犬に湿疹ができる原因とは?そこから考えられる病気について

【獣医師監修】犬に湿疹ができる原因とは?そこから考えられる病気について

お気に入りに追加

突然の愛犬の湿疹…一時的なことだと思ってそのままにしてはいけません!湿疹は何かの病気のサインかもしれないのです。湿疹ができる原因と考えられる病気について説明していきます。

106575view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の湿疹

愛犬のお腹などに湿疹ができたことがありますか?毛の下が赤くなっていて湿疹がある状態は、何かの病気の症状である可能性が高いです。早いうちに処置しなければ痒みを伴い、どんどん広がることがあるので、日ごろからいつもと違った行動をとっていないか、やたらと痒がっていないか観察して、体の異変に気付いてあげましょう。

横になっている犬

湿疹の原因とは?

湿疹は、赤いぽつぽつとしたできものがいくつもできたり、広い範囲が赤くなっていたりする状態のことです。

そもそも湿疹とは、皮膚の炎症が原因で起こる皮膚炎のことです。皮膚炎の原因は、元々のアレルギー体質、ノミやダニの寄生、細菌やカビの感染、ホルモンの異常、偏った食事バランス、皮膚の状態変化などがあげられます。
皮膚の弱い子であるとシャンプーのしすぎで湿疹が出てしまう子もいます。

湿疹が出来ている状態では痒みを伴うことがほとんどなので、掻くことでさらに皮膚の状態を悪化させることにもつながります。
皮膚の抵抗力が低下していると皮膚炎を起こしやすいので、 早め早めの発見と処置が大切です。

湿疹から考えられる病気

では、湿疹ができたときに考えられる病気について、その症状と詳細について見ていきましょう。

ノミアレルギー性皮膚炎

症状

ノミの寄生しやすい腰から尻尾の付け根あたりに赤い湿疹ができ、とても痒がります。掻くことでさらに皮膚を傷つけ膿皮症を起こすことがあります。さらに悪化すると、脱毛や色素沈着、皮膚が分厚くなるなどの症状が出ます。

概要

犬の皮膚に寄生したノミが原因でアレルギー反応が起き、発症します。特にアトピー体質や食事アレルギーのある犬は、発症しやすいとされています。治療は、皮膚に寄生したノミと環境中にあるノミの卵・幼虫・さなぎを駆除することです。ノミの駆除・予防薬を犬に投与し、普段から部屋のこまめな掃除と、犬用のベッドなどを清潔にすることを心がけましょう。

膿皮症

こちらを見ている犬

症状

細菌感染の程度によって症状は異なりますが、皮膚が赤くなる、脱毛、湿疹、膿が溜まる、かさぶたなどの症状が出ます。顔やわき、股、指の間に現れることが多いです。

概要

膿皮症は、ブドウ球菌などの細菌感染が原因です。健康な状態であれば細菌の侵入を防ぐことができますが、不衛生な環境や擦り傷、老化、栄養不良の状態であると感染しやすくなります。皮膚に合わないシャンプーやシャンプーのしすぎで発症することもあるようです。治療法は、抗生物質の投与と薬用シャンプーによる薬浴。日頃から愛犬の皮膚と健康に気を付けることで防ぐことができます。

脂漏症(しろうしょう)

ぐったりとした犬

症状

脂っぽい液体が出る、悪臭、毛のべたつき、フケの増加、湿疹、脱毛、外耳炎などの症状がでます。

概要

脂漏症は、カビの一種のマラセチアの一種によって引き起こされる皮膚炎です。マラセチア皮膚炎とも呼ばれています。

マラセチアは犬に元々いる菌ですが、何かのきっかけによって爆発的に増加することで皮膚炎の原因になります。増加するきっかけは免疫力低下、脂質の過剰分泌、皮膚の湿度上昇、皮脂成分の変化、角質層へのダメージなどと考えられています。

先述した膿皮症と併発しやすく、皮膚状態を良好に保ち、栄養の偏らないような食生活を心がけることが大切です。ウェストハイランドホワイトテリア、トイプードル、バセットハウンド、ダックスフント、シーズー、ジャーマンシェパード、シルキーテリア、イングリッシュセターがなりやすいと言われています。

疥癬症

症状

背中に大量のフケが出る、赤い湿疹が出る、かさぶたができるなどの症状が起きます。かゆみが激しく、人に寄生することもあります。

概要

イヌセンコウヒゼンダニというダニが寄生することで発症します。既に感染している犬との接触や道具からの感染が原因です。治療は、殺ダニ剤で、イヌセンコウヒゼンダニを駆除します。
※犬種によっては使えない薬もありますので、獣医師とよく相談しましょう。

アトピー性皮膚炎

症状

目や口、耳、わきの下、お腹、足の先端などに激しいかゆみや皮膚の赤みが現れます。慢性化してしまうと、湿疹ができ膿皮症や脂漏症などの皮膚炎を併発してしまうことがあります。さらに外耳炎や結膜炎などの合併症を引き起こす可能性もあります。

概要

原因は人と同じで、ハウスダストやカビなどが体内に入り込み、体内の免疫が過剰に働いてしまうことが原因です。治療は、炎症やかゆみを抑える薬物療法が基本で、充分な保湿と原因となる物質との接触をできるだけ避けることが大切になります。また、食事変更や薬浴も治療の一環として取り組むこともあります。

まとめ

伏せをしている犬

湿疹は様々な皮膚炎の症状の一つです。小さいからといってそのままにしても回復しません。早めに治療に取り組むとこじれる前に症状が良くなることが多いですが、様子を見すぎると悪化しますので早めに動物病院にかかりましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    我が家の愛犬も梅雨の時期になると、お腹や内股の柔らかい部分に赤い発疹が出来ます。幸い毎年、家にある黄色の消毒薬で治るので症状は重くないのですが、現在13歳のシニア犬ですので、免疫が落ちてこないよう注意したいと思います。記事によると発疹の原因は様々で、早めに獣医さんに相談した方が良いものもあるので、愛犬の様子を日々チェックしたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    もしかしたら、湿疹を見つけたら少し様子を見てみようかなって思ってしまうと思います。
    でも、湿疹をほっておくと大変怖い病気のサインかもしれないんですね。まだ愛犬は湿疹は出たことはありませんが、もし湿疹を見つけたらすぐに病院に連れていこうと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わんちゃんに湿疹ができる原因は、ノミやダニによる皮膚の炎症なんですね。
    わたしは長年わんちゃんを飼ってきましたが幸い湿疹が出たわんちゃんはいませんでした。
    そのため、わんちゃんの発疹についてあまり詳しい知りませんでしたが、やはり色々な理由や原因があるんですね。今後のためにとても勉強になりました。
  • 投稿者

    女性 きなこ

    犬の湿疹は痒みが出る部分によってアレルギーなのか、細菌感染などによるものなのか判断が付けられると言われています。
    体の前面、特に前足脇の下、お顔周り、首回り、耳、お腹周りなどに赤い湿疹が見られる場合はアレルギーによるものが多いそうです。
    それに対し体の後ろ側、特に尻尾周りや背中から腰、足の先などに湿疹が見られる場合や皮膚被毛に何らかのトラブルが出ている場合は細菌感染によるものが多いそうです。もちろん事例の全てが当てはまるわけではなく、確率が高いということなので、ひとつの目安になるかと思います。

    免疫力を高めるのならヨーグルトを与えてみることも効果があります。皮膚が乾燥しがちな場合はアマニ油などを数滴トッピングすることで、徐々に改善が期待できます。
    皮膚を乾燥させないことで痒みもだいぶ軽減させてあげることができるので、ワセリンなどで保護してあげる方法もあります。もちろん事前に獣医さんに相談することも忘れずに。
  • 投稿者

    女性 ふうた

    うちの犬は、お腹によく湿疹かぶれのようなものが出来ます。赤いプチプチしたものです。原因はわかっていて、長時間のマナーベルト利用によるものです。ペットホテルやトリミングサロンなどに長時間預けることになると、他にも犬がいる環境だとマーキングをしてしまうためマナーベルトを巻くようにしています。でもお腹の皮膚が弱いのか、2時間程度でパッドをこまめに取り換えるようにしないとプチプチが出来てしまいます。なかなか私がいないところでは、こまめに取り換えることをお願いしずらく、ホテルへお預けする際などはもうあきらめています。帰って来てお腹にプチプチが出来ていると、きれいに拭いてオロナインを塗っていました。すぐに治ります。しかし先日動物病院でこの話をしたら、オロナインはやめてください、と獣医さんに言われてしまいました。オロナインは油ですので効果はないそうです。
  • 投稿者

    40代 女性 あーちゃん

    トイプー3歳の♀です
    下腹部に赤いポツポツと湿疹が出来ているんですが…原因が分かりません

    人間用の皮膚薬でも痒みは治まりますか?
  • 投稿者

    40代 女性 なるなる

    トーリーミングをしてきづきました!背中辺りにブツブツが出来ているので病院に連れて行きます!
    気づいて良かった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。