私がオススメする愛犬のための部屋づくり

私がオススメする愛犬のための部屋づくり

お気に入りに追加

犬の飼いはじめ、トイレを覚えるのに時間がかかりました。そこでいろいろな案を考え試してみた中で、やってよかった事を紹介します。

29029view

我が家の愛犬の紹介

我が家の愛犬、ピノちゃんです。7ヶ月前に家族の一員になりました。

寝ているピノ

愛犬のトイレ事情

愛犬と一緒に過ごす部屋

愛犬と主に一緒に過ごす部屋はフローリングではなく、畳です。畳の上にはカーペットをひいています。
トイレを覚えなるまでは、どこにされるかわからなくて目が離せませんでした。
もちろん何回か粗相されました。
そんなときはペット用の消臭スプレーをつかって、臭いが残らないようにしていましたが、消臭スプレーが本当に効いているのかという疑問と、何回もされると臭いがしみついてしまわないかと不安になりました。

そこでおもいついたのが、

マットをひいた部屋

パズルのように一枚一枚つなげていくマットです。
(9枚入りで、税込580円です。)
こうすることで、粗相をされても汚れたところだけを外して洗うことができ、消毒まですることができました。
組み合わせている部分の隙間から、下に染み込んでしまうことを考え、マットの下には新聞紙をひいています。

しかし、使っている中での一番困ったデメリットが....

はずれかけのマット

愛犬が走りまわったり、わたしたちが歩くことでだんだんずれてくることです。
この写真のように、隅のマットだけなら簡単に直せるのですが、真ん中のほうになると大変でした(汗)

わたしたちが買ったマットは、組み合わせる部分(凹凸の部分)が小さい物です。中には大きいものも売っているので、そちらのほうがはずれにくいかもしれません。
いまさら買い替えるのはもったいないので、トイレを完璧に覚えた今では、ずれないように一枚一枚接着剤で止めています。

トイレの周りは、取り外しできるように!

トイレ

愛犬のトイレは、こんな感じで仕切りがありません。
トイレトレーをおいてみた事もあるのですが、ワイドサイズ一枚では小さいのか、なぜか失敗率が多いのです(汗)かと言って、写真のようにしていても、隅のほうで排尿してしまうと時々、外に流れ出てしまうことがあります。
そのため、トイレの周りだけは接着剤で止めず、取り外し可能にしています。

お留守番用ケージ

家の中では基本的には飼い放しているのですが、お留守番の時は安全のためにケージでお留守番です。

ケージ

これはホームセンターで買ったLサイズのケージです。
この中に、レギュラーサイズのトイレトレーを入れていたのですが、ここではトイレをしてくれたことはありません。
むしろ、トイレの上で寝てしまっていたので、それがトイレだと理解できていなかったようです。

なのでケージから出るまで我慢。普段お留守番は約5時間くらいなので、余裕で我慢できるようなのですが、夫の両親が飲食店を経営しているため、急な手伝いが入ると長時間のお留守番になります。そんなときは、近くに住んでいるお義姉さんにお願いして、トイレに出してもらっていました。
それができない時も何回かありましたが、そんな時は頑張って我慢してくれていたのか、ケージから出した瞬間トイレまでダッシュ!それを見るたびに可哀想で....。

そこで夫と頑張って、ケージを改装しました!

↓↓↓↓↓↓改装中のケージ↓↓↓↓↓改装中のケージ

,

↓↓↓↓↓↓改装完了後↓↓↓↓↓ケージ改装完了後

こうすることで、すんなりケージでのトイレを覚えてくれました。
夜寝ているときも、今までは朝方になるとトイレアピールでクンクン鳴いて起こされていましたが、それもすっかりなくなり、わたしが朝起きてトイレを確認すると、すでにトイレを済ましています。
今までケージでトイレをしなかったのが嘘のようです。

ケージから出ているとき用のトイレ(上記のマットで紹介した)もありますが、今ではわざわざケージの中へ入ってトイレをすることもあります。
大成功!!わたしも夫も大喜びですが、一番喜んでいるのはきっと、ピノ本人ですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 エア

    トイレの設置、我が家のワンコの場合ですが、どうもシートを固定するトレイのプラスチック感がうっとうしい様でしたので、
    100円ショップ等に売っている
    封筒型の洗濯ネット←チャックなどの部品が一切ないものでトイレシートとほぼ同じサイズ に、厚みのあるタイプのトイレシートを2枚入れ置いてみました。そしたら、足場がフラットでフワフワの感覚が気に入った様で、
    オシッコの失敗がなくなりました。
    あとは、夜中に興奮してしまう事がほとんど連日続き、夫婦共々寝不足になっていましたので、これはどう対策すべきなのか、かなり悩みました。
    散歩が足りてないのか、昼間に寝かせすぎなのか、お腹が空いてるのか…色々対応してみたのですが、結局原因は特定できませんでした。
    ただ、「ダンナと私の2人が寝室に揃うと異常に落ち着かなくなる」そこに着目してみました。
    ここは思い切って、夫婦の寝室を初めて別々にしました。
    それからは「さあそろそろ寝ようか」となると私の寝室のベッドにスタコラサッサと入って眠ってくれています。
    睡眠不足も心配なくなり、今のところはみんなが快適に過ごせているのでひと安心です。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名


    わんちゃんの足腰のダメージを避ける点からすればタイルマットやカーペットやわんちゃん用フローリングなど負担が軽減するので良しとされています。
    オススメの部屋づくりと言うよりは、トイレについての部屋づくりの記事??でしょうか。
    子犬はペットシートとカーペットなどの区別がつきづらいと聞いたことがあります。なので失敗しやすいころにカーペットは良くないそうです。
    臭いが染み込みやすく、何度も失敗しがちになるからだそうです。
    足腰を考えるとカーペットは良いがトイレが出来るまでは敷かない方が良いそうで、タイルマットなども隙間から水分が漏れてしまい外して洗っていたそうですが気づかない部分の床が腐敗したり、噛んで遊んでしまう子は誤飲の原因にもなるので画像のような材質のマットは敷いていても噛んだり遊んだりしないトイレもしない子向きだと言えます。
    落ち着いたわんちゃんには良いと思いますが子犬向きではないなぁと思いました。
  • 投稿者

    女性 水上あつ香

    私も犬を飼った時に部屋の作りをどうしようかと考えました。
    まず、床は足腰への負担とトイレの粗相のことを考え、筆者の方と同様に外せるマットにしました。私が選んだマットはつなぎ目がないもので、正方形のマットを部屋の形に沿って切り、部屋中に敷き詰めました。色も沢山種類があるので、部屋の雰囲気に合わせてマットを選ぶことが出来たのも良い点でした。
    そして、私も日中のお留守番の時間が長く、トイレを我慢させてしまっていることがとても心配でした。犬が成長するにつれて、ゲージの中にトイレトレーを入れておいてもそこでは、おしっこをしなくなってしまいました。帰ってきてゲージを開け、部屋の隅のトイレの場所にダッシュで向かうという感じでした。調べると、犬は綺麗好きなため、寝床から遠くの場所に排泄するという記事を見つけて、納得しました。
    そこで、留守番の時はゲージからトイレの場所まで、サークルで囲むことにしました。
    すると、帰ってくると決まった場所でおしっこをしていることが多くなり、ホッとしました。サークルは100円ショップで、白いワイヤーネットを数枚購入し、結束バンドで端と端を止めて立てておくというもので、簡単に作れます。
    小さい頃は、トイレの粗相の問題、成長すると、トイレの位置の問題など犬の成長に合わせて部屋の作りも変えていきたいと思います。
  • 投稿者

    女性 Satsuki

    我が家の愛犬は室内で一緒に生活しています。いろんなベッドを買ったりしている
    うちに、お気に入りのベッドが見つかり、以後はそればかり使っています。また、
    鼻ペチャ犬なので暑さにも弱いので、床はフローリングにしました。これだとツル
    ツル滑るので、記事を書いている方と同じく、マットレスを敷いています。犬のた
    めにいろいろと整えてあげたいですよね。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。