もしもの時のために準備していますか?愛犬の防災グッズ

もしもの時のために準備していますか?愛犬の防災グッズ

大きな震災が起こった後には飼い主さんの間でも防災意識が一斉に高まりました。特に愛犬のためにもしもの場合の防災グッズはいつでも持ち出せるようにしておきたいものです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

非常食

もしものための心得

災害が起こった時にすぐに愛犬と避難することは当たり前のことですが、もしもの時の備えは大丈夫でしょうか?

ここで改めて防災グッズの必要性についてまとめてみました。

必要なもの

何もない時に揃えておくということがもしもの場合に役に立つものです。実際にどのようなものが適しているのかということはいざとなるとわからなくなるものです。あらかじめ用意しておくことが良いでしょう。

水と食べ物

まずは、愛犬の飲み水と普段食べているフードというものをひとまとめにしておくことは最低限必要なことだと思います。ウエットフードもドライフードもある程度の日持ちが大丈夫なので小分け、あるいは缶詰のまま準備しておくと良いと思います。

もしも、愛犬と一緒に避難できたとしても自治体は愛犬のものまで用意してくれません。ここは飼い主さんの準備が大事になってくるのです。一日どれくらい食べたり飲んだりするのかということを把握しておいてください。そして多頭の場合にも頭数分だけの避難食を用意してあげてください。まずは1週間分ほど用意出来れば万全だと思います。

避難用具

避難用具はどうしますか?

小型犬の場合にはキャリーバックなどに入れて輸送は容易にありますが大型犬の場合だと自家用車の使用が禁止される場合も想定して日頃から万が一の時の避難方法を家族で考えておきましょう。

そんな時に役に立つのが迷子札です。飼い主さんの名前や住所を記したものを首輪などにつけておくと安心です。動物病院によってはマイクロチップの装着を勧めてくれる場合もありますので、一度相談されても良いと思います。

犬用のお薬・応急処置セット・ケア用品

持病がある愛犬や発作の恐れがある場合は、必ず常備薬を飼い主さんが持っておくべきです。そして災害時の不慮の怪我などにも備えておきたいものです。 消毒薬と包帯という応急処置ができるものを小さな救急箱に詰めておくと安心ですよ。

排泄用品も準備しておいてください。臭い対策のためには消臭剤のスプレーやうんち袋などは大目に用意してあげてください。

持ち出し用のバッグにひとまとめに

防災グッズ

これらを非常持ち出し用として、一つのバックに詰めておくというのは防災準備として大事だと思います。自分でなかなか用意出来ないという場合にはネット販売などでも防災グッズは販売されています。これらを利用するのも一つの方法だと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。