犬の停留睾丸(潜在精巣)について

【獣医師監修】犬の停留睾丸(潜在精巣)について

お気に入りに追加

停留睾丸。聞きなれない言葉ですが、その名の通りオス犬のタマタマの片方または両方が降りてこずに体の中に留まっている状態のことです。停留睾丸の治療や病気のリスクについて知っておきたいことをまとめてみました。

55305view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

オス犬の飼い主さんが去勢手術のために動物病院を訪れたら、タマタマが1つしかないことを指摘された、オスの仔犬が生後6ヶ月以上経っているのにタマタマが見当たらない、といった経緯で発覚することが多い停留睾丸

「そもそも停留睾丸ってなに?どうしてそんなことに?どうすればいいの?」
停留睾丸について知っておきたいことを見ていきましょう。

獣医さんの手に乗っている仔犬

犬の停留睾丸とは

どんな状態?

仔犬がお母さんのお腹の中にいる時には、オス犬の精巣は体内にあります。
生後1ヶ月くらいで精巣は脚の付け根の鼠径管を伝って、体の外にある精巣を収めておく袋に降りてきます。

通常は生後6~8週齢くらいには精巣は2つの袋に収まり、睾丸が外から目で確認できる状態になります。
しかし、何らかの原因で精巣が完全に降りてこないで途中で止まってしまった状態が停留睾丸です。
精巣は完全にお腹の中に留まっている場合もあれば、脚の付け根の皮下部分に引っかかっていることもあります。
停留睾丸はオス犬全体のおよそ0.8~9.8%で確認されています。

どうして起こるの?

精巣が正常に降りてこない原因としては、『鼠径管が先天的に小さい』、『精巣が下降する時に必要なホルモンの分泌障害』などが考えられていますが、はっきりとは特定されていません。
いずれにせよ停留睾丸は遺伝疾患のひとつであると考えられています。

どんな症状があるの?

停留睾丸そのものは、ほとんどの場合痛みや不快感はありません。
睾丸が片方だけ停留している場合は生殖能力がありますが、両方停留している場合には生殖能力がほとんどありません。(お腹のなかに精巣があると、高温であるため精子がつくられないため、繁殖能力はありません。)

抱っこされているダックスフントの仔犬

犬の停留睾丸の治療

停留睾丸そのものを治療するには、外科的な手術しか方法がありません。
目に見える症状がないため手術に抵抗を感じる飼い主さんも多いものですが、手術をしない場合はどんなリスクがあるのか、どんな場合には必ず手術が必要なのかを見ていきましょう。

手術をしないリスク

手術をしない場合、一番心しておかなくてはいけないことは精巣腫瘍(ガン)の発生率が明らかに高くなることです。
停留睾丸ではない未去勢のオス犬に比べて6〜10倍の発生率と言われています。
脚の付け根などわかりやすい場所ではなく、お腹の中に精巣が停留している場合、腫瘍が大きくなるまで症状がわかりにくく発見が遅れがちになります。
精巣腫瘍の種類によっては、女性ホルモンのエストロジェンが分泌されて脱毛や乳房発達、骨髄が抑制されることで、貧血が起きる場合もあります。

手術を待ってみる場合

犬がまだ若い場合、特に治療をしなくても自然に睾丸が降りて来て解決することもありますので、生後6か月くらいまでは手術をせずに様子を見るという手もあります。

手術待ったなしの場合

精巣腫瘍が発見された、などの場合は手術以外の選択肢はありません。
できる限り早期に対応しましょう。

疾患の遺伝子を後世に伝えることを防ぐためと、腫瘍化のリスクを考えて早期の手術を勧める獣医さんが多いようです。
腫瘍が発見されるのは犬がシニア期になってからという場合も多いので、若くて体力のあるうちに手術をという考え方もあります。
獣医さんとよく相談して決めてください。

筆者の愛犬はメスなのですが、友人の犬が停留睾丸で手術を受けました。
その子は保護犬で、保護された時に睾丸がなかったため去勢済みだと思われていました。
けれど皮膚に異常はないのに脱毛がひどく、乳房が腫れる症状なども出て来たため、獣医さんが「もしや」とエコー検査をしてみたところ停留睾丸が発見されました。
症状から既に腫瘍化していると考えられたため、すぐに手術となり腫瘍が取り除かれました。
手術の後は順調に回復し、毛並みも活発度も見違えるようになっています。

まとめ

2つある睾丸の片方または両方が体内に留まってしまう停留睾丸。
すぐに症状の出る病気ではありませんが、遺伝疾患であることや将来の腫瘍化のリスクがあることを知っておくのは大切なことです。
愛犬が男の子で未去勢の場合は、タマタマがちゃんとあるかどうか確認し「あれ?」と思ったら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 まろんママ

    ずっとメスの犬ばかり飼っていたので正直つい数年前まで停留睾丸のことは知らなかったんですが、初めてオスの子犬を飼い始めた時に停留睾丸の疑いがあるということで獣医さんに指摘されてしばらく様子見をしていたことがあります。小さいうちはワクチンのことやらなんやらで動物病院に行く機会も多いので、定期的に見てもらっていたんですが1歳になるくらいでようやく問題ないということに落ち着きました。とはいえ、自分では小さくて触ってみてもよくわからなくて獣医さんに見つけて頂いて本当によかったです。結果的にうちは問題なしということになりましたが、知らずにそのままにしてしまっていてもっと重大な病気につながってしまったりしていたら…と思うとこわいですね。しかも停留睾丸は犬の自覚症状みたいなものもないみたいなので見つけるのがすごくむずかしそうですよね。こういう病気は犬のことを本当によく知らないと初期の発見とかもむずかしいだろうなぁ。愛犬を守るためには色々勉強が必要ですね。
  • 投稿者

    女性 勝子

    愛犬はオス犬です。まさに以前、去勢手術の相談のために動物病院を訪れたらタマタマが1つしかないと指摘されてビックリしました!停留睾丸だったのですが、こんなトラブルが起きるなんて考えもしていなかったので、とても焦りました。しかし、獣医さん曰くそこまで大きなトラブルでもなく、結構オス犬には頻繁に起こりうる問題だとのことで、結局なるべく早く去勢手術をする予定だったのですが、しばらく様子を見ながら待つことになりました。再度生後7か月頃連れて行くと、もう一つのタマタマが見えたので、一安心。しかし、これでまた問題があると違う手術をしなくてはならなかったので、ドキドキしてしまいました。犬とはいえ、いろんな問題があるものだなと痛感しました。
  • 投稿者

    40代 女性 u_u

    うちの愛犬はオスで、飼い始めたころから去勢手術は行うつもりでいたため、タマが降りてくるのをずっと待っていました。おもしろいもので、赤ちゃんのときはないんですね。私は女性なので、男性生殖器に関して考えたこともなかったためタマが降りてくるというだけで爆笑してしまいました。
    片方は5カ月目くらいでポコッと確認できるようになり、ほどなくもう一方もポコッと現れました。BB弾くらいのかわいいものでした。
    よし、療法揃ったから去勢手術が出来るだろうと動物病院へ行ったのを覚えています。
    去勢手術の時期に関しては、いろいろな意見がありますがうちはなので結構早く1才前には終えていました。
    タマが降りてこない犬がいるということは知りませんでしたし、それによって弊害があるだなんて想像もしていませんでした。うちの犬は順調に成長していたんですね。
  • 投稿者

    女性 Lapis

    もうすぐ二歳になる雄犬を飼っています。
    生後二ヶ月ぐらいにペットショップから購入しました。去勢手術をするか迷ったのですが、犬を飼うのが初めてだったので色々調べたり、かかりつけの獣医さんとも相談した結果、去勢手術が出来る時期になったらすぐしようと決めました。
    いざ手術を行う時期が来て診察したら片方の睾丸が降りてきてないと言われて、最初は意味がわからなかったのですが、犬の睾丸とはそういう仕組みなんだと初めて知りました。手術費用が通常の去勢手術より少し高くなるのと場合によっては手術する時に切る場所が増えてしまうと言われたのですが、後々の病気のリスク等考えて手術してもらいました。
    結果的には大手術にならなかったし、愛犬も変わりなく元気なので手術して良かったなと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名


    もうすぐ二歳になる雄犬を飼っています。
    生後二ヶ月ぐらいにペットショップから購入しました。去勢手術をするか迷ったのですが、犬を飼うのが初めてだったので色々調べたり、かかりつけの獣医さんとも相談した結果、去勢手術が出来る時期になったらすぐしようと決めました。
    いざ手術を行う時期が来て診察したら片方の睾丸が降りてきてないと言われて、最初は意味がわからなかったのですが、犬の睾丸とはそういう仕組みなんだと初めて知りました。手術費用が通常の去勢手術より少し高くなるのと場合によっては手術する時に切る場所が増えてしまうと言われたのですが、後々の病気のリスク等考えて手術してもらいました。
    結果的には大手術にならなかったし、愛犬も変わりなく元気なので手術して良かったなと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 かえまり

    我が家の犬をうちで引き取ったとき生後6ヶ月でしたが停留睾丸でした。
    手術も考えましたが、様子を見ることに。運動させれば下りてくることもあると獣医さんから聞き、まだ小さかったのでこたつの布団を使って運動させてみました。最初は変わりなかったのですが、1ヶ月したくらいから、下りてきだして結局は、無事に停留睾丸ではなくなりました。聞く話によると、停留睾丸をほっておくと、ガンになる確率が増えるとゆうことで怖い病気なんだと知りました‼年齢が小さかったら様子を見たらいいのでしょうが、ある程度したら手術をしないといけない事を知りました。 ガン犬のガンも多いのですね。食事や運動も大事ですが、早期発見でちょっとした変化も察してやらないといけないなとおもいました。
  • 投稿者

    30代 女性 テンのかーちゃん

    うちの子もオスで、子犬の頃に停留睾丸の疑いがあり調べたことがありました。しばらくの間片方の睾丸が降りてこなくて、病院で定期的にチェックしていたんですがいつのまにか普通に降りてきたみたいで問題なしになりました。
    いや~、本当にいろんな病気があるんだなと犬を飼い始めて早々すごく心配した出来事でした。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    トイ・プードルで7ヶ月になる仔犬が売られているのですが
    お店に動物病院の方が検診にきていて停留睾丸とわかったらしく
    しかもお腹の奥にあるそうなんですが
    お店の方に仔犬がその状態なら
    買うのあたり
    リスクもあるので
    値下げ交渉したら値下げをしていただけなく
    他のわんちゃん飼ってる方に聞いてみると7ヶ月になっていてしかもリスクがあるなら半顔には
    なるでしょ
    と聞いたのですが
    どうなんでしょうか
  • 投稿者

    女性 ポポ

    うちの犬も子犬の頃に健康診断で片方が停留睾丸の疑いがあると病院で診察されました。飼い主はまったく気が付かなかったので驚きました。まだかまだかと下りてくるのを待って、本当に少しずつ下りて来ました。下りて来たらすぐに去勢手術で取ってしまったのですが、家族みんなで大喜びした日を覚えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。