オープンすぎるペット保険会社とは?

4952view

オープンすぎるペット保険会社とは?

au損保

いまや多種多様な商品が発売されているペット保険。加入してからの「しまった!」を防ぐためには、どのような保険を選べば良いのでしょうか。ペットと飼い主のために良い保険とは?詳しくご紹介します!

オフィスを生中継でオープン!

▲実際のオフィスの様子。ライブカメラから丁寧に対応している様子がうかがえました。

保険というものは、こちらから会社を訪問して契約するわけではないので、契約者からすれば保険会社がどんな会社なのか、いざという時にどのような人たちが対応してくれるのか?はっきりと見ることはできません。

よくよく考えると、それって不安要素になり得ないでしょうか...?

そんな中、私個人が「これは安心できる!」と感じたものが、アニコム損保のオフィス生中継!
なんと東京の本社だけでなく北海道から九州のすべての支店にまでライブカメラを設置し、社員が働いている様子をホームページから見えるようにしているのです!

http://www.anicom-sompo.co.jp/camera/index.php(平日9:00〜18:00)

こういった形でオフィスを公開してくれていると、利用する側からすれば安心することができるひとつの材料になるのではないでしょうか。

わかりづらい継続時の条件もオープン!

ペット保険の契約は一年ごとに継続していきますが、保険会社によっては、重病になると継続のときにその病気が補償されなくなったり、同じ症状で使える限度回数がリセットされなかったりします。

わんちゃんをはじめとしたペットたちも人間同様、歳をとればとるほど重い病気やケガをする可能性が増していくもの。わんちゃんに長く健康でいてもらうための保険だからこそ、毎年の継続のときの条件なども納得した上で契約しないと「しまった!」と後悔してしまいます。

誰だって入った後に後悔はしたくないもの。
とはいえ細かい部分の契約内容がわかりづらい...隅々までサポートの条件を各社比較
検討する手間がちょっと...という本音もあります(笑)

そのような中、私が「知っててよかった!」と思うのが日本一契約件数の多い「アニコム損保」です。

保険会社によってはあまりオープンにしたくないと思われる継続時の条件まで、どなたにでもご理解いただけるよう読みやすい漫画で解説しています。2分くらいで読めるので是非参考にしてください。

https://pet-hoken.wanchan.jp/insurance/lp_comic_anicom

▲読みやすい漫画形式なので保険内容がとってもわかりやすい!

まとめ

当然ですが、ペット保険はいざという時のためのもの。その大事ないざという時にしっかりサポートしてくれる保険でなければ意味がありません。

しかしながらペット保険会社の多くは保険料の安さや補償額の大きさを前面に押し出し、肝心の継続のときの条件の説明が不十分だと感じるのは私だけでしょうか?

ペット保険会社とは長い付き合いになるので、一見オープンすぎると思えるくらい
色々な情報を正々堂々と公開しているペット保険会社を選ぶことで、私たちだけでなく
わんちゃんのためにもなるのではないでしょうか?

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい