ヨークシャーテリアの寿命と長生きの秘訣

【獣医師監修】ヨークシャーテリアの寿命と長生きの秘訣

ヨークシャーテリアをこれから購入する人はその寿命が気になるところですよね。なるべく長生きをしてほしいものです。既にヨークシャーテリアを飼っている人も、寿命を知っておけばあとどのくらい生きるのかだいたい分かります。今回はヨークシャーテリアの寿命と長生きできるコツなどについて解説します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ヨークシャーテリアの平均寿命はだいたい15年

ヨーキー

一般的なヨークシャーテリアの平均寿命はだいたい15年程度と言われています。もちろん個体差があるので、すべてのヨークシャーテリアの寿命が15年というわけではありません。もっと短命な個体も存在しますし、その逆も然りです。中には20年以上生きた個体もいます。
しかし、これからヨークシャーテリアの購入を考えているのであれば、15年という寿命を目安にしておくとよいでしょう。

ヨークシャーテリアを長生きさせるコツはやはり病気に注意することです。ヨークシャーテリアのかかりやすい病気としては以下のものが挙げられます。

  • 水頭症
  • 糖尿病
  • 気管虚脱

また、骨が弱い犬種のため階段やソファの昇り降りやフローリングに気をつけたり、小型犬がなりやすい歯周病にも気をつけましょう。

ヨークシャーテリアの寿命を延ばすために知っておきたい病気

ヨーキー

ヨークシャーテリアの寿命を延ばすためには、やはりヨークシャーテリアの寿命を短くしてしまう可能性がある病気についての知識を身につけておくべきでしょう。 大まかに症状を知っておくだけでも早期発見へとつながりやすくなり、結果としてヨークシャーテリアの寿命へ大きな影響を与えるはずです。

水頭症

水頭症とは髄液が頭蓋腔内に溜まってしまい、脳室が大きくなってしまう病気です。脳脊髄液によって脳が圧迫され、脳機能障害を引き起こすことがあります。

水頭症の原因

「先天性の奇形」「脳の器質的な疾患」「感染症」などがあり、予防することの難しい病気でもあります。つまり早期発見が重要な病気と言えるでしょう。

水頭症の症状

「行動異常」「嘔吐」「トイレなど日常的なことがなかなか覚えられない」「ぼんやりしていることが多い」」などが挙げられますので、それら症状が見られた場合はすぐに獣医に相談しましょう。

糖尿病

糖尿病といえば人間の生活習慣病としても知られる病気ですよね。ヨークシャーテリアも糖尿病を発症することが多く、寿命に影響することがあります。糖尿病は血糖値が異常に高い状態を指す病気です。

糖尿病の症状

「のどの渇き」「大量の尿」「嘔吐」「下痢」「体重減少」「意識障害」「昏睡」など、様々な症状を発症します。
「白内障」「網膜症」「自律神経障害」「肝疾患」「細菌感染症」などを併発することもあるのです。
これらの症状は初期に現れることが少なく、病気が進行してから発症するのが一般的なので、予防が非常に大切な病気と言えるでしょう。

糖尿病を予防するには、やはりまずは肥満に気を付けることです。適切な食事量と運動に気を配ることが重要になります。食事の際にゆっくりと食べさせることも重要です。
また、オスよりもメスの方が発症確率の高い病気でもありますので、メスの場合はより厳重な注意が必要です。

気管虚脱

気管虚脱は気管軟骨が弱くなり気管の形状を維持できなくなり扁平化し発症する呼吸障害の一種です。

気管虚脱の原因

未だ解明されていませんが、「肥満」「気管軟骨の変形」「慢性的な気管支炎」などが発症率を高めていると言われています。

気管虚脱の症状

「喘鳴」「呼吸困難」「咳」などが挙げられますので、それらの症状が確認できたら気管虚脱を疑った方が良いかもしれません。状態によっては外科手術が必要な場合もある病気なので、早めに獣医に相談することが大切になります。

ヨークシャーテリアの寿命と避妊・去勢

ヨーキー

これはヨークシャーテリアに限ったことではありませんが、避妊や去勢が寿命に関係してくることはよくあることです。ヨークシャーテリアは避妊・去勢をしておいた方が寿命が長くなる傾向があります。

なぜ避妊や去勢をすることでヨークシャーテリアの寿命が長くなるのか。その理由は「精巣腫瘍」「卵巣腫瘍」「前立腺疾患」「子宮蓄膿症」「乳腺腫瘍」「肛門周囲の腫瘍」などを予防することができるからです。つまり避妊や去勢をすることで、病気の原因を除去する結果となるのです。
さらにオスの場合、男性ホルモンであるテストステロンが関係しているとも言われています。人間でも男性の方が短命な傾向にありますが、これはテストステロンが主な原因とされており、ヨークシャーテリアの場合もテストステロンが本格的に分泌されるようになる生後6か月前後に去勢をしてしまった方が結果として長寿になるのです。
もちろん手術をするのが早すぎるのも良くありませんので、獣医とよく相談しましょう。

ヨークシャーテリアの寿命を他の犬種と比較した場合

ヨーキー

ヨークシャーテリアの寿命は他の犬種と比較した場合、長いのでしょうか?それとも短いのでしょうか?
これは、かなり長い方であると言えるでしょう。
犬の寿命を考える上で、「大型犬か小型犬か」「純血種か雑種か」が非常に重要になってきます。

まず大型犬か小型犬かですが、これは基本的に大型犬よりも小型犬の方が長寿な傾向になっています。ヨークシャーテリアはチワワと並ぶ代表的な小型犬種であり、寿命が長いのも頷けます。
さらに、ヨークシャーテリアの寿命は他の小型犬と比較しても長い方なので、非常に長寿な犬種と言えるでしょう。

しかし、ヨークシャーテリアという純血種は雑種と比較すると短命な傾向があるでしょう。純血種は近い代の先祖が近親交配をしていることが多く、遺伝的に短命であることが多いからです。もちろんこれは個体によって違ってくる部分なので、一概に言えることではありません。

まとめ

ヨーキー

他の犬種と比較してもかなり寿命の長いヨークシャーテリアですが、しっかりと健康維持をしなければ病気によって寿命を短くしてしまうこともあるでしょう。
食事量や運動量などに気を配り、ストレスなく飼育すること、健康状態を常によく観察しておくこと、子孫を残す予定がなければ避妊・去勢をすることが、ヨークシャーテリアの寿命を延ばすコツなのです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 wan

    ヨークシャーテリアをこれまで2匹飼いました。2頭とも15才と16才まで頑張って生きてくれました。1匹は心臓に疾患がありましたが、最後は母親に抱かれながら眠るように亡くなる穏やかな最後だったので天寿を全うできたと思っています。もう一頭は癌が全身に転移し先がそう長くはないと宣告されている矢先に腰の骨を骨折し、麻酔がいずれ続けられなくなるということで安楽死を選択しました。
    2匹ともとても小さな身体で、シニアになってからは病気が多く大変でしたが、見た目以上に頑丈で気が強く立派に最期まで家族の一員として頑張ってくれました。長生きができる犬種ゆえ、病気で苦しむ時間が長くなってはかわいそうです。若い頃からケアをし、健康に気を付けて元気に最期までいてもらいたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 こたママ

    まだ我が家に犬がいない新婚時代に住んでいたマンションのお隣でヨーキーを飼っていて、とっても自由奔放な子でマンションの廊下をうろうろしてたり、玄関を開けると普通に入ってきちゃったりしてとてもおもしろかった記憶があります。犬嫌いな人にはかなりきつい状況でしょうが、こじんまりしたマンションでワンフロアに3部屋しかないようなところで犬好きだらけの環境だったのでフリーにしてたのでしょうね。それはさておき、その子は10歳を超えていても子犬のような元気さと愛くるしさでとってもかわいかったです。それでも平均寿命は15年と聞くと、あの頃りっぱなシニアだったんだな、としみじみしてしまいます。犬の寿命は本当に短いですね。。。我が家も、今を大切にしなくては。
  • 投稿者

    30代 女性 ムク&ワフ

    今は違う犬種を飼っているのですが、実家ではヨーキー3頭飼っていました。1頭は私が小さい時に亡くなってしまったのですが、その後に飼った兄弟犬の2頭とはとてもよく遊んだと思います。

    その子たちもこの平均寿命通り、15歳を超え、1頭は16歳、もう1頭は17歳まで生きてくれて、獣医さんや近所の方にも長いことかわいがって頂きました。実は10歳頃に心臓の病気が発覚して生死をさまよったこともあるのですが、数年間の闘病を超えたら、なぜかまた持ち直して元気になってきて…という不思議な子でした。先に亡くなったのは病気をした子ですが、最後は苦しむことなく老衰といった感じで眠るように亡くなりました。もう1頭は後を追うようにして行ってしまい、あっという間に家がさみしくなってしまったのを今でも忘れません。

    長生きする分、痴呆症の症状が出たり、歯が悪くなって食事が摂りにくくなってしまったり、色々とトラブルもありましたが、それ以上に長い時間そばにいてくれたことをとてもとても感謝しています。今でも大好きです。
  • 投稿者

    女性 ガンモ

    実家で飼っていたヨークシャーテリア2匹は、どちらも15才まで生きました。まさしく老衰といいましょうか。少しずつ体力と気力、食欲が落ちて、最後は1匹は私の腕の中で、もう1匹は大好きな窓辺のベッドで眠るようにいつ亡くなったか分からないくらい穏やかに最期のときを迎えました。小柄な犬種なので、病気をするととても心配でしたが、最後までかわいくて優しい子たちでいてくれました。
  • 投稿者

    50代以上 男性 アルクレイン

    我が家のヨーキーは、先日19歳5ヶ月で天国に旅立ってしまいました。
    5歳位の時、肉球に悪性腫瘍が出来て手術した以外は健康に過ごしてきました。
    毎日歯磨きをしてきたので、歯は丈夫で最後までカリカリのドッグフードでした。
    まだ心の中には大きな穴が空いたままで、まだまだペットロス状態が続いています。
    他に聞いたことのない長寿で、最後の一滴まで全うする命の大切さを教わりました。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    12歳なるヨーキーです。男の子で極小タイプの体重は、2.7kgです。昨日の夜から今朝にかけ急に吠え、ぐるぐる回ったり、不安そうな顔をしています。今まで大きな病気もなく、急な事で心配です。ご飯はぺろりと完食しますが、いつもと違う動きに老犬だからと見守っています。
    6年前に、急に動きを止めじっとして震えていることが、続けて2回あり、急いで病院へ連れて行きました。診察の結果、病名原因など分からず。獣医さん曰く、仮病をすることもあるとのことで、驚きました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。