犬が立てない原因とは?考えられる病気や対処法について

犬が立てない原因とは?考えられる病気や対処法について【獣医師監修】

お気に入りに追加

普段、愛犬との生活で普通に歩いたり、お座りしたり、走ったりする事はごく当たり前かと思います。しかし、愛犬が突然立てなくなってしまったら…と考えると、心配で仕方ありません。犬が立てない原因や病気についてご説明させて頂きます。

141278view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が立てなくなる原因

立てない犬

歩行がフラフラしている場合

犬が後ろ足に力が入らずフラフラと歩いたり、足を引きずるように歩くといった症状は様々な原因で引き起こします。

腰や体がふらつき、麻痺などを伴う場合に多いのは椎間板ヘルニアという病気です。程度により症状の出方は様々ですが、脊髄の圧迫がより重度になるほどふらつきや麻痺の様子がひどくなる傾向にあります。また、排便や排尿が自力でできなくなる事もあります。

また、大型犬ではお尻を左右に振りながら歩いている、いわゆる「モンローウォーク」と呼ばれる歩き方を指している場合もあります。これは大型犬に起こる股関節形成不全という病気に特徴的な症状のひとつです。椎間板ヘルニアとは違い、麻痺を起こしてふらついているのではなく股関節に痛みが生じるためかばうように歩くことで左右に腰を振るような歩き方になります。

病気について

脳神経に関連した病気

主に椎間板ヘルニアが可能性としては挙げられます。歩行が出来ているのであれば良いのですが、麻痺状態の場合は重症化しています。その他、加齢に伴う変形性脊椎症、脳脊髄の腫瘍や外耳炎もしくは原因不明の末梢性前庭障害、チワワなどの頭が少し大きい犬種に起こりやすい水頭症、外傷による脊髄損傷などが考えられます。

筋・骨格系の病気

主に大型犬であれば股関節形成不全、小型犬であれば膝蓋骨脱臼、事故、レッグペルテスなどによるものなどがあります。

代謝性疾患などの病気

甲状腺機能低下症、糖尿病、低カルシウム血症やその他、貧血、低血圧、重症筋無力症などがあります。

犬が立てない場合の応急処置

歩行や様子を観察する

ふらつきを確認した際は、まず外傷の有無・痛みの有無・ふらつく以外の症状はないかなどを確認して下さい。

  • 足を引きずって歩く
  • 眼振がある
  • 首を片方に傾ける
  • 一方向にぐるぐる歩く

明らかな骨折などがないようであれば様子を見る

骨折などがないようであれば、1日安静にする事で改善する事もあります。様子をみて、それでも治らない場合は動物病院に行って下さい。

ふらつきと無関係に思われることも確認

ふらつく原因となる病気は様々ありますので、

  • いつからふらつくようになったのか
  • 食欲に変化はないか
  • 嘔吐はないか
  • 排便排尿は出来ているか
  • 飲水量は増えいないか

などをしっかり観察しておきましょう。一見ふらつくことと関係ないと思われることも診断の手掛かりとなることがありますので、少しでも気になる症状が見られる場合は医師にに伝えましょう。

転倒したりぶつからないようにガードする

ふらついていると足元がおぼつかず、転倒してしまったり、落下してしまうことがあります。二次的にケガをしないようにケージやサークルへ入れたり、タオルやクッションなどでガードをしましょう。また、足元が滑りやすいと転倒しやすくなってしまうのでフローリングなど滑りやすい床材の場合はカーペットやマットを敷いたり、それを固定するなどして対策をしましょう。

愛犬ココアの実体験談

普段マットを敷いたり、足裏のケア(一本で滑り止め・保護・除菌が出来るタイプ)をしたりしてケガ予防をしていました。因みにマットと滑り止めは100円ショップで足裏ケアはアマゾンのネットで購入しました。しかし、一か月ほど前、ソファにジャンプをして上手く上がれず着地に失敗してしまいました。右後ろ足を引きずって歩く様子で翌日すぐに病院に行き関節炎と診断されました。注射と内服薬で一週間ほどで回復しました。

マットと滑り止め、足裏のケア用品

回復後

ケガをした時は、一瞬の出来事で本当にびっくりしました。辛うじて、あまり時間がかからず回復してくれて一安心です。私の反省としてソファで良く抱っこをしていたせいもあります。今後は、基本の飼い主の足元にいる事を躾て行きたいと思います。今では、ドッグランで元気に走れるようになりました。

ドッグランで元気に走る愛犬ココア

まとめ

自分の経験から躾の大切さを改めて実際しました。かわいいからとついつい抱っこをしてしまい、愛犬にケガをさせてしました。今後は、愛犬の為に私の考え方を変えたいと思います。私の経験ではありますが、少しでも参考にして頂けたら幸いです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    記事にあるように、立てなくなる原因としてヘルニアや股関節形成不全等の問題も考えられますが、老犬の場合は筋力などが弱ってくるという事も考えられます。よく言われているのが、後ろ足から弱ってきて歩き出しても尻餅のように後足が上がらないというケースです。実際に知り合いの13歳のワンコも徐々に後足が弱ってきたそうです。我が家の14歳の愛犬は数か月前に老犬特有の『前庭疾患』になってしまい、眼振が左右にチカチカとなって足はよろけて立てなくなりました。しばらくは目が回った状態なので、真っ直ぐに歩けずにトイレもハーネスで引き上げながらさせていました。幸い、前庭疾患は日にち薬と言われるように徐々に回復しましたので、足取りも以前のようにふらつくこともなくなりました。そうした例もあり、年齢によっても立てなくなるのは様々な原因がありますので、日頃から注意してほしいと思いました。
  • 投稿者

    女性 MIMI

    先日、犬友達の家にお邪魔した時に友人の愛犬ちゃんがヨロヨロしていたのでとても心配になりました。友人の愛犬ちゃんは突然歩けなくなったのではなく、老衰の結果、足腰が悪くなってしまったようです。とても歩きにくそうにしていたので、見ているこちらまで切なくなってしまいました。しかし、今回の記事にもあるように、突然立てなくなったり歩けなくなったりした場合はかなり心配ですね・・・。人間の場合でも同じですが、「椎間板ヘルニア」は本当に厄介です!一度椎間板ヘルニアになってしまうと、本当に立ち上がることさえも困難になり、全く何もできなくなるので、痛みを言葉で表現することのできないワンちゃんたちにとっては、本当に苦痛だと思います。やはり毎日のケアで予防することができると思うので、ワンちゃんをよく観察してあげると良いですね。
  • 投稿者

    女性 シュナ

    愛犬にはいつまでも元気に歩いたり走ったり自分で動くことを楽しんでほしい、きっとどの飼い主さんも感じていることだと思います。うちの愛犬は3歳を過ぎたミニチュアシュナウザーですが、以前ラブラドールを飼っていました。ラブちゃんは病気をすることもありましたが、外科的な面ではとても元気で16年の寿命をまっとうしてくれました。今から10年以上前の話で、大型犬としてはとても長生きしてくれたほうだと思います。今思うことは、確かに加齢とともに目が見えなくなったり耳が聞こえなくなったりしましたが、幸い足腰は健康でした。田舎でお庭もあったので土の多い環境がよかったのかと私は思っていますが足腰が健康なことでわんちゃんの寿命ものびるのではないかと勝手に思っています。人も犬もそうですが、自分で動けることが精神的にも身体的にも長生きにつながるのではないでしょうか。先天性の病気は難しいかと思いますが、今の愛犬にも足腰だけは大切に育てたいと思っています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    ラブラドールが昨日夕方から元気がなく 今朝の散歩がゆっくりでした。 食欲はあったのですが 心配で夕方病院に行ったら急に前両足がつけなくなり 動けなくなってしまいました。 レントゲン脊髄を3枚撮ったのですが 病院行くまで歩いていたのに 急に歩けなくなることありますか?
    痛み止めを処方されていますが 歩けるようになりますか?
  • 投稿者

    30代 女性 ジャスミン

    実家で飼っているオスのミニチュアシュナウザー7歳ですが5日前に突然動けなくなりました。直ぐに母が病院に連れていき検査を受けましたが血液検査、レントゲン、MRIと異常はありませんでした。ただ発熱、CPRの数値が異常に高く何らかのの細菌が入っているかもとの事でしたが原因不明と言われました。細かい検査を受ければ原因がわかるかも、と大きな病院を紹介されましたが母は父と相談したいとの事でその場は帰宅しました。現在食欲はかろうじてあるものの排泄はトイレまでつれていかないとしないようです。あとは立たせて抱っこしようとするとキャンっと痛そうになきます。始めの頃は左足の付け根辺りに触れるとキャンっとないていましたが実際病院ではまったく痛がらなかったり、と不思議で仕方ありません。
    父は今かかっている病院でできる限りの検査をしてそれでわからなければそれはそれでこの子の寿命だから仕方ないと、知らない病院で検査を受ければストレスになるから可哀想だ!これ以上の検査はしないという結論でした。父の言い分もわかるのですが……原因がわからない、というのが心に残ります。どなたか何か手がかりになるような事やアドバイスがあればコメントよろしくお願いいたします。
  • 投稿者

    女性 らぱ

    犬が立てない時というのは、余程のことだと思います。
    骨や関節のケガなどであれば、その足をかばうようにして立ったり、動いたりすると思いますが、立てないとなるとかなり症状が重い時だと思います。
    病気が原因の場合には、命に関わることもありますので、安静にして様子を見るより、可能であれば一刻も早く病院に行く方が良いかと思います。
    足そのものに原因がある場合や、内科的疾患によるものの影響など、原因は様々ですが、原因がわからないというのが一番怖い気がします。
    足のケガは小型犬に多い印象がありますが、大型犬がケガをした場合は、体重が重い分、足への負担も大きくなるかと思います。
    日頃からできる限り安全な環境を整え、適度な運動で体を鍛えておくこと大切だなぁと改めて思いました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    ジャスミンさん

    発熱
    手足の痛み
    MRIで異常なし
    CRP高値
    からリウマチや免疫介在性関節炎かなと思いました。
    リウマチ因子や関節液検査をするといいかもしれません。

    実際に直接診てみないとわからないのであくまで参考としてください。
  • 投稿者

    50代以上 女性 キャパ

    昨日まで 元気だった子が 急に 歩行困難に なり 涙が出そうになるのを 抑えて 病院に行ったのですが 様子を見ましょうと なりまして。点滴と薬を いただき 帰ってきて ネットで また 他の方の文章を参考に 自分を 思い切り責めたけど 苦しんでるのは この子やから フローリングに マットを敷いたり 食欲はあるから 栄養のあるご飯 高たんぱく質を 取らせて いこうと考え これから 毎日 体に 良い栄養の勉強を していこうと思っています。
  • 投稿者

    50代以上 男性 ケンシロウ

    12日夕方より歩くことがしんどいのか悲しい鳴き声で動こうとはしません。今はたってよたよた歩いたり腹ばいで寝たりの繰り返し。食欲も全くありません。どのような病気があるのでしょうか。年齢は13歳です。朝までは元気に食事をしていました。今は水のみ少しですが飲みます。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。