ワンコは人間の赤ちゃんを守ろうとする!?

ワンコは人間の赤ちゃんを守ろうとする!?

人間は自分にとって大切なモノを守ろうとします。例えば、人間の親であれば自分の「子供」が大切な存在になるかと思います。これは人間の本能であり、ワンコにも「同じ本能」が宿っています。そんなワンコは、同じ家族である飼い主の赤ちゃんには優しく接し、時には子守をするそうです。今回は、その思いがどの程度のものなのか考えて行きます。

はてな
Pocket

ワンコは人間の感情を読み取る天才

天才

まずはこの動画をご覧ください。

この動画、私にはワンコが赤ちゃんに毛布を掛けようとしている姿に見えます。まるで親が子供を守っている様に見えます。飼い主さんに表す行動とは違った意味での心暖かさを感じさせられます。

ワンコって、自分の家族である赤ちゃんに対して、どの様な気持ちで接しているのでしょうか?赤ちゃんとワンコがいらっしゃるご家庭は、大変興味深く思われるのではないでしょうか。ワンコが赤ちゃんを守ろうとする行為は本能によるものと言われていますが、実は本能以外に感情もあるのです。

ワンコは感情を読み取る天才です。赤ちゃんの喜怒哀楽を読み取りながら、家族の中で『一番弱い存在』であると察しているのでしょう。

ワンコが赤ちゃんを守ろうとする理由

犬と赤ちゃん

ワンコが赤ちゃんを守ろうとする理由とはどの様なもなのでしょう?
さっそく、その理由を紐解いて行きましょう。

自分の家族と認識している

犬と一緒に寝る赤ちゃん

ワンコの知能は人間の幼児並み、つまり年齢で言うと2~4歳程度の知能だと言われていますので、当然赤ちゃんの事も自分の家族だと思っているはずです。

大人の様に喋らず、例えば『バブバブ』と訳の分からない事を言ったり、そうかと思えば急に泣き出したりする赤ちゃんを見て、ワンコは赤ちゃんを特別な人と理解した上で、一緒に暮らす家族であると認識しています。

だから『守ってあげようと言う気持ちが働くのではないか』と、そんな説もあるとか・・・

自分より小さい

犬と寝る赤ちゃん

ワンコにしてみれば、赤ちゃんは自分より小さく、或いは自分と同等の大きさの不思議な存在なのでしょう。

大人と違い、自分の周りを歩く事もしません。ワンコは小さな物を大切にする傾向にある様ですので、『赤ちゃんを守ろうとする要因の一つではないか』と言う説があるそうです。

赤ちゃんの顔立ち

子犬と赤ちゃん

赤ちゃんの顔立ちは、パーツが中心にギュッと集まっている特徴があります。

とある生物学者が言うには、その子供特有の顔立ちに反応して守ろうとする意識が働くと、愛犬の掛かり付けの獣医師さんから聞いた事があります。
私たちが、子犬を可愛いと思うように、犬も人間の赤ちゃんを見て、「守りたい」と思っているのかもしれませんね。

ワンコと赤ちゃんの触れ合いは大人の監視が必要

監視

ワンコと赤ちゃんの触れ合う時は、必ず大人の監視が必要になります。

例え躾がしっかり出来ていても、ワンコは人間ではありません。
万が一の事を考えて、ワンコと赤ちゃんの触れ合いを、ワンコが赤ちゃんから離れるまで監視しましょう。

この場合、赤ちゃんとの触れ合いタイムを終了させるコマンドを覚えさせておく必要があります。もし「赤ちゃんと愛犬を触れ合いさせたい!」お考えの場合は、終了のコマンドを覚えさせてから触れ合わせるようにしましょう。

まとめ

愛犬と家族

赤ちゃんがいると育児が忙しくて、あまり愛犬を構ってあげられない場合が出て来るのも事実でしょうが、そうなるとワンコは寂しさからストレスを感じてしまう様になってしまいます。

怖いのは嫉妬による問題行動や自虐行為です。そうならない様に以前と変わらず、赤ちゃんと同じくらいの愛情を愛犬にも注いであげなければなりません。

愛犬に変らぬ愛情を注ぐ事で、赤ちゃんを守ると言う使命感が芽生えて来るのではないでしょうか。
飼い主さんとの信頼関係があれば、使命感で赤ちゃんを守ってくれる様な、そんな賢いワンコにきっとなってくれると思います。

赤ちゃんが成長し大人になって『あなたが赤ちゃんの頃、愛犬が守ってくれていたんだよ』なんて話すのも良いのではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 エンジェル

    私が赤ちゃんの時も飼われていたワンコが子守りをしてくれてたようです。聞いてすごくほのぼのしました\(^_^)/
  • 投稿者

    女性 匿名

    まだ子供が小さい頃、子供を残して仕事に行かなければならない時、いつも外飼いの家の犬に「いない間子供達をお願いね」と言ってから出かけていた。帰宅すると私にアウアウガウワウと長い間話して報告してくれてるみたいだった。本当に優しいいい子だった。
  • 投稿者

    50代以上 女性 パッシェ

    うちの先代のミックス犬は赤ちゃんの頃うちの前に捨てられていて保護した女の子でした。
    それから四年後、私に息子が生まれて、さらに彼が3歳の頃、息子と愛犬と私で散歩から帰ってきたときに、空き巣がうちから出てきたのに出くわしました。
    相手もパニックになりお互いにらみ合ったまま硬直状態が数秒続きましたが、とっさに泥棒と息子の間に愛犬が入り、泥棒に一喝わん!と吠えたら、我に返って逃げて行きました。
    あの子が間に入らず、泥棒が開き直って息子に危害を加えてたらと思うと、その時は震えが止まらなくなりました。
    愛犬は体重15キロくらいの女の子、すっかり自分の大きさを超えてしまった弟?を守るという忠実なあの子を今でも思い出すと、目頭が熱くなります。
    もうお星様になってから十数年間たち、あの子の弟も20代後半です。
    彼が反抗期に荒れてたときにはもう他界していなかったけど、かわりに彼女に背中がそっくりな保護犬との出会いがあり、心配したあの子が引き合わせてくれたのだと信じております。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。