬

愛犬との旅行は楽しそうですよね!
でも、しつけが出来ていなければ飼い主も愛犬も楽しめない残念な旅行になってしまいます。

しつけと言ってもどこまで出来ていればいいのか、ちょっと疑問に思いますよね。
そこで旅行に必要な最低限のしつけについて調べてみました!

犬と旅行を楽しむために必要な5つのしつけ

犬のしつけ

1.まて・おすわりなどを覚える

犬が興奮したときに『まて』や『おすわり』で落ち着かせることができます。
日頃からおやつなどをあげながら練習しておくといいですね。
『まて』や『おすわり』ができるだけでも新しい場所で興奮した際に楽になるはずです。

2.トイレコマンドを覚える

家の決まった場所でトイレをできる犬でも、旅行で新しい場所にでかけると失敗してしまうことがあります。予めトイレを促すコマンド(かけ声)を決めておき、覚えさせておくことで新しい場所(旅行先)でもトイレをすることができます。

3.クレートに慣れさせる

移動に欠かせないのがクレートです。主に移動のときに使いますが、場合によっては旅行先の部屋で犬の寝室として使うこともあります。日頃からクレートに入ったらおやつをあげつ、褒める、などをして慣れさせておきましょう。

4.無駄吠えをさせない

日頃から他人や他の犬に吠えないようにしつけましょう。吠えるのには理由があり、怖い、不安、トイレ、など吠える原因を知り、愛犬を落ち着かせるようにしてください。

5.ベッドやソファーには上げない

家では許していたとしても、宿泊先ではマナー違反になるかもしれません。公共の場はもちろんですが、部屋でも同じです。
宿泊先によってはペットシーツや持参したタオルなどを置けばOKというところもあるので、事前に確認すると良いかもしれません。

まとめ

電車に乗る犬

旅行に必要な基本的なしつけがわかれば、旅行に向けて練習することもできますよね!
ご自身の愛犬が何ができて何ができないのか、把握しておくことも大切です。
また、旅行用の便利グッズなどの助けを借りるのもひとつの手ですので、愛犬にあった対処法をとってあげて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。