犬の給水器と食器選びのポイント

9213view

犬の給水器と食器選びのポイント

お気に入りに追加

犬の給水器と食器、どのようなものを使っていますか?きちんと成長に合わせて変えていますか?

ペットブームの現在、お店に行くと給水器も食器も沢山の種類がおいてあります。

ちょっとしたお洒落なブランドでは、犬用の可愛い食器がディスプレイされていて、目移りがしてしまいますよね。

皆さんはどのような基準で選んでいるでしょうか?ここでは筆者の考えるお勧めの給水器と食器をご紹介します。

お勧め給水器

最初、筆者は写真のように、ル・クルーゼの小さな器にフードと水を入れてあげていました。

ル・クルーゼの小さな器
▲ル・クルーゼの小さな器

重さがあって、犬が顔を突っ込んで食べても動いてずれず、洗いやすく、何より容器が可愛かったからです。

しかし、犬が成長するにつれ、水に足を突っ込んで遊んだり、容器を口に咥えて水をひっくり返したりするようになりました。

そこで購入したのが写真のようにゲージに取り付けるタイプのものです。

ゲージに取り付けるタイプの給水機
▲ゲージに取り付けるタイプの給水機

筆者は取り付けるタイプのものでも、この二股タイプをお勧めします。

ゲージの中にいても外にいても、簡単に水を飲むことができます。

多頭飼いだと水の飲み口は多い方が、喧嘩になりません。

また取り付けるペットボトルの大きさを変えれば、水の容量も変化させることができるので、大量に水を飲みたくなる夏も安心です。

水の出る量は、中に内蔵されているばねによって調整が可能になっていますが、飲み口が細いタイプと太いタイプがあるので、犬が小さい時は細いタイプにして、成長したら太いタイプに買い替えるといいと思います。

お勧めの食器

犬が小さいうちは、床に直置きタイプでも良いと思います。

しかし犬が大きくなってきたら、ある程度高さのあるものに変えてあげて下さい。
犬がご飯を食べている時に咳込んでいるようなら、食器の高さが低くて、気管をスムーズに下りていっていない可能性があります。

現在使用しているものを小さな台の上に乗せるか、写真のような専用の食器を使うといいと思います。
ただ台に乗せる場合は、食器がずれたりしないよう、ずれ防止のマット等を下に敷くと安心です。

床に直置きタイプの食器
▲床に直置きタイプの食器

また筆者としては、犬が写真のように器を咥えて遊ぶ可能性も考慮して、なるべく割れる可能性のないものが、小さいうちは安心だと思います。

ステンレス製の食器
▲ステンレス製の食器

成長すれば犬もいたずらをしなくなるので、それからお洒落なものにしてもよいのではないでしょうか。

最後に

筆者は7匹犬を飼っているので、色々なものを購入してみてこの結果になりました。

写真でご紹介したスヌーピーの器、実は色違いもあります。

気分によって青を使ったり、赤を使ったり。折角のドッグライフなのですから、ちょっとした楽しみを作っても、いいのではないかと思います。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。