犬の膵炎の初期~末期症状や治療法、予防する方法まで

犬の膵炎の初期~末期症状や治療法、予防する方法まで

お気に入りに追加

犬が膵炎と診断を受け、不安な飼い主の方もいるのではないでしょうか?人でも膵炎になる人はいますが、それが一体どんな症状なのか詳しく知っている人は多くはないでしょう。愛犬がこの先どうなってしまうのか、治るのか、いろいろ心配があると思います。膵臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、気づかないうちに症状が進行していることもあります。今回は、犬の膵炎の症状や治療法、そして予防の方法を詳しく紹介します。

174507view

犬の膵炎には種類がある

悲しそうな顔の犬

膵臓とは、食べ物を消化する酵素(アミラーゼ、トリプシン、リパーゼなど)と、血糖値の調節を行いながらホルモン(インスリン、グルカゴン)を分泌させる臓器のことを言い、膵臓で分泌された消化液は膵液と呼びます。

犬の膵炎は、何らかの理由によって髄液が活性化してしまい、自身の膵臓自体を消化しようとして強い炎症を引き起こしている病気です。消化器官が弱ってきている老犬は特に発症しやすくなっています。そして、この膵炎には「急性膵炎」と「慢性膵炎」の二つの種類があります。

急性膵炎

急性膵炎とは、膵臓の急性炎症でほかの臓器にまで様々な影響を及ぼします。ある日突然、犬が下痢や嘔吐を起こし、激しい腹痛の様子が現れることが多く、食事を全く食べなくなるのが特徴です。

慢性膵炎

慢性膵炎は持続性の炎症が起こる進行性のものです。具体的には、膵臓の細胞が破壊され、膵臓に線維が増えて硬くなっていく炎症が犬の膵臓内で徐々に起きています。慢性膵炎も嘔吐や下痢などの症状がでて、長期間にわたって断続的に繰り返され、犬は痩せることが多いです。

犬の急性膵炎の症状

伸びる犬

初期症状

急性膵炎症の初期症状は、まず犬の食欲がガタンと落ちます。また突然嘔吐と下痢が起き、よだれの量も増えます。黄色い脂ぎった便もみられることがあります。

痛みから呼吸が浅くなり、重症化した場合は呼吸困難やショック状態になるケースもあります。また、膵炎は激しい腹痛を起こしているはずなので、犬にそのような様子が見られることもあるでしょう。

犬の腹痛の見分け方に「お祈りのポーズ」と言われているものがあります。犬が前傾姿勢で前足を低く構え、お尻は高く上げている姿を言います。これは「プレイバウ」という犬が興奮しているときにするポーズとほぼ同じです。

腹痛でこのポージングをしている時は、飼い主が犬のお腹を触ろうとすると悲鳴のような声を上げる、怒るなどの拒否反応を示します。また、抱っこも嫌がるでしょう。下痢、嘔吐、よだれの症状がある犬がこのポージングをしているときは、腹痛を起こしていると判断してください。

末期症状

膵炎の末期の症状で、犬の眼の白目部分などが黄色っぽくなることがあります。これは「黄疸」と言われる症状です。また、腎不全や糖尿病などの合併症を引き起こすことがあります。

さらに、激しい炎症のため犬の体内の免疫機能が狂ってしまい、臓器内の細い血管に血液が詰まる状態の「血栓」ができてしまうこともあります。血栓によって様々な臓器が傷つけられることや、ショック状態になるなど重症な症状が出ることもあります。

犬の慢性膵炎の症状

ぐったりするシュナウザー

初期症状

慢性膵炎の場合も、症状は急性とほぼ同じようなものが現れますが、急性は突然症状が現れるのに対し、慢性の場合は徐々に症状が現れる為、気づくのが遅くなる場合が多いようです。

犬の食欲はだんだん低下して元気がなくなっていき、断続的に下痢や嘔吐を繰り返します。消化機能が低下しているので、口臭がすることもあります。

ただし慢性膵炎になっている犬の場合にも、突然膵臓の炎症が激しくなることがあります。これを急性増悪(きゅうせいぞうあく)と言い、炎症の程度によりますが、下痢、嘔吐などの症状が急に多くなり激しくなります。

末期症状

慢性膵炎の末期の症状は、急性膵炎の末期とほぼ同じような症状がおこります。また、膵炎により「播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(DIC)」という炎症疾患が進行し、これが末期状態になってしまうと、死亡率が上がり犬の寿命に大きな影響を与えることになるそうです。

犬が膵炎になる原因

体重計に乗る犬

犬が膵炎を引き起こすはっきりした原因はまだわかっていません。ですが、肥満を招く偏った食生活、それにより引き起こされる高脂血症が強く関係しているのでは?と言われています。

また、飼い主の気づかないうちに、犬が油っぽい物を盗食していた場合など、体に良くない食べ物を口にしてしまうことにより起きる場合もあるようです。そのほかには、ホルモンが原因の病気(甲状腺機能低下症、糖尿病、クッシング症候群 など)や、ストレスが引き金となっている可能性も考えられています。

犬の膵炎の治療法

獣医から薬をもらう犬

点滴・投薬

犬が膵炎になった場合の治療では、炎症や痛みを抑えるためにまず点滴を行います。これにより、膵臓や全身の循環機能は改善され安定します。腹痛を起こしている場合が多いので、その場合は痛み止めを、嘔吐がある場合は吐き気止めを投薬します。

症状が重症な場合や、合併症が起きている場合は死に至る可能性もありますので、集中治療のために入院をさせます。入院期間は症状の程度にもよりますが、1週間くらいかかることが多いようです。嘔吐や下痢が治まり食欲が戻ってきたら退院し、自宅での投薬治療に切り替えます。

絶食・絶水

犬におよそ3日前後の絶食絶水をさせます。これにより膵臓が休まり、炎症も抑えることができます。犬がご飯を食べたり水を飲んだりすると、膵臓は活発に働き、膵炎の炎症を悪化させてしまうので、それを防ぐために必要な期間となっています。

療法食への切り替え

膵炎の犬に良い低脂肪の療法食に切り替えることがあります。膵炎の犬に適した低脂肪の療法食のドッグフードもあるそうなので、医師からそれを指定されることもあります。

市販品のフードやおやつは高脂肪のものが多いので、膵炎と診断されたら、これまで与えていたフードやおやつをそのまま与えても良いのか、ひとつひとつ獣医師に確認した方が良いでしょう。

また、手作りのごはんを与えているご家庭も、食事の見直しをすることになるでしょう。油の多い物を控え、野菜や脂肪分の少ない食べ物を中心としたメニューに切り替える必要があります。

犬の膵炎を検査で判断する方法

犬の血液検査

犬に膵炎の疑いがある場合は、下記のような検査を行います。どれかひとつではなくこれらを組み合わせて行い、ほかに考えられる膵臓癌などの可能性なども踏まえながら総合的な判定をします。

血液検査の数値に異常がないか

犬に膵炎の疑いがあるときは、まずは血液検査を行います。血液を遠心分離機にかける測定法です。採取量はほんの1~2㏄程度です。膵炎の場合は、CRPという検査の数値が上昇します。この数値の大きさで、炎症の大きさが判断されます。

また、膵臓の細胞に異常があると、血液中のリパーゼ(脂肪消化酵素のひとつ)の量が、通常の数百倍にも膨れ上がるので、診断の目安となっています。そのほか、様々な検査の数値の結果を総合して、膵炎かどうかが判断されます。

犬膵特異的リパーゼ検査用キットを用いる

膵炎を判定するための、専用検査キットを用いる場合もあります。これは、犬の血液をキットに垂らし10分ほどで判定がでます。検査の結果が正常ならば、膵炎の可能性は低くなり、異常値であれば膵炎の可能性が極めて高くなります。

レントゲン検査、超音波検査

重症な膵炎の場合、犬の膵臓だけでなく周辺臓器にも異変が見られることがあります。肝臓や十二指腸が白っぽく見えていたり、胃の周辺が白っぽく映っていたりするときは重度の膵炎の可能性が出てきます。また、胃の周囲の脂肪組織がギラギラして見える場合は膵炎の疑いが出ます。

犬の膵炎を予防する方法

ドッグフードを見る犬

膵炎は、発症の決定的な理由は明らかになっていません。しかし、健康的な食事を心がけることで、予防も可能な病気とも言われています。犬におやつを与えすぎることや、嗜好に偏った食生活をさせてしまうと膵炎になる可能性は高くなります。健康なうちから、食生活に気をつかってあげることが予防へとつながるでしょう。

また、それぞれの犬種に合った適度な運動は大切です。肥満気味の犬に発症例が多いとも言われているので、日頃からの体重管理も大切です。

膵炎の犬に食事をさせるポイント

バランスの良い食べ物

犬の食事は、低脂肪の物に切り替える必要があります。手作り食を与えている家庭の場合は、ささみ、さつまいも、じゃがいもなどが良いと言われている食材です。普段の食事だけでなく、おやつにも取り入れると良いでしょう。

しかし、膵炎を治そうと低脂肪にこだわり過ぎて、ほかの栄養分が足りなくなってしまうこともあるので、そのバランスが難しいところです。時には食事メニューを書き出し、診察の際に獣医師さんに栄養バランスの相談をするのも良いかもしれません。

ドッグフードにも、膵炎の犬用に考えられた物があります。一般的に市販されているドライタイプのドッグフードの脂肪含有率はおよそ13%と言われていますが、これは、膵炎を起こしている犬には多すぎる含有量です。膵炎の犬の場合、脂肪分は5%くらいのフードが理想です。

また、膵炎を起こしている犬は、消化機能が弱っています。消化吸収を助ける働きが考慮されたフードが適していますので、切り替えることをおすすめします。

犬の膵炎は再発する?繰り返し起こる場合は

元気の無い犬

膵炎は再発の可能性がある病です。再発と診断された場合は、再び絶食絶水になることもあるそうです。

犬によっては、慢性膵炎から急性膵炎に変わることもあります。膵炎が繰り返し起こることを防ぐことは難しいのですが、食事の管理と定期診を怠らないことが大事でしょう。

また、ほんの少しの異変にも躊躇せず、即病院へ行くことも大切です。特に、膵炎の症状の嘔吐や下痢のほか、ちょっと口臭がする場合は、消化器官がまた弱ってきているサインです。日頃から気を付けてみてください。

まとめ

女性と手を合わせる犬

犬の膵炎は完治は難しいですが、症状が軽いうちならば適切な治療をしながら元気に過ごすことができます。一方で重症化してしまうと亡くなることもある病です。早期発見・早期治療が非常に大切です。

どの病気にも言えることですが、膵炎は特に日頃の食生活が大事です。「可愛いから」「欲しがるから」と言ってつい人間の食事を分け与えたり、好物ばかりを与え続けていたりすると、それが犬の健康をむしばむ結果になってしまいます。

人間と同じく健康的な食生活と健康管理を怠らないことが大切です。いつまでも犬に元気でいてもらえるよう努めていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 すず

    犬の膵炎は正直あまり詳しく知らなかったので、とてもこの記事に興味がありました。読んでみると自分が少し知っていた部分もありましたが、ほとんど知らないことばかりだったのでとても勉強になりましたし、こわさもわかり間違った情報もあったりするので正しい知識を知れて良かったです。気をつけたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    記事を読んでとても辛くなりました。犬は痛みを我慢する生き物ですよね。うちの愛犬もそうでした。脚を痛めているのに一生懸命自分で舐めて大丈夫そうな顔をして…。膵炎て、怖い病気ですね。ずっと痛みと戦わなければいけない苦しみは、きっと代わってあげたいと思ったでしょうね。しかも特効薬がないとは…。未然に防いであげることしかないですよね。
  • 投稿者

    20代 男性 めだか

    この病気がとっても恐ろしい病気であることを知るとともに、高カロリーなお菓子は控えめにしないといけないなと思いました。
    わたしの家の犬はちょっと太り気味なので、将来の病気が心配です。これからは食生活についてしっかりと考えていきたいと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    昨日より愛犬の調子が悪く、本日仕事終わりに動物病院で急性膵炎と診断されました。
    愛犬はまだまだ若く、先生にも若さと気力で元気に見えるだけと言われました。
    診断結果の数値なども見せて頂き、後悔しかありません。
    即時入院させましたが、今不安でいっぱいです。
    犬を飼ってるのに、犬の病気がどんなものなのか深く考えずまだ若いから大丈夫と楽観視していた自分に怒りもあります。
    急性膵炎の記事が書かれてるものを只今読んでいます。大変勉強になりました。
    あとは、まず家に帰って来てくれることを信じ、そこから飼い主として、家族としてしなければいけないことを考えたいと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    うちの子も膵炎でした。子犬の頃からお腹が弱くて、よく嘔吐や下痢をする子でした。段々とその頻度が増えていきました。何度も吐き、フラフラになりながらもトイレに行き血便と言うより下血をしました。出血で死んでしまうんじゃないかと思うくらい。それでも、「お腹が弱いね、神経質だからかな…」と言われ病院を変えました。そこで初めて膵炎と診断されました。その後も何度か入退院を繰り返し、一度は「最善を尽くしますが万が一と言うこともあります…」と言われるほど悪くなったこともありましたが、今は、元気です。「悪くなってから治療をするよりも、悪くならないように予防した方が良いですよ」と言われ、ずっと投薬と食事制限をを続けてます。
    "お祈りのポーズ"という、頭を下げてお尻を上げてお腹を床につけるようにするポーズがあります。これはお腹が凄く痛いときにするポーズだそうです。皆さんも気を付けてあげてください。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちの老犬15才も1月2日朝急に吐き、下痢(垂れ流し状態でした)をしました。ブルブル震えてこれはおかしいとすぐに病院へ連れていき血液検査、エコー、レントゲンなどで膵炎だと‥‥その時点でリパーゼ1000を超えていて、入院通院と繰り返しましたがリパーゼ4000超、しまいにゃあ10000超で先生もこんな数値見た事ないと頭を抱えていました。貧血もひどくなり、避妊手術をしてなかったので大きな乳腺腫瘍があって15才で手術は怖くてしなかったのですが腫瘍が貧血の原因かもと先生と相談して腫瘍摘出術をしました。腫瘍摘出後もリパーゼは700で、膵炎の症状は出てないので食事療法で様子を見る事に‥‥術後1ヶ月半でやっとリパーゼ64平均までさがりました。まだ食事療法は続けてます。あの時は痛み止めが切れるとブルブル震えてクゥーンクゥーンと鳴いていて抱っこしてさすってあげる事しかできなくて、今思い出しても辛いです。
    膵炎恐ろしいですね‥‥そして、年中無休の動物病院が近くにあった事も助かりました。始めて行った病院でしたが、すっかり常連さんになってしまいました。
  • 投稿者

    女性 ぷー

    犬にもこんなに危険な病気があるなんて、知りませんでした。犬にとっても人間にとっても怖い病気なのですね。実は最近、愛犬が食べ物を食べた時によく吐いてしまうようになってしまったので、病院へ連れて行こうと思っていました。しかし、食欲はあるので、急性膵炎とは少し違うかもしれませんが、この病気の可能性があったら・・・と思うとゾッとします。しかもこの記事の筆者の方の愛犬は急性膵炎で亡くなってしまったのですね。2週間程度で逝ってしまったようですが、そんなに短期間で亡くなってしまうとは恐ろしい病気です。日頃の食べ物についても気を付けないといけないですね。犬は言葉が離せないので、飼い主さんがしっかり管理してあげないといけませんね。
  • 投稿者

    40代 女性 チャッピー

    うちの愛犬マルチーズ16歳も2年前に突然の下痢から下血となり、夜中に夜間ドクターカーを呼び止血をしてもらい翌日緊急入院しました。この時は体温が下がり危篤状態と言われました。10日間の入院でどうにか一命を取り留めましたが、それからは下痢が2日続くと腸炎から膵炎となり、両足に麻痺が出て、手がつけられない程に泣き叫んで、病院へ行くのも一苦労となります。今は下痢が2日続いたらすぐに入院させるようにして、膵炎にまでならないように気を付けています。
  • 投稿者

    40代 女性 meru

    こんにちは。はじめまして。わが家の愛犬も急性膵炎と診断されました。
    1歳8か月のミディアムプードル♀です。今朝、急性膵炎で入院しました。いつもは一日2~3回、とても良いウンチをするのですが、昨日の午後下痢便をしました。夕食は少しだけ摂りました。深夜から嗚咽を繰り返し、出るものがないのか、鼻水のような液を数回吐きました。朝は、いつもと違っておとなしく、日課の庭のドッグランにも出ようとせず、大好きなミルクガムも見向きもしませんでした。8:00頃吐血。9:00にかかりつけの動物病院へ受診しました。血液検査の結果、膵炎を表わす数値が400台とかなり高く、ドクターが膵炎検査キットで再度検査をしてくださり急性膵炎と判明。点滴・投薬治療に入るということでそのまま入院。一週間ほど入院の予定です。
    20数年ぶりに迎えたワンコで、室内犬(小型犬)は初めてで、過保護にしすぎました。サイエンスダイエットやカナガンなどのドライフードでは食事が進まないのでと、缶詰を混ぜて与えたり、ジャーキー系を食事代わりに与えたりと、間違いだらけでした。いわば高脂質食を与え続けた結果のようなのです。
    2か月前に混合ワクチンを投与したのですが、生まれて初めのワクチン投与の際、体調不良をおこしたので、迷いに迷ってのワクチン投与でした。その際はドクターと相談して、種類を最低限にし、ワクチンの副作用が出ないお薬を使い、薄めて投与していただきました。その時の体重が4.8㌔だったのですが、今日の体重は5.4㌔になっていました。
    犬の情報誌や、トイプードルの飼い方などの本も読んでいたのですが、本当にダメな飼い主で、ワンコに
    申し訳なく、泣きたいのはワンコの方だと思うので泣くに泣けません…ただただ猛省するばかりです。
    犬はおもちゃや、可愛がるだけの対象ではないのですよね。言葉がしゃべれないワンコはどれだけ辛いのか計り知れません。私のような経験の浅い飼い主の方、飼い方がわからない方は、ぜひ獣医さんや、経験豊富な飼い主さんのアドバイスを活用してください。
    早く元気になって帰宅できることを心から希望んでいます。ごめんなさい。
    経験のある飼い主様、予後のアドバイスなどいただける方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いいたします。
  • 投稿者

    50代以上 女性 まりも

    我が家の愛犬は8歳のミックス♀。3年前からてんかん発作がでるようになりました。何度かの発作でびっくりしていたけど段々頻回となり徘徊して目が離せない状態でした。一回時間は短いけどひどい時は1日に10回超の時もありました。口から泡を吹いて見るのがとても辛いです。行きつけの病院でMRIの検査を進められ結果を見て薬を始める事にしました。その時も薬は飲ませていたけど発作が変わらない為です。結果は何にもない状態でてんかん発作という病名です。異常があったらそれが原因になるからです。そこから発作が出た時に飲ませるとんぷく的な薬が加わりました。その薬を始めてからてんかんの痙攣は軽くなったようにはあるけど食欲がなくなり、下痢が続くようになって来ました。最初は薬を飲んでるとかは考えられなかった。てんかんの発作でいっぱい々で。その下痢が何回か繰り返しておきるようになった事に気づいた時は膵炎になっていました。たぶん薬による副作用と思われますが発作も怖いしどうしたらいいか困惑してます。下痢が続いて点滴の日々でかわいそうな限りです。どっちを優先するかは膵炎の治療だとわかっていますが発作も大変でかわいそうです。早く平和に暮らせたらと思うけどずっと続いて行くんでしょうね。何にもない日に元気に散歩行くのだけは続けたいかな。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    当方9歳の中型犬を飼っています。血尿、血便、血反吐の症状があり、病院で診てもらうと膵炎の疑いがあると言われました。
    前日に嘔吐したこともあり体調を心配していましたが、暫く経つといつもの様に元気になったので安心していました。しかし翌日になると見るからに苦悶の表情を浮かべ体温も下がっているように感じたので至急病院に向かいました。現在はいくらか落ち着いていますが今後も安静にする必要があるようです。
    振り返ってみると菓子パンの端と言ったヒト用の食物を上げていたのが原因の一つであったと思います。自分の安易な判断によって愛犬を苦しめてしまったことを深く後悔しています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名40代

    12歳のダックス。半年前に胆泥症と診断されてウルソとスパカールを3か月ほど飲んでのちにウルソだけに減薬しました。4日前に膵炎とのことで3日間の入院をしました。消火器サポートの缶詰30グラムから餌を再開しました。老犬なので手術はしないつもりですが、穏やかな余生を送ってほしいと願っています。
  • 投稿者

    40代 女性 翔やん

    我が子はチワックスのMIXで10歳でした。
    仕事が終わり帰宅したら数カ所に嘔吐が。
    暫く様子を見ようと、安静にさせていて、水を飲んだら秒速で嘔吐。
    あきらかにおかしいので、開いていると病院を探したが、ゴールデンウィークの、夜中で、どこも電話にはでてもらえず。
    次の日何とか開いている病院を見つけ連れていったら…
    膵臓炎と、糖尿病と言われて
    覚悟しておいた方がいいと…
    即入院。
    まさか!昨日まで元気だったのにそんなはずははい!と、信じなかった。
    次の日、旦那と一緒に病院にお見舞いに。
    私達の姿を見たら起き上がり、そのまま心臓が止まってしまった…
    先生が、蘇生をしてくれたけど、一度戻ってきてくれたけど、いってしまった…
    この記事を読んで思ったのが、人の食べ物。そして、皮膚が怪我してて、ステロイドを飲ませていた事。
    思い当たる節が沢山あり、本当に、我が子がそんな痛みを抱えていってしまったとわかって、また涙が止まらず自分に腹が立ってしょうがないです。
    まだ、2週間程しか経っていないけど帰るたびに待っててくれる気がして…
    ただ、毎日我が子に謝ってばかりです。
    翔やんの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    朝から嘔吐下痢が続き受信したら急性膵炎でした。投薬はもらったのですが食事はどんなものがいいですか?食欲がなかったのでささみを数ヶ月前から与えでいます。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。