東日本大震災で取り残された犬たちの今と、震災をきっかけに始まったこと

4599view

東日本大震災で取り残された犬たちの今と、震災をきっかけに始まったこと

東日本大震災では数多くの人が犠牲になりました。もちろんペットたちも。飼い主とはぐれてしまった犬、家に取り残されてしまった犬たちは今どうしているのでしょうか。そして、震災をきっかけに始まったこととは。

東日本大震災で残された命

earthquake

東日本大震災から5年が経ちました。
環境庁の調査によると確認されている数だけで、東日本大震災で亡くなった犬たちは、青森県で31匹、岩手県で602匹、福島県で約2500匹にものぼるそうです。
そしてその中には、家族と再会しても別れなくてはいけない子もいました。

2011年3月11日に起きた東日本大震災で、犬や猫たちの保護活動を行っていたNPO法人SORAアニマルシェルターの二階堂利枝さんは、震災後に被災動物シェルターを開設し、取り残された犬や猫を保護していました。
当時のことを、「遺体捜索をしている人たちの前で、飼い主とはぐれたペットを探していると話すと、白い目をむけられ非難されました。積極的に声をあげて捜索できるような状況ではありませんでした。」と話します。

震災後の3月末に避難指示が出ていた、福島県南相馬市や浪江町へ行くと、牛や馬は既に死んでいて、人だけが神隠しにあったような状況だったと言います。
二階堂さんたちは、飼い主を待って家の周りをさまよう犬や、鎖でつながれていたため逃げることができず餓死寸前の犬、ケージに入れられたまま糞尿まみれで毛が伸びきった猫などを保護していきました。

保護した犬や猫たちは、車に乗せると嘔吐する子が多く、吐いた中にはプラスチックや布、ひもなどが入っており、食べ物らしきものは何も入っていなかったそうです。

保護したペットたちの多くは家族に引き取られ、今現在シェルターにいるのは、犬22匹、猫24匹と保護した数の半分以下になりました。
その子たちも、今では元気に走り回っているそうです。

昨年、飼い主が家を新しく建てることができたため引き取られた犬がいます。
「チビタのために広い庭を作ったのよ」と飼い主である高齢のおばあちゃんは嬉しそうに話していたそうです。
新しい家でペットたちと共に過ごすことを楽しみに、震災を乗り切った人は多くいます。

東日本大震災での経験を生かすために

earthquake2

東日本大震災では人もペットも多くの犠牲が出ましたが、震災での経験は我々にどのようなきっかけを与えたのでしょうか。

同行避難の必要性

earthquake3

東日本大震災では取り残されたペットたちが数多くいました。
そしてそのまま亡くなった子たちも。

避難所ではペットと共に避難できる状態ではなく、そして飼い主自身も共に連れていってよいかの判断ができず、家に残してきた人がほとんどでした。

あまりの出来事に、ペットたちのことまで気にする余裕がなかったのでしょう。
自分の身すら守れるかわからない状況で、子供もペットも両方を守るというのは大変なことです。
しかし、残してきた人のほとんどがきっと後悔しているはずです。
もう後悔することがないように、今から震災時にどのような行動をとるべきか考えておかなくてはいけません。

同行避難は法律によって推奨されていることです。
熊本地震ではほとんどの飼い主たちが同行避難をしたことで、多くのペットたちの命が救われました。
これは東日本大震災で同行避難できなかったことがメディアで取り上げられ、呼びかけを行ったことがきっかけで飼い主たちへの認知度も高まった結果といえます。
全ての飼い主が同行避難について考えられるよう、引き続き呼びかけは行っていく必要があります。

ペット用物資の支援

earthquake4

東日本大震災をきっかけに、災害支援をメインにした動物保護団体が数多く設立されました。
熊本地震ではその団体からのペット用物資の支援が迅速に行われ、さらに必要な物資を求める情報拡散も積極的に行われています。

私自身も犬のブログ友達の呼びかけのおかげで、団体への寄付という支援があることを知りました。
人間用の物資だけでなく、ペット用の物資の支援も積極的に行われるようになったのは、5年前の震災がきっかけになっています。
支援団体の中には、熊本地震で現地へ物資を運ぶ手段がないため、団体自ら車で向かったところもあります。
現地の飼い主たちにとってどれだけ心強かったことでしょう。

震災時のガイドライン

earthquake5

自治体によって、震災時のペットの避難についてのガイドラインが出されている地区があります。
ガイドラインには先述した同行避難のことや、避難時必要なもの、今からできる避難時のためのしつけなどが記載されています。

人間用の避難袋を準備されている方は多いと思いますが、ペット用も準備してあるといざというときすぐに持っていけますね。

つい先日見つけたのですが、折り畳みができるメッシュ素材の簡易サークルが販売されていました。
クレートだとどうしても身動きがあまりとれませんが、簡易サークルであれば多少動けますし、折りたためるので避難袋に入れてもかさばりません。
今から必要なものはまとめておいて、いざというときに備えましょう。

まとめ

earthquake6

東日本大震災は多くの犠牲を出しましたが、今生きる私たちに「様々な支援の形」があるという事と、「自分にも手助けできることがある!」という気持ちを持たせてくれるきっかけになりました。

一人ひとりの出来ることは小さいかもしれませんが、その一人ひとりの思いが震災で頑張る人たちの支えになります。

私たちはどうしても起きたことから学ぶことの方が多いです。
二度と同じことを繰り返さないように、東日本大震災や熊本地震で経験したことを忘れず次につなげていきたいですね!

記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!