柴犬と皮膚疾患の長い戦い!『エジソン』の闘病生活

【獣医師監修】柴犬と皮膚疾患の長い戦い!『エジソン』の闘病生活

皮膚疾患を持っている子が多いと言われる柴犬。我が家の柴犬『エジソン』も皮膚疾患に苦しんだ子の一人です。完治する疾患ではないので、上手にコントロールしていくことが大切とはわかっているけれど、本当に大変でした。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

柴犬は皮膚疾患を持っている子が多いと言われていますが、この記事では、我が家の愛犬『エジソン』が皮膚疾患を発症してからの経過を記してみました。
同じように皮膚疾患の子を飼われている方や、皮膚疾患になりやすい犬種を飼われている他の飼い主様の参考になれば幸いです。

かゆみの出現

耳のうしろのかゆみが始まり

かゆみ

柴犬エジソンが我が家に来て、2年目の春のことでした。
室内飼いをしていたエジソンは耳の後ろをかゆがり始めました。
耳の後ろを掻いているいることは、それまでもありましたので、その時はまだたいして気にもとめていませんでした。

耳の中

その内にかゆみがひどくなったのか、耳のうしろはもちろんのこと、器用に耳の中も掻くようになりました。
それでもまだ緊急性はないだろうと、予防接種の時に動物病院で診察してもらおうと思う程度でした。

診断

動物病院で耳の中をみてもらうと、耳だれのように汚れがひどく、耳のうしろも少し脱毛していました。
獣医さんに、「柴犬にはアレルギーの子も多くて、この子も皮膚疾患を持っている子だから、コントロールしてあげてください」と言われました。
医師から、「ハウスダストのアレルギーの可能性が大いにあるので、室内飼いはやめたほうがよい」と進言されました。

脇の下とおなかへ

室内から室外へと住処を移し、毎日の体ふき、ブラッシング、1週間ごとのシャンプーと耳掃除。
それでもかゆみはどんどん広がっていき、脇の下、おなかも蹴り掻くようになりました。

色素沈着

シャンプー

薬用シャンプー

エジソンが5歳の時、耳のうしろの脱毛がひどくなり、黒く色素沈着してきました。
脇の下やおなかも少し脱毛がみられるようになったので、シャンプーは病院で出してもらった薬用に変え、揉み込むようにシャンプーして、少し時間をおいてから流すようにしました。

シャンプーした後、何日かはかゆみが治まっているのか、激しく掻くことも少なくなり、赤みも和らいだようにみえるのですが、しばらくするとまたかゆみ出し、掻く、脱毛する を繰り返しました。

とうとう薬

エジソン8歳。
耳のうしろ、中、脇の下、おなかに色素沈着が広がり、毛も生えてこなくなりました。
脂分もすごく、室外に作った小屋の中はフケがたくさん落ちているような状態になりました。

とうとう病院から薬が処方されました。抗生剤とステロイドです。
副作用もありますし、一度始めたら生涯やめられないと聞いていたので、できれば薬に頼らずコントロールしてあげたかったのですが、それも無理になってきました。

薬を飲み始めると、すぐに効果がでました。
色素沈着してしまったところには変化はありませんでしたが、赤みがあったところは和らぎ、脱毛も広がらなくなりました。

薬で症状をコントロール

薬の調整

抗生剤とステロイドで肌の状態は沈静化しても、薬を続ければエジソンの体が心配です。
そしてもちろん飲み続ければ、体も薬に慣れてくるので、薬の量が増え続けることも覚悟しなければなりません。
まずは、体に負担にならない量で肌も維持できる量を探し出しそこから始め、かゆみが治まってきたので抗生剤をやめ、ステロイドは体重に対して一番少ない量から始めました。

増えていく薬、減っていく毛

ステロイドは適量であれば長期飲み続けても問題ないとは言われていますが、もうすでに立派な老犬に域に達してしまったエジソンには、できるだけ薬で体に負担をかけたくないと思っていたので、薬の量はエジソンの状態を見て医師と相談して決めていました。
それでも、かゆみがひどくなる時期があったり、脱毛が広がったりして、薬の量は増えていきました。

ですが悲しい事に、そのように薬の量は増えていきましたが、脇の下やおなかの脱毛がひどくなり、もう一人エジソンができそうなくらい抜けていた冬毛も、みるみる減っていきました。
薬で症状をコントロールするのがどんどん難しくなっていきました。

最後まで

柴犬老犬

エジソン13歳の冬。
体の毛もずいぶん少なくなってしまい、見ているこちらも寒そうなほどになってしまって、薬も倍以上に増えました。
冷えてはいけないと思い、彼のハウスの半分の壁に毛布を貼り付け、下はマット、入り口から風が入り込まないように冷蔵庫の室内カーテンを掛け、すのこの下には湯たんぽを置くなど寒さ対策にはできる限り気をつけていました。

それがある冬の寒い夜に、ついに意識朦朧となってしまい…。
最後の最後まで皮膚でつらい思いをしていたエジソンは、やっと楽に眠れるようになりました。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 タツママ

    我が家にも柴がいます。幸いにも現在はアレルギー症状はみられませんが、
    膝蓋骨脱臼で手術をしています。
    エジソンちゃんも大変だったと思いますが、Edisonさんも長い間のお世話の日々、色々な思いがおありだったことと思います。感情を抑えた文章にもエジソンちゃんへの愛情があふれていて、エジソンちゃんはアレルギーを発症したことは不運だったけれど、幸せでしたね。
    きっと感謝と楽しい思い出を胸いっぱいにかかえて、Edisonさんを見守っていますよ。
    柴犬は皮膚のアレルギーも多いと聞いています。また何年も向き合っていく疾患なのですね。
    もしそうなったときに自分は最善の治療を選択できるのだろうかとふと考えます。
    Edisonさんの体験記事に出会えてよかったと思います。
    素敵な飼い主さんに出会えたエジソンちゃん、Edisonさんありがとうございました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの犬も皮膚疾患…アレルギーがあり、手作り食を食べさせています。
    ドッグフードを食べていたときよりは、激しくかかなくなりましたが、完治しているわけではないので一生付き合っていくものですね。
    以前は夜も眠れないほど掻いていて、薬も飲ませていましたが、手作り食にしてからは
    夜もしっかり眠れるぐらい痒みから解放され、毛も生えてきました。お薬も飲んでいません。

    皮膚疾患は本当ツラいですよね。
    人間だって皮膚疾患は苦しむくらいですから、言葉を話せない犬にしてみたらもっとツラいと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 望月雅美

    うちの1番上の子・ミニチュアダックスフント、現在13歳のチャチャは、7歳の時にダックス特有の先天性の病気により失明しました。その3年後皮膚病を発症し、血を流すぐらいに噛んだり、掻きむしり病気へ、掻き毟るのを防ぐためカラーをずっと付けています。カラーを取ってあげたいと獣医さんに相談したところ、完治は難しく抗生剤と週1回の薬用シャンプーで痒みをコントロールする治療になりました。痒みが治れば抗生剤をやめ、週2回のシャンプーでコントロール。ロングコートなのに毛は一年中刈り上げています。後何年一緒にいれるか分かりません。だからこそ、後悔しないようにチャチャにとって穏やかに暮らせるようにしてあげたいと思っています。
    望月雅美の投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 オバチャンです

    うちの柴犬くんも2歳くらいからアトピーが見え始めました。やはり耳の中の痒みから口の周り 脇や下腹部の色素沈着、しだいに指間や肉球を絶えず舐めたり噛んだりして血がにじんだり。ステロイドは使うのをためらいますよね、最後の砦だと。まあまあな値段のサプリやアレルギーのおきにくいと言われるお肉とかを取り寄せて手作り食を作ったり。でも改善されませんでした。今は痒みを抑えるだけのお薬(アポキル)があると知りかなり軽減されました。ただ長期的には服用させられないらしいので少しずつ減らして状態を見ながらコントロールです。
    大好きな大切な子が痒がってる姿を見るのはかなり辛いですよね、少しでもなんとかしてあげたいと…。エジソンくんも飼い主さんも本当にお疲れさまでした、エジソンくん天国でやすやかに。
  • 投稿者

    30代 女性 つむぎ

    うちのスピッツのつむぎも皮膚疾患で今まさに治療の最中です。皮膚に角質?人でいうニキビのようなできものが定期的に身体のどこかに出来てしまいます。今は尻尾でシコリが腫れて膿が出て、、処方してもらった薬とエリザベスカラーで触らせないよう、できるだけ乾燥させて、、言葉が話せない分、辛そうでいじらしくて、、人とは違いなぜ痒いのか、痛いのか理由とわからないままの治療はどれだけ負担になるだろうかと、、。
    エジソンくんはとっても幸せな子でしたね。
    わたしも少しでもこの子が良くなるよう何でもやってあげたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 わんわんサロン

    愛犬を亡くされた飼い主様に対して、今さらになりますが、こちらの記事を読んで誤解されては困ると思い、書き込みさせて頂きます。『医師から、「ハウスダストのアレルギーの可能性が大いにあるので、室内飼いはやめたほうがよい」と進言されました。室内から室外へと住処を移し』とありますが、現代では、室外の方が空気汚染の問題が大きいと言われています。精神的なこともあります。アレルギーの子は特に室内で飼ってあげて下さい。室外に移して完治した犬を私は知りません。だったら、室内で飼ってあげてください!!私は、仕事関係で飼養放棄犬4頭と生活しています。全て室内飼育で空気清浄機が24時間フル回転です。湿度調整もしています。4頭のうち2頭が柴犬です。アレルギーがひどく店の前で捨てられていました。アレルギー体質なんてものは存在しないと思っています。必ず、原因はあります。見つけられない獣医師が、アレルギー体質だと言うんです!!それで納得してはいけないんです。薬で抑えてはいけないんです。いつか爆発します。時間がかかっても、自然治癒力を引き出すことのできる獣医さんを探してあげてください!!完全無添加で水分の多い食事。十分な運動。2週間に一度の温浴。そして、家族全員のコミュニケーション。3年かかりましたが、2頭とも完治しました!! こんなもんだと諦めずに頑張りましょう!! 1年やって駄目な治療は駄目なんです!! ペット業界で15年。いろんな犬を見ているから伝えたいんです!!違う角度から見る視野の広さも必要ですよ!!

  • 投稿者

    40代 男性 タツニイ

    偶然ながらうちの愛犬もエジソンという名前でした。昨年16歳9ヶ月で他界してしまいましたが、やはりアレルギー症状を持っており、毛が抜けたり痒がる本犬をなだめたりの犬生でした。
    うちはアレルゲンがはっきりしていたのであまりステロイドは使いませんでしたが、それでも突発的に痒がりだし、目の周りの毛がハゲてパンダみたいな顔になったりしていました。

    手のかかる子はそれだけ可愛いですよね。edisonくんが天国で楽しい生活を送り、うちのエジソンと遊んでくれていることを心から願います。
    タツニイの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。