慌てないで!突然パニックになった愛犬をしずめる方法

9256view

慌てないで!突然パニックになった愛犬をしずめる方法

愛犬が突然パニックになってしまった時の飼い主の取るべき行動は?逆効果なのにやりがちな行動は?ありがちなシチュエーションを想定して心掛けておきましょう

パニックになりやすいシチュエーションを知っておこう

家の中でもパニックになることがある!

チワワパニック

意外と多い非日常的な音

人間にとっては理由がわかっているので恐怖感がない音も、日常的でない音は犬にとっては怖い音です。
その代表的なものとして打ち上げ花火の音がありますが、毎年花火大会の音に驚いて家から脱走して迷子になる犬が非常に多いので注意が必要です。
また、雷や激しいサイレン音、地域によってはサル追いなどの空砲がなったりと、パニックをひきおこす原因は生活の中に潜んでいます。
パニックになると飼い主の声掛けも耳に入らず、ただただ身体的に反応してしまうことが多いので、ふだんから玄関や門扉などの脱走対策はしっかりしておきましょう。

イラスト

お散歩中にパニックを引き起こす原因は?

車やバイクが苦手な犬

普段は車やバイクとすれ違うことに問題のない犬でも、曲がり角を曲がった時など、たまたま工事中の大型の車両が並んでエンジン音が大きく聞こえたり、郵便局や配達のバイクのようにエンジン音が大きいだけでなく、止まったり走ったりがせわしなく、犬の近くでくるっと方向転換したりするものも要注意です。

その他にも、猛スピードの自転車も興奮のスイッチをいれる要因です。
パニックになると、我を忘れて突進しようとする犬もいるので大変危険ですね。

散歩中の犬や猫など

一言で『苦手な犬』といっても、距離を置けば大丈夫な場合もありますが、遠くても見えただけで激しく反応しパニックになるほど苦手な犬もいます。
また、猫も突然目の前を横切ったり、たまたま猫が車の下にいるのを知らずに、駐車している車のそばを歩いていたら、急に飛び出てきて威嚇されパニックになったという例もあります。
それと甲高い声をあげながら走っている子どもに反応して、思わず飛びついてしまうという例も多いですね。

目線を犬に移して見直してみると、普段の生活の中にドキっとしたり、ゾクっとしたりする要因は結構見つかるものです。
もしあなたの愛犬が多少興奮しやすかったり、普通よりも怖がりだったら、生活環境と散歩を見直して、避けられる要因は極力遭遇させない努力をしましょう。

バックミラー

パニックになってしまう愛犬にやりがちなこと、逆効果のこと

パニック犬

パニックの余韻に慣れさせようとする

系統的脱感作法は犬に優しいか

パニックの対処法としてよく使われるのが、パニックの要因になっているものや音をごく弱い刺激から与えて、おやつやご褒美などで受け入れさせ、徐々に強い刺激に慣れさせ、最終的に要因そのものに過剰反応しなくなるという訓練方法です。

決して無理強いしないで、犬が落ち着いているときに行い、犬のストレスを最小限に馴化のプロセスを進めるので効果もあるといわれています。
しかし、この訓練を始めるには、まず落ち着かせるためにおすわりしてじっとしていればご褒美がもらえるというパターンを、犬の心に植えつけなくてはいけません。
そして毎日、用意されたパニックの要因の音を弱く短く聞かせ、落ち着いていられたらご褒美、を数日繰り返すことが必須です。
一歩やり方を間違えれば訓練中にパニックになりかねませんし、座ってじっとさせるなどということ自体、犬にはストレスです。

この方法の確立は40年ほど前で、雷恐怖症の犬が3日で克服したといわれていますが、それでは他の刺激に対してはどうなのか、また、学習していない音や刺激に出会った時同じように落ち着いていられるのか、というと根本的な解決にはならないでしょう。

家の中で落ち着いていられたらご褒美をもらえるというパターンは、例えば外で急に刺激にされされた場合おやつを見せて落ち着けるとは思えません。
それはパターン化されたもので、犬が自分で反応したものではないからです。

素人判断で逆効果になってしまう危険もありますし、トレーナーに預けて嫌なものに慣れさせるのも、犬にとってストレスになる事の方が多いですから、あまりよい方法とは言えません。

まさにパニックその時に逆効果なのは?

  • 犬と一緒に走ってしまう
  • 思わずリードを強く引いてしまう
  • 一緒にあぜったりおろおろしてしまう
  • おすわり!まて!などと命令してしまう
  • 犬の真正面にたちはだかってしまう

散歩中など突然のパニック状態になると、飼い主も焦っておろおろしてしまいがちですが、飼い主の心の乱れは犬に伝わります。
なので、犬がパニックになっても、まず自分が大声を出したり、おろおろしたりしないようにしましょう。

パニックになった犬は、走って逃げようとする場合もあれば逆に突進しようとする場合もあります。
興奮してリードを噛んだり、急に後ずさりされると首輪やハーネスが抜けてしまい大変危険です。
飼い主も一緒に走ってしまったり、突進を止めようと強くリードをひいてしまうことは、どちらも飼い主の平常でない行動なので、犬は敏感に感じ取り不安をあおるだけなのでやめましょう。

またよくある飼い主さんの行動として、苦手なものを見せまいとして犬の真正面に立ちはだかる方もいますが、これも効果的とは言えません。
特に犬の方を向いて目の前に立ちはだかるのは、威圧感を感じさせ後ずさりさせてしまい、かえって危険です。
その他にも、おすわりなどのコマンドもパニック状態の犬には通じないし、もし一瞬効いたとしてもパニック状態の中では強いフラストレーションがかかってしまい、興奮を引きずることになりかねません。
つまり、飼い主がやってしまいがちなこれらの方法では、どれもパニックの要因に対する恐怖感や、強い不安や興奮に犬が自分で確認して対処するようにはできないのです。

パニックになってしまったら

避けられない、予測不能な出来事で突然パニックになってしまったら、とにかく慌てず騒がず、犬の横にしゃがむなどしてゆっくりと胸を撫でて静かな声で、「大丈夫だよー」と声掛けしながら、とりあえずおさまるまで待つしかありません。
できるだけ不安や恐怖を和らげて、安心感を与えてあげることを最優先しましょう。

ボクサー

パニックを開けるために日ごろから対策を

室内での対策

室内でおこるパニックは大抵は花火や地震、雷などによるものなので、家の中を安全にしておくことが基本です。
そして花火や雷などある程度予測可能なものは、犬を一人で留守番させない、雨戸を閉める、布団やベッドが安心できるなら自由に避難できるようにしておくなどして、見守ります。

押し入れや洗面所に入りたがる場合は、そこにクッションなどおいてあげるのも良いでしょう。
震えていたらそっと胸をさすってあげます。
また、横に座ってしばらく一緒にいてあげると落ち着きますよ。

人がうろうろ歩き回らないほうが落ち着くのが早いです。
いつもそうしていると、だんだん犬が自分で判断して音が鳴ったりグラっとゆれたらさっと人の傍にきてピタッとくっ付いて座ってくれるようになります。
『こうしていれば安心』と犬が自分で対処できるようになるものです。

犬だけを残して留守番させるのは最小限にしたいものですが、そうは言ってもどうしても無理な場合もあると思います。
そんな時に身動き取れないゲージなどに閉じ込めていると、なにかパニックになることが起きると、恐怖感は倍増しトラウマになったり、不安のあまり自分の足やしっぽなどを禿げてしまうほどなめたり噛んだりしてしまう犬もいますので、家の中を安全に犬は自由にということは基本です。

散歩中の対策

まず、パニックになってしまう要因と遭遇しないように工夫しましょう。
ゴミ収集車などは大体時間が決まっているので、その時間をさけるとか、いつも吠えてしまう犬の散歩時間が決まっていれば時間をずらしてみるとか、大きな車が通らないコースを開拓するとか、できる限り安心してゆっくり歩ける時間とコースを考えましょう。
そして何かとすれ違う時には、必ず犬とそのものの間にすっと割って入るように普段から心掛けておきます。
車やバイクなどとすれ違う時は、割って入った状態で少し立ち止まり、通り過ぎたらまたゆっくり歩くようにしていると、車が来ると犬が自分で人のうしろや脇にはいってやり過ごせるようになります。

小型犬なら抱っこして非難するのも良いと思います。
苦手なものを前方に見つけたら(なるべく犬より先に見つけたい)反応する距離になる前に横道にそれるか、引き返すなどして回避しましょう。
パニックになりそうな気配ならとりあえずちょっとでも道幅の広い場所で立ち止まるようにして、やさしく声掛けしながら胸をなでてやり過ごします。

苦手な物がみえなくなっても、まずはしっかり落ち着くまで待って、確認ができたらゆっくり歩きだしましょう。
興奮をひきずって、速足でぐんぐん歩かないように、普段からゆっくりのんびり散歩を意識していると、立ち直りも早くなっていくと思います。

そしていつかパニックを起こす前に自分で引き返せたり、飼い主の提案に応えて方向転換してくれたりできるようになります。
また、リードは短いものでなく3m位の長いものを手繰って持つようにした方が安全です。
パニックになってリード噛みや後ずさりされた時、短いリードだと緩める余裕がなく抜けてしまう危険が高いのです。
またフレキシブルリードも落としてしまうとガシャンと大きな音がして、その音に驚いて逃げだしてしまい、逃げても逃げても地面にぶつかる音が追いかけてくるのでさらにパニックになってしまい、どんどん走ってしまう危険がありますのでお勧めできません。

犬と男性

まとめ

愛犬をパニックにさせないために、またパニックから立ち直ってもらうためには、とにかく自分(飼い主)が犬にとって安心安全を感じさせる存在になるよう、心がけることが一番大事なことといえそうです。

パニックの克服には慣れさせるのではなく、『大丈夫』という安心感を犬が自分で感じるようになることがポイントです。
興奮はパニックを引き起こしやすいので、普段の生活も落ち着いたのんびりしたものに変えていくと、犬も飼い主も正常で安定した思考回路が働き、判断能力もついてきますよ。

犬の目線で快適に安心した生活を提供して、パニックを克服できる落ち着いた犬を目指しましょう

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!