生活保護でワンちゃんを飼うことについて、私が思うこと

生活保護でワンちゃんを飼うことについて、私が思うこと

生活保護受給者がワンちゃんを飼っていることについて、あなたはどのように感じますか?様々な理由から生活保護を受けざるを得なくなった方がいらっしゃるかと思いますが、生活保護受給者がワンちゃんを飼うことについて、私の考えをまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

生活保護受給者について

生活保護の制度は、様々な社会的な弱者を救う最後の手立てであると言っても良いでしょう。

生活保護受給者が増加していく中、ワンちゃんを飼うことについての誤解や偏見が生まれていることが現実としてあると感じています。

ワンちゃんを飼う自由が与えられているのは、ワンちゃんは大切な生き物だからです。
家族だからです。
もし生活保護下でワンちゃんを飼えないということになってしまえば、すでに飼っていた人など生活保護が受けられなくなってしまう方がたくさんいらっしゃると思います。
そうなるとワンちゃんの命ばかりか人間の命まで奪うことになるのです。

しかし、もし生活保護でワンちゃんを飼うとなると、最低限の生活費の中でワンちゃんの分の生活までやりくりしなければなりません。
それを覚悟した上で、責任感を持ってワンちゃんと暮らすことが生活保護受給者の方には求められます。

犬を抱きかかえる人

生活保護だから

生活保護だからワンちゃんを飼うな!とは絶対に言わせません。
なぜならそれは生活保護受給者の人権を奪うことです。
そして、生活保護に限らず一般の人々であっても、無責任な飼い主は世の中数え切れないほどたくさんいます。
生活保護だからこうであると定義してしまうのは、本当に間違いであると思います。

生活保護のワンちゃんはかわいそうですか?

いいえ、そうとは決して限らないでしょう。
むしろ身体的または精神的な理由から働けない人にとっては、ワンちゃんが救いであり、癒しであり、また希望なのです。
自宅でワンちゃんと過ごす時間が多いため、ワンちゃんはむしろ愛され度が高いと思います。

生活保護におけるワンちゃんの治療費の問題

生活保護は様々な制限がある中で最低限度の生活が保証されている制度ですから、治療費のことを懸念される場合があります。
その場合はワンちゃんの保険にあらかじめ入るなどの対策も可能です。
しかし、全体の保険加入率は未だ4%である日本では、まだまだ保険自体のしくみ(掛け捨て保険)や金額設定の高さなどの課題があります。
生活保護の方が実際にワンちゃんを育てるには、金銭面で厳しい問題があるのは事実でしょう。

お金と聴診器

生活保護でワンちゃんを飼うことについての誤解や偏見のまとめ

誤解や偏見が生まれることは弱者をさらに弱者へと追い込み、弱者を切り捨てるような発言は本当にとても悲しいことです。
生活保護だからと眉間にしわを寄せるのではなく、笑顔で見守ることができるような社会を望みます。

また、生活保護の不正受給は極々一部の限られた人々です。
年々生活保護の申請も厳しい審査になっており、不正受給をきちんと防いでいます。

生活保護受給者も受ける前までは税金を払っていたでしょう。
当事者の家族、親戚そして祖先代々に至るまで税金を納めています。
その中で、様々などうすることも出来ない理由から生活保護を受給せざるをえなかったのです。
そんな方々に対してもっと温かい目が向けられますように、そしてワンちゃんが安心して飼える世の中でありますように心から願います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。