冬本番。愛犬のヒートショックにご用心!

冬本番。愛犬のヒートショックにご用心!【獣医師監修】

お気に入りに追加

寒いお外と、暖かい室内。この気温差は、人間だけでなく、愛犬の身体にも悪影響があるんです。特にシニア犬、持病のあるコは気をつけて!お散歩時、また室内でも、ちょっとした配慮で体へのショックを少なくし、元気に冬を乗り切りましょう!

12262view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ヒートショックとは

聴診器

ヒートショックとは、例えば冬の室内と外など、急に温度差のある状況におかれた時に体に起きる悪影響のことをさします。

人間の場合だと10℃前後の温度差で、血圧の急上昇や急下降が引き起こされ、立ちくらみや失神、ひどい場合だと心筋梗塞や脳梗塞などを起こすことがあると言われています。特に、家庭内での高齢者の死亡原因としては、実に4分の1を占めるといも言われています。

犬の場合も人と同様に、血圧の急上昇や急降下を引き起こし、それによって突然の下痢や嘔吐、重症化した場合には心臓などに大きな負担をかけて、心筋梗塞を起こすこともあります。

この記事では、この時期に心配なヒートショックについて、注意したいことや予防・対策方法をご紹介していきたいと思います。

冬のお散歩時に気をつけたいこと

散歩

玄関でタイムラグを

寒い外気にいきなり触れさせるのではなく、玄関で数分のタイムラグを取ってください。ただジッと待っているの寒いので、首輪やハーネス、リードをつけたり、お洋服を着せるなどして、少しでもいいので玄関で過ごす時間を作りましょう。

中には「早くお外に出たいよ~!」とバタバタしてしまうワンちゃんも多いと思いますが、そんな時も焦らず、慌てず。玄関で大好きなおやつをちょっとずつあげて、タイムラグに慣れさせましょう。

帰ってきた時は、歩いたことで少し体が温まっていますが、かといって急にストーブの前に直行するのではなく、ゆっくりと室内の温度に慣れさせていきましょう。

防寒のため、ドッグウェアを活用

ドッグウェア

小型犬やシニア犬は特に、ドッグウェアを活用して、少しでも外気の寒さをシャットアウトしましょう。

ショップにはセーターやフリース、ダウンコートなど、様々なドッグウェアが揃っていますが、最近ではワンちゃん用のブーツも見かけますよね?愛犬と一緒に、暖かくてかわいいウィンター・ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただし、パチパチの静電気にはご注意を!静電気防止グッズを利用するのも良いですが、なるべくなら、天然素材のウェアを選んであげてくださいね。

お散歩は暖かい時間に

日照時間が少ない冬の季節。お散歩は、なるべくなら暖かくてポカポカした、陽射しのある僅かな時間を逃さず連れていってあげたいもの。

もちろん、飼い主さんのスケジュールの都合もあるでしょうし、ワンちゃんの排泄の都合もあるでしょうから、できる限り心がけてあげてください。ただ、その場合も寒さ対策だけはしっかりと!

室内の気温差にご注意を

バスルームやフローリングの床で

バスルーム

真冬のバスルームの寒さは、心臓や血圧によくないというのはよく言われることですが、それはワンちゃんにも言えること。お散歩から帰ってきて手足を洗う時や、シャンプーの時など、あらかじめ浴室内の壁や床にシャワーのお湯をかけて十分暖めておいてあげてください。

暖かい湯気で、ワンちゃんもゴキゲンですよ!

また、暖かいリビングでも気をつけてほしいことが‥。
フロアが絨毯敷きや床暖房なら問題ないのですが、フローリングの床は、意外に冷えているのです。

エアコンなどの暖かい空気は上に溜まってしまうので、暖房していても、床の上は冷え冷え。フローリングにはラグやマットを敷いて、足元の冷えにじ十分注意してあげてください。

ソファに座って、何気なくワンちゃんの肉球を触ってみると、氷のように冷た〜くなってしまっていることも‥。そんな時は、専用のパウ・クリームで優しくマッサージしてあげてください。ひび割れ防止にもなりますよ!

ベッド周りも冬支度

クッションの上に暖かい毛布を敷いて、夜中の冷えに備えてあげてください。床からの冷気をシャットアウトするように、ベッド周りを整えておきましょう。

また、ペットヒーターは低温やけどにならないよう、温度設定に注意します。直に身体に触れないよう、タオルを巻くなどして調節すればOK。

湯たんぽは、湿度も補えるというメリットがあるのですが、お湯が吹き出さないよう十分気をつける必要があります。引っかきグセのあるコには、危ないのでオススメできません。

加湿器は必須アイテム

湿度が低いと、ワンちゃんの気管支にもよくありません。毛の長いワンちゃんは、毛並みがパサパサになったり、皮膚炎になることも‥。なるべくなら、加湿器で十分な湿度をキープしてあげてください。

まとめ

暖炉の前の犬

暖か〜い室内と、寒〜い外との寒暖差は、飼い主さんにとっても愛犬にとってもこたえるもの。

大切なコの心臓や血圧に余計な負担をかけないよう、ちょっとした配慮で、一緒に楽しいホリデー・シーズンを過ごしてくださいね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。