愛犬にマイクロチップは必要なの?迷子時の有効性

愛犬にマイクロチップは必要なの?迷子時の有効性

「ウチのワンコが見当たらない!!まさか迷子!?」…なんてことがあったらとても心配になりますよね。そんなときに便利とされている「マイクロチップ」ですが、本当に効果があるのでしょうか?獣医さんにお話を聞いてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

マイクロチップとは

マイクロチップ
日本獣医師会HPより

マイクロチップ(MC)は、直径約2mm・長さ約12mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。

電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、要するに動物の小さな小さな名札と考えてください。

その中には、個体識別番号が書かれた機能や、アンテナの役割を果たすコイル等が収めてあります。また、ICチップという名前でも呼ばれています。

マイクロチップに書かれている番号は、専用のリーダーという器具を使って読むことができます。

東日本大震災が起きて被災ペットの話題が出たため、マイクロチップを埋め込む飼い主さんが増えたと聞きました。

我が家も全頭入れています。
これで万全!と思って喜んでいましたが、実は。。。な話を獣医さんから聞くことができました。

マイクロチップの疑問???

疑問

マイクロチップは入れただけでは何の意味もありません。

入れた後、しっかり登録をして完了となります。

実際に迷子になってしまった場合、収容先(保健所・動物病院等)でリーダーを読み取ってもらって、初めて身元が分かるのです。

しかしながら、どこの自治体・病院でもリーダーを持っているかと言ったらそうではないそうです。

実際、私の通っている病院はリーダーを持っていないそうです。

獣医さんは
「いくらマイクロチップを入れていても、収容先で設備(リーダー)や知識が無くては何の意味もないんだよ。まずは設備を充実させてからじゃないとね。せめて1つは支給してくれないと」
と言っていました。

リーダーはそれぞれ自費負担だそうです。
1つ数万円と決して安くないので、なかなか全ての所に普及するのは難しいですね。

迷子札と併用しよう!

結局、迷子札と併用する事にしました。
首輪についていれば分かりやすいですしね。

皆様のお住いの地域・かかりつけの病院は大丈夫ですか?
愛犬のためにも、一度確認してみるのもいいかもしれませんね。
(まぁ、迷子にならないにこしたことはないですが。。。)

迷子にならないことが一番だワン
『何よりも、迷子にならないことが一番だワン』

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。