知って得する!犬用バスタオルの選び方

知って得する!犬用バスタオルの選び方

飼い主さんの皆様は、ワンちゃんのために使うバスタオルを使い分けていますか?使い分けている方はどんな風に選んでますか?是非買い替えの時にでも知って欲しい事があるんです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ワンちゃんのためのバスタオル

タオル

ワンちゃんを飼っているご家庭では様々な用途でバスタオルが欠かせません。
用途によって、素材によって使い分けている飼い主さんもいると思いますが、まだ使い分けていない飼い主さんには是非知って欲しいバスタオルのお話があります。
たかがバスタオルですが、素材の持つ機能によって結構な違いが出てくるんですよ。

まず分けてほしいも

バスタオルをワンちゃんに用意する上で、用途として分けて欲しいのは2つです。
ワンちゃんの体に触れるものだから、最低でもこの2つにはこだわって欲しいものです。

  • 就寝時にベッドやゲージなどの傍に置いたり、またはその上に寝るバスタオル
  • ご家庭でシャンプーした時に、タオルドライをするためのバスタオル

この2つは用途に合わせて素材などを変えるととっても役に立ってくれます。

シャンプー用

バスグッズ

シャンプー後に使うバスタオルのオススメ素材は、マイクロファイバーです。
聞いたことのある方や、今ご家庭で使っている方も多いと思います。
我が家でもシャンプー後には愛犬も人間もマイクロファイバーのタオルを愛用しています。

マイクロファイバーって

そもそもマイクロファイバーとは、化学繊維のから成るタオルのこと。
8マイクロメートル以下のとっても細いナイロンやポリエステルなどから作られています。

メリット

  • 吸水性に優れている
  • 保温性がある
  • 通気性もバッチリ

デメリット

  • 雑菌が繁殖しやすく臭いやすいため洗濯頻度が高い
  • 熱に弱い
  • 脆い
  • ホコリが出やすい

などのメリット、デメリット両方あります。
しかし、吸水力は目を見張るものがあるので、特に長毛種のワンちゃんのシャンプー後には、使い始めてそのタオルドライの簡単さに驚く飼い主さんが後を絶ちません。

就寝用

寝ている犬

就寝時に使うバスタオルでオススメの素材は、『オーガニックコットン』です。

言わずと知れた人間でもよく使う素材でできた、無化学物質の安全なタオルです。

メリット

  • アレルギーのあるワンちゃんでもOK
  • 肌が弱くても大丈夫
  • しっとりと厚手でふわふわ

デメリット

  • 乾きにくい
  • 糸が出やすい

とても一般的なバスタオルの素材ですが、このコットンタオルに種類がたくさんある事を知っていますか?

コットンタオルの種類

コットン

  • パイル

私達がタオルと聞いて極一般的に思い浮かべるものがこの『パイル』です。
特徴は表面積が大きく、水分をしっかりと吸収できるところです。

  • シャーリング

滑らかな手触りで引っかかりにくく、吸収力はパイルより弱めのデザイン重視なな製品向けです。

  • ガーゼ

肌あたりが良く、軽くて吸収力も高い優れものです。

  • ワッフル

表面がデコボコしている厚手の生地。柔らかく吸収力も抜群!更に乾きやすく、糸抜けもしづらいです。

まとめ

マイクロファイバーとオーガニックコットンのバスタオルについて紹介しましたが、どちらも名前は知っていても、特にコットンタオルにこんなにも種類がある事は知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

ワンちゃんの体に直接触れるものだからこそ、素材や用途に合わせて選んだタオルを使いたいですよね。
コットンタオルの細かい種類については、飼い主さんが自分のワンちゃんにはどの種類が適しているか、見極めてあげてワンちゃんも快適に、飼い主さんも使いやすいものを選ぶのが一番です。
それは、ワンちゃんの事を誰よりも理解している飼い主さんにしかできない選択だど思います。

私も愛犬のために、どんな機能や素材のバスタオルが良いかとても悩みました。
色々試していくうちに愛犬の好みや、私の使いやすい種類が分かってきて今ではそれをずっとリピートさせて頂いています。

皆様も、飼い主さんとワンちゃんの両方にぴったりマッチするようなタオル選びを、じっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    今回記事を拝見して、用途に合わせてタオルの素材を選ぶという事が大切だとあらためて思いました。上に乗って就寝する際に使用するタオルは、やはり肌触りが良いものが一番だと思いますし、シャンプー後にタオルドライする時に使用するものは「吸水力」が重要視されると思います。我が家でも大型犬なので、シャンプー後には《超吸水タオル》を2枚使用して(写真有)1枚目は大まかにザッと水分を拭き取り、2枚目は耳の裏の毛や内股などの細かい部分も丁寧に拭き取るようにしています。吸水力がかなりあるので、この2枚でだいぶタオルドライが出来ます。ドライヤーでの乾燥が苦手な子や、長毛で乾かすのに時間がかかる子には是非オススメしたいタオルです。小型犬には小さいサイズもあるので、犬種に合せて選べるのも良いと思います。
    momoの投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 ろーやん

    今まで何も考えずにシャンプー後のバスタオルは私のおさがり「コットン」のバスタオルを使っています。
    でも、タオルでも色んな種類があるように、ワンコの毛の長さや毛質なども考えて使った方が良さそうですね。
    うちはトイプーなのでとにかくシャンプーよりもその後の乾かす作業の方が一苦労。
    ある程度水分を吸い取るタイプのタオルを選ばないとダメですね。
    記事からするとガーゼタイプかワッフルタイプでも良さそうです。
    マイクロファイバー系は何となくですが水分を吸い取らないイメージがあります。吸水性が高くなるまでに頻繁に洗わないとダメのような・・・
    確かに、うちのワンコ用タオルはそうそう毎日洗うものでもないのでどうしても湿気が残ってたりするとカビが残ってるところもあるのが気になってました。考えたら恐ろしいですね。反省・・・すぐにでも新しいバスタオル新調したいと思います!
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    ワンちゃんに使用するタオルを用途によって分けなければならないとは理解していましたが、素材にまで拘った事は犬を長年飼育していて一度もありませんでした。

    確かに、お風呂用に使用するタオルは水の吸収性が良くないと愛犬が皮膚の病気になってしまう可能性が高まります。
    また、お昼寝用のタオルは柔らかく、通気性の良い素材の方がワンちゃんがリラックスし、熟睡出来るというメリットがあります。

    愛犬も家族同様に育てていますが、これまでタオルの素材にまで考えを巡らす事が出来なかったので、飼い主として反省しています。

    今後はドッグフードやおもちゃだけに拘るのではなく、使用するタオルについても拘りを貫き通したいと感じられました。
  • 投稿者

    20代 女性 べあ

    可愛がっているからこそわんちゃんに使うものにもこだわりたくなりますよね!
    私もマイクロファイバータオルは使ったことがありますが、シャンプーの時にはこれを使うと水をすごく吸ってくれるので、床とかに垂れたりすることも減りました。
    ドライの時間短縮になるので、あまりドライヤーの好きでないわんちゃんには負担も減ってすごくおすすめです。

    またアレルギーに悩むわんちゃんは何を使うにも警戒してしまいがちですが、オーガニックコットンはデリケートな子にも使えていいですね。
    オーガニックコットンの人気はわんちゃんだけでなく赤ちゃんへの利用にも最近すごく人気がでているようですね。人も安心して使える素材だと飼い主にとってはすごく嬉しいです!
    子犬の間のまだ飼ったばかりで体質もわからない時などには特に安心して使えそうです。
  • 投稿者

    20代 女性 ぽちまる

    我が家の愛犬は雨の日でもお散歩が必要なので濡れた身体を拭いてあげるタオルが欠かせません。
    我が家の愛犬はシェットランドシープドッグという犬種で毛が長いので吸水力がいいものを選ぶようにしています。
    やっぱり記事にもあるようにマイクロファイバー製のタオルは良いですね。
    また毛量が多いのもあり仕上げ用に1枚別に持っています。
    仕上げ用があると水分を最後までしっかり吸い取ってくれるのか毛もふんわりとしてくれてオススメです。
    もちろん拭いたあとはすぐに手洗いして清潔にするように心掛けています。
    また冬はタオルをしいて寝ているのですが、いつも適当に肌触わりが良いと思ったものを与えていました。
    ですがシャーリングという生地が気になったので調べてみると安価で肌触わりも良さそうですね。
    今年の冬はこれを参考にシャーリング生地のタオルを購入する予定です。
  • 投稿者

    女性 白川

    愛犬をお風呂に入れた後に拭くバスタオルは、人間用に使っていたものを犬用にして使っています。ある程度使い込んだタオルは吸収性が増すので、お古だからというわけではありません。
    シャンプーをした後のタオルドライの時はバスタオル3~4枚程必要になります。枚数も多く用意しておかなくてはならないので大変です。
    シャンプー後、愛犬に着せるタイプのタオル生地の服もありますね。便利なので数着用意しておきたいです。

    マイクロファイバーのタオルは一度試したことがあるのですが、愛犬のシャンプー後に翌日まで濡れたタオルを放置したら悪臭が酷かったのでそれから使用していません。メリットもあるけれどデメリットも大きかったです。記事にもありましたが雑菌が繁殖しやすいんですね。でも使い方を考えればとても便利なタオルです。ドライヤーで乾かす時に愛犬の上に掛けて、その上からドライヤーを掛けるとどちらも同時に乾いていいかもしれませんね。

    愛犬のベッドにあるクッションの上に敷いているのはパイル地のバスタオルです。ずっと寝ているとお腹の湿気が気になりますが、このパイル地のタオルが吸収してくれるのでさらっとして寝心地もいいようです。
    パイル地だと厚みもあるので触り心地もいいです。
  • 投稿者

    30代 女性 joe

    うちでは、愛犬のシャンプー後のドライ用に洗車用の超吸水タオルを使用しています。セルロース素材で出来たスポンジのようなタオルで、吸水力がハンパなく、タオルドライ後のドライヤーの時間短縮にもってこいでおすすめです。一度これでシャンプー&ドライをやったら、普通のタオルで何度も水分をふき取るのがあほらしくなるほどの威力です。普通のタオル地のタオルで拭いてからドライヤーをするより半分ほどの時間でドライヤーが完了します。我が家では髪の長い女性陣も愛用するようになりました。恐らく美容グッズとしても同じ素材の吸水タオルは売っていると思いますが、価格もそう高くないので一度お試しして欲しいです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。