愛犬が癌に侵され余命宣告。看取り治療で過ごした最期

62923view

愛犬が癌に侵され余命宣告。看取り治療で過ごした最期

早期発見が難しい犬の癌。老犬になってからの癌治療は選択肢も限られ、もどかしい思いをした飼い主さんも多くいらっしゃるようです。人間同様、犬も癌になってしまうと大変辛く苦しい日々を送ることになりますが、わたしたち飼い主が癌を患った愛犬に出来ることとはいったい何でしょうか?今回はわたしの愛犬の腫瘍発見から最期の時まで、老犬への癌治療のお話をご紹介します。犬が癌になってしまった、または癌になる前の予備知識として、わたしの経験が皆様の生活に役立てばいいなと思います。

犬の癌、腫瘍の発見

癌に侵された犬

我が家に迎えた時は12歳。飼い主さんが亡くなり親族の間でも犬の引き取り手がないということで相談をうけ、我が家で引き取ることにしました。ミニチュアダックスフンドのメス犬でした。

老犬といってもとても元気で、定期検診の時も問題はありませんでした。

犬のからだの異変

我が家に迎えてから1年ほど過ぎたころから、歩行のスピードがとてもゆっくりになってきたことに気が付きました。
痛そうにしている様子はなく、ただゆっくり歩いているように見えました。
足の付け根や全身のマッサージなどをしたり、関節に良いというサプリメントを与えていました。

老犬でからだの衰えもあり、行動がゆっくりになって普段も寝ている時間が増えてきていましたが、とくに体に異常もなく、毎月の検診でも、「年齢のわりには血液検査の数値もよく元気ですね」といわれていました。

思い返してみるとこの頃から、犬は体に違和感を感じていたのかもしれません。

犬からのサイン

それはほんとうに突然のことでした。朝ごはんを用意しているといつものように近くによってきてご飯をもらえるのを待っていました。しかし、ご飯をあげようとするとケージに入り出てこなくなりました。名前を呼べば私の顔をみて、シッポをふります。

ケージの中までご飯を持って行くと、2・3口ほどペロリとしてご飯を残してしまいました。これが、私が感じ取った最初のサインです。

何度かケージから出てくるように促すと、後ろ足を引きずるようにとても歩きづらそうにして力をふりしぼって出てきました。あまりに弱々しい様子に、ドキンと心臓が大きく脈を打ちとても動揺しました。

腫瘍(癌)の確認

どこか怪我をしていないか、全身をくまなくゆっくりと触りながら確認しました。
どこを触っても痛がるようすはなく、触らせてくれましたが後ろ足の付け根から腹部を触ったときに初めて異変に気が付きました。

触ってすぐあたまによぎったのは「癌」でした。注意深く触ってみると、固さがありつまんで触れる部分より体の中に広がっているようなしこりが確認できました。

毎日、グルーミングをしながらからだ全身を触っていたはずなのにまったく気が付きませんでした。

老犬の癌の診断、余命宣告

慌てて病院へいくと「乳腺腫瘍」の疑いがあるということで、検査をしてもらうことになりました。

悪性・良性の診断

これまで、高齢のわりには内臓の数値も良いですね。と太鼓判をもらっていたのですが、最初の診断は肺への転移の可能性もみられる「悪性腫瘍」の可能性が高いという診断でした。

その時点ではあくまでも可能性があるという段階で、悪性、良性の特定には切除した腫瘍を病理組織検査しなければ分からないのですが、レントゲン検査では転移の可能性がみられるため「悪性腫瘍」ではないかとのことでした。

犬の癌の専門病院での診断

かかりつけの病院では、今後の治療方針も含め「セカンドオピニオン」として専門病院での検査を勧められました。紹介状をもらい、病院から予約などの手配をしてもらい検査結果などを持って行きました。

高齢であることや、最初の検査の結果などをみて犬の身体に負担がかからない範囲での検査をおこないました。

ですが、検査をはじめる前の触診で、進行が速い「悪性腫瘍」の可能性がとても高い事を告げられました。

触った時にコロコロと動く腫瘍でないことや、かかりつけの病院から持ってきたレントゲン写真をみても転移していることは明らかでした。

末期の癌

専門病院での診断は「末期」悪性腫瘍である可能性が非常に高い。

【余命2か月~3カ月】

良性の脂肪種というわずかな望みは完全に打ち消されることになりました。急速に腫瘍が大きくなる悪性腫瘍で、手で触れる範囲だけでなく体の中で大きく腫瘍が広がっていることが分かりました。

毎日身体を触って、異常がないか高齢のため腫瘍や異常などに細心の注意をしていたにもかからず、からだの中で大きくなり続けていた腫瘍に手で触れる状態になるまで見つけてあげられなかった自分を、とても責めました。

早期発見できていたら転移を防ぐことができたのかもしれない。家族として迎えたときに避妊手術をしていれば、この癌は防ぐことができたのかもしれない。色んな思いが頭を巡りました。

「末期がん」の宣告を受けたとき、あたまのどこかでは覚悟していながらも、私を気づかい尻尾をふりながら顔を舐めてくれる愛犬を抱きしめながら「たら、れば」を繰り返しながら、なにか兆候はなかったのかと振り返り、歩行のスピードが落ちて来た数カ月前の「小さな気づき」を思い出しました。

茶 ダックス

老犬の癌 限られた治療と後悔

高齢のため、癌を取り除く積極的な治療は諦めることになりました。

  • 麻酔のリスク
  • 抗がん剤や放射線治療のリスク

専門病院の獣医師から勧められたのは「緩和治療」でした。癌がある身体でも最期の時まで幸せに穏やかに暮らせるように腫瘍によるからだの「痛み」を緩和する治療方法で老犬にとっての「生活の質」を落とさないことで、ストレスを与えないことが治療のメインになる、癌と共存する治療でした。

かかりつけの医師との信頼関係

専門病院での診断結果をもとに「緩和治療」で愛犬と残された時間をどのように過ごしていくかを、信頼できるいつものかかりつけの獣医師と相談しながら、今この子にしてあげる全てのことを考えました。

  • 好きなものをなんでも食べさせる(幸せな食事)
  • 好きなことをする
  • 痛みをとる

わたしがお世話になった獣医師はとても親身に、丁寧にこれからおこるさまざまな症状などたいして、備えて対応できるようにアドバイスをしてくれました。

「看取り治療」ともいわれる、病気を治すための積極的な医療行為をおこなわない治療は、最期の時に一歩ずつ近づいている恐怖と、「もしかしたら」という期待が混在し、信頼できる獣医師とのコミニュケーションがなければ飼い主さんにとってはとても苦しい時間になってしまうと思います。

普段から、万が一のときにそなえて信頼できる獣医師と愛犬の体調管理ができているととても心強い存在になります。

犬の癌、進行中のサイン

確実に急速に広がっていく「悪性腫瘍」に対し、免疫力をあげるサプリメントや、痛みの緩和の治療をおこなっていきました。

ですが、日に日に愛犬の身体は「癌」に蝕まれていきます。ちょっと元気になったり、はしゃいで遊んでみせたりする日もあれば、身体をまるめ1日じっと動かない日もありました。

大好きだったご飯は食べらくなっていきました。

腫瘍の影響で後ろ足は思うように動かすことができず、気力も下がっていくにつれ食欲も落ちて行きます。

さまざまなおやつや食事を考えては食べさせ、でもそれもすぐに食べられなくなる。
それでも、この子は私を気づかい尻尾をふってくれました。

なにをしてほしいのか、どこが痛いのか、この時ほど犬が人間の言葉を話してくれたら良いのにと思ったことはありません。

毎日の様子を見ながら、全身の状態を把握しながら愛犬が見せるしぐさや行動で、気持ちを察することしかできません。

眠るダックス

老犬の癌、最期を迎える愛犬

余命宣告をうけ、奇跡が起こることを祈りながら数カ月愛犬に寄り添いながら、できることはないか?ともどかしさを膨らませ闘病の日々を送ってきました。

しかし、最期のその時はやってきてしまいます。

自力で起き上がって来られなっくなったため、ハーネスを使いからだを支えて朝のおしっこをすませると、前足の力だけで、私の膝の上によじ登るようなしぐさをみせました。

「いくよ」という最期のサインだったのかもしれません。抱きしめて声をかけながら、身体を撫でているとブルブルと身体を震わせように感じました。大きく一呼吸すると静かに眠るように旅立ちました。

最後に

乳腺腫瘍メス犬に多く見られる腫瘍で、適切な時期に避妊手術をうけることで癌のリスクを減らせることが分かっています。

我が家に迎えたこの子は、避妊手術は受けていませんでした。迎え入れるときに12歳という高齢だったこともあり、避妊手術はしないという選択をしました。

7歳以上の老犬の時期(シニア)に入っても早期発見の場合には、完全に腫瘍を摘出することもできます。

老犬でも高齢になると麻酔へのリスクが高まり、手術を受けることも命にかかわり、完治させることが難しい場合などもあります。

加齢による体の機能の衰えや食欲の低下などもありますが、病気を知らせるサインの場合もあります。
定期的な健康診断を受けていても発見できない場合もあります。

高齢期に入ってきたら、少しの変化にも気が付いてあげられるよう愛犬の日頃の観察がとても重要です。

とくに腫瘍は、スキンシップを含めたからだのケアで発見されることが多いので、毎日愛犬のからだをくまなく触って確認しましょう。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

  • 40代 女性 こみゃこ

    人間も同じで、どんなに健康に気をつけても病気になることもありますよね。
    愛犬の健康をどんなに気にかけても、完璧にはできないのが悲しいです。うちの愛犬もシニア、癌になるリスクは高いです。
    苦しまずに最期を迎えて欲しいですが、看取り治療したい気持ちもあります。なぜだろう、愛犬だけは最期を看取りたいと切実に思う存在です。
  • 20代 女性 こなつ

    愛犬の余命宣告を聞いてまず人は何をしてあげれるんだろう…すごく考えました。
    ほんのちょっとの異変から進行スピードはそれぞれですが、気付いてあげれなかった自分に苛立ちさえ覚えてしまうかもしれません。
    子供のように可愛がって愛してきた子ですから…
    でも愛犬が薬で元気でなくなっていって、辛い思いをして、そんな状態で頑張って生きてもらうよりも、愛犬の楽を考えてしまうのでしょうかね。
    生きていてさえくれたら…それは人間のエゴに過ぎないのかもしれませんね…
  • 30代 女性 Chappy

    記事を読んでいて、亡くなった愛犬を思いだし涙が込み上げてきました。
    闘病中、愛犬とお話できたら…なんていつも思っていました。
    苦しくてなかなか眠れなかったのか、キュンキュンと夜中に何度も鳴いてきました。私の胸の上に乗せると安心して眠ってくれました。
    最期を看取るのは本当に辛いですよね。。
    あなたの膝の上に乗ったのも『ありがとう』と最後の力を振り絞ったのでしょうね。
    その子は、とても幸せな最期だったんだろうなと感じました。
  • 女性 へめ

    優しい方に出会えてよかったね、わんちゃん。
    でも辛いですよね、、
    わんちゃんはずっと側にいて、最後まで一緒に居られて、とても幸せだったと思います。


    私の愛犬とかぶってしまって読んでいるときに涙がでてきました。

    うちの子は難病にかかり今年の5月から完全に寝たきりになってしまいました。
    体も動かせず、筋肉が無いため排泄もなかなか自分では難しくなり、食事もあまりとらなくなっていき、やせ細っていきました、、
    今月に入って呼吸が浅いことに気づき病院に行ってレントゲンを撮ったら、たくさんの腫瘍が肺にできていました、、医者は言いませんでしたが癌だと思います。
    一ヶ月から三ヶ月。そう、余命宣告されました、、、
    病院で、酸素ケースの中に入れて点滴をしておく延命治療をする事もできると言われましたが、家族以外にあまり懐かなく病院が嫌いなので、自宅で過ごしていくことにしました。
    あとどのくらい一緒にいられるのだろう、、
    そう思うととても悲しくなります。
    きっとその日がきたら私も後悔ばかりだと思いますが、少しでも苦痛を無くしてあげられるように、愛してることが伝わるように頑張りたいと思います。

    私情ばかりで失礼いたしました。
  • 50代以上 女性 匿名

    我が愛犬も腺癌でした、切除手術しましたが10カ月過ぎた頃に咳が出てきたのでレントゲンで確認するとかなり肺に飛んでると言われました。永くはないかもと言われました。年明けて前足に爪がのびる感じで腫瘍が出てきてしまいみるみる
    大きくなっていきました。場所が場所なだけに歩くたびに部屋中血だらけでした。12才も過ぎ麻酔のリスク等色々考えて手術には踏み切れませんでした。
    七月に入り、急に弱りました。それまでは水飲む量が増えてきて腎臓弱ってきてると言われてたけど水も飲まない…帰ってきてしっぽもふれない、横になっていても顔も上げない…
    最後の頃はお腹膨らんで腹水たまりました。毎週通院してたのでもう薬もだしません、好きなもの食べさせてあげてと言われました。
    病院の次の日は何故か朝から顔をあげて私を見ていました。判っていたんですね。その日の夕方旅立ちました。
    毎日辛かったけどせめてもの救いは私がずっと撫でていられたなかで最後に看取ってあげられたこと。
    もうすぐ2ヶ月たとうとしてます。我が家に来て幸せだったと思っているだろうかと、愛犬に聞いてみたい…でも私は一緒に暮らせて幸せだったよ、家族になってくれで本当にありがとうの気持ちでいっばいです。
    ペットと暮らした方は皆同じ気持ちですよね。
    長文ごめんなさい…

  • 女性 匿名

    我が家の犬とダブりコメント読みながら涙が溢れてとまりません。

    我が家の犬は去年腫瘍を見つけ左側の乳腺全て切除しました。その時は良性でホッとしました。

    しかし今年の夏短く毛をカットしたらまた腫瘍があるのに気づき病院へ

    13歳だったので麻酔のリスクを考えて手術するか悩みました。



    が、希をかけて手術しました!無事に帰ってきてくれた時はほんとにうれしかったです。後日病理検査の結果は残念ながら悪性でした。転移は見られなかったのでとりききれたと安心してたのですが、

    2カ月後また腫瘍が出来ていて

    お医者さんは取った方がと言いますが、リスクや何度の手術が可哀想と訴えたら最後には肺ガンでしにますよ!と言われてしまいました。明日セカンドオピニオンしてみます!
  • 50代以上 女性 スノードロップ

    今年の7月6日に大好きな黒のトイプードル、リリィとお別れをしました。12歳でした。糖尿病と卵巣腫瘍でホルモンが上手くいかず、食欲が無くなり入院も考えたのですが、家に居るのが一番と毎日点滴をしてもらい一緒に眠る日々でした。二週間の間、日曜も先生は看てくれ、最後には神頼みとアガリスクみたいなサプリメントもくれました。そして、もう少しやねと先生が言われた朝方、その時は来ました。ドキドキとマラソンを走っているような心臓の鼓動、何も食べていないしもう楽になってもいいよと時計を見たら朝6時18分でした。
    寝ていた身体を抱き上げてゴメンね、ゴメンね助けられなくてと後悔していたら、喉をグッグッとならして口をパクパクさせ声を出したのです。あ、り、が、と、う、と…え、この子日本語話してるとびっくりしました!そして、楽しかったとも…
    心の奥底に訴えてきた声でした。私があまりに悲しむので、違うよお母さん、私は幸せだったと言ってくれたのです。その5分後にコトンと心臓の動きがなくなり石のようになりました。
    前々からワンコとしゃべりたいと思っていたのですが、本当に心にリリィの声が心に響きました。
    今もとても寂しいですが、リリィは幸せだったんだと思える不思議な体験をして、犬としゃべれると確信しました。
    先に天国に行ったリリィ。私も天国に行けるよう頑張るからね。でも早く逢いたいよ〜涙涙涙
  • 40代 男性 匿名

    ウチのミニピンちゃんもこれから大往生です、一縷の望みも虚しく、肺に転移してました。
    自宅で酸素療法を実施する予定ですが、自分の場合は仕事上でお付き合いのあるガス屋から酸素ボンベを借り受けて、ボンベ以降(メーター機材・ホース等)は買い取りです。
    ボンベではなく酸素濃縮機と専用ケージのリースがございますので、必要に応じて病院に相談してみる手もあります。

    まだ食欲はありますが、いつ急変するか分かりません。
    ホントにホントにありがとう。
    一緒に過ごしてくれてありがとう。
    ウチに来てくれてありがとう。
    また生まれ変わっても会おうね。
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!