【多くあげすぎてませんか?】犬にとっておやつは"質より量、量より回数"!

【多くあげすぎてませんか?】犬にとっておやつは"質より量、量より回数"!【獣医師監修】

お気に入りに追加

犬はおやつが大好き!おやつ1つとっても、与え方の工夫で犬の満足度が違うって知っていますか?犬にとっては「質より量、量より回数」だということを知って、適切なおやつのあげ方を学びましょう。

12301view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にとっておやつは"質より量、量より回数"

犬は基本的に丸飲み

ドックフードやおやつをバクバク食べてゴクンと丸飲みしている光景を、飼い主なら何度も見かけたことがあるでしょう。
「そんなに丸飲みして大丈夫なの?」「のどに詰まったりしないの?」と心配になってきますよね?

でも大丈夫なんです。
人間と犬ではどれぞれの歯の役割が違っていて、前臼歯(前歯)は肉を引き裂くため、後臼歯(奥歯)はほとんど退化しており、人間のように食べ物をすりつぶすことはありません。ある程度小さく砕いて、あとは丸飲みすると言うのが犬の習性です。
なので、噛まずに飲み込むというのは犬にとっては普通のことになります。

ドックフードや肉類などであれば丸飲みしても、健康な犬であれば十分消化する機能はあるのですが、乾燥したジャーキーや硬いガムなどは消化しきれなかったり、丸飲みみした時に喉に引っかかると大変な事になりますので注意して与えてくださいね。

おやつパクッ・フレンチブル

人は噛めば噛むほど、犬は食べた回数によって満足度が変わる

人間は小さい時から「よく噛んで食べなさい」と言われて育ちますよね。噛むことによって満腹中枢が刺激されて、満腹感が得られるといいます。

犬の場合は上記したとおりよく噛むということはしないので、食べた回数が増えたら増えただけ満足感が大きくなります。
なので、1回分のおやつをまとめて与えるよりも、それをいくつかに細かく分けて与えるとより多くの満足感を得られることができるというわけです。
つまり犬にとっての食べ物は「質より量、量より回数」と単純明快です。

犬にとっての「おやつ」

総合栄養食であるドックフードをきちんと食べていれば、犬にとって必要な栄養は十分足りているのでおやつを必ずあげる必要があるわけではありません。
でもいつも同じドックフードばかりでは可哀そうだし、犬も喜んでくれるし・・・と色々思いますよね。
犬におやつをあげると良いタイミングや量を知っていれば、それは余分にあげていることにはならないのではないでしょうか。

サビィ・おやつ

あげていいタイミング=ご褒美

犬はおやつが大好きです。おやつのためなら「お手」だって「待て」だって覚えます。
なのであげるタイミングとしては、いつでも欲しがった時にあげるのではなくて、「お手」や「待て」などの飼い主の思いに答えた時に、ご褒美としてあげてください。
そうすれば飼い主とのコミュニケーションも図れて、犬にとっては褒められておいしい物も貰えるので楽しみになります。
また、大好きなおやつを食べることは犬にとってのストレスの発散や気分転換にもなるので、上手にあげてくださいね。

どれぐらいあげていいの?

与え過ぎに注意

おやつは1日の食事のカロリーの10~20%に抑えましょう。
市販のおやつは食いつきをよくするために味付けを濃くしたり、カロリーが高いものが多く、中には健康を害するものもあるかもしれませんので、おやつのパッケージの材料やカロリーの確認はしっかりしてください。

欲しがるからとたくさん与えると栄養が偏ったり、高カロリーのためにお腹がいっぱいで肝心のご飯を食べなくなる場合があります。
また高カロリーのものをたくさん与えると肥満の原因になり、ダイエットをさせないといけない状況になれば、犬にかなりの負担やストレスを与えてしまうので、与える量や回数は家族で話し合って決めてくださいね。

クッキー

おやつの手作り

おやつも安心安全なものを与えたいと思うのが飼い主さんですよね。
ごはんの手作りは栄養バランスを整えるのが難しいですが、おやつなら必要のない濃い味付けもなく、材料を変えれば低カロリーのものを作ることが簡単にできるのでおすすめです。

まとめ

いい顔・チワワ

犬にとって「おやつ」はおいしくて楽しい物。しかし与える量や物によっては、犬にとってデメリットとなる場合もあります。喜ぶ姿が見たくても、1番に愛犬のことを考えて楽しい「おやつタイム」にしてあげてくださいね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。