ウメとの~んびり! in Hawaii ~オアフ島の動物保護施設レポート~

ウメとの~んびり! in Hawaii ~オアフ島の動物保護施設レポート~

この記事では、ハワイで生活する筆者と愛犬ウメ(パグ)との愉快な日常生活や、現地の犬との生活情報などを楽しく紹介していきます。そして、今回はオアフ島の動物保護施設のレポートをお送りします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ALOHA!いかがお過ごしでしょうか?

ここ最近オアフ島では涼しい日が続くと思っていましたが、先週からカンカン照りの良い天気の日が続いています。
やはりハワイはこうでなくっちゃ!

しかし、スーパーマーケットやレストランは冷房がかなり強くかかっているので、特に女性の方は必ず長袖を持って行った方が良いですよ!
筆者はスーパーマーケットに行った後、冷房のせいで風邪を引いて寝込むという悲しい経験があります・・・。

ダイヤモンドヘッド

オアフ島の動物保護施設「Hawaiian Humane Society」

今回はオアフ島にある一番有名な動物の保護施設を紹介してみたいと思います。
地元では「Hawaiian Humane Society」と呼ばれている動物保護施設で、大昔は牛や馬、人間までも保護していたようです。

地元では、Hawaiian Humane Societyで積極的にボランティア活動する人たちがとても多いです。
保護されている犬をお散歩に連れて行ってあげたり、猫と遊んであげたり、ウサギやモルモットの家を綺麗にしてあげたりとお仕事がたくさんあります。

アメリカではボランティア活動をすることはとても重要なことなのです。
進学する際にも社会貢献をしていることを認められたり、履歴書にも堂々と書くことが出来ます。
自分のためにも社会のためにも役に立つことは、とても良いことですよね。

それでは、そんな素晴らしいHawaiian Humane Societyに早速行ってみましょう!

保護されている動物たちの見学

建物

Hawaiian Humane Societyにはたくさんの動物たちが保護されており、新しい飼い主さんを待っています。
一番多いのは犬、次いで猫、ウサギ・モルモット・鳥・カメなどの小動物です。

突然ですが、オアフ島で犬を飼いたいと思ったら、まずどうやって犬を探すと思いますか?
実は多くの人たちがペットショップへ行かずに、Humane Societyに行って保護されている犬を引き取っているのです。

現在、どんな犬が保護されているのかはホームページを見たり、facebookなどでチェックすることができます。
実際に見学したい場合も方法は簡単で、直接足を運ぶだけ!
予約を入れたり、入り口で名前を書いたりする必要はありません。
誰でも気軽に動物たちの見学ができます。
ワイキキからバスで20分程でそんなに遠くは無いので、時間があればぜひ見学に行ってみてください。

Hawaiian Humane Society
http://www.hawaiianhumane.org/

実際に保護されている犬を引き取る

犬のケージ

悲しいことですが、毎日多くの犬たちが施設にやって来ます。
ズラッと並べられたケージに入って、不安そうに新しい飼い主さんを待っている犬たちの姿を見ると心が痛くなり、涙が出てきてしまいます・・・。

オアフ島では一体どんな人たちが犬が飼えなくなってしまうのか、その理由を聞いてみた所、アメリカ本土へ引っ越しをするために犬を飼えなくなってしまうパターンが一番多いとのことです。

確かにハワイは物価が高いので、アメリカ本土や他の国に引っ越しをする人が増えています。

見学をしている最中に気に入った犬を見つけた場合、ボランティアの人たちを呼ぶと犬をケージから出してくれて、実際に触れたり、遊んだりすることができます。犬を引き取る場合には100ドルもかかりません。
年に数回あるスペシャルデーには10ドル程度で犬を引き取ることができるのです!多くのわんちゃんが新しいパートナーと早く出会えると良いですね。

犬や猫を飼っている人には心強い施設

犬のお皿

実はこのHumane Societyは、既に犬や猫を飼っている人たちにとっても、とても心強い施設なのです。
避妊手術の手続き(手続き後、指定の病院の格安手術チケットがもらえます!)や、迷子になった時のナンバー登録も出来ます。
これはマイクロチップを首に埋め込むのですが、筆者の愛犬ウメも行った所、吠えることも嫌がることもせず、あっという間に終わりました。

また、犬や猫用のグッズも販売しています。
犬・猫用ドライフードも他の店舗よりも少し安く販売されています。

飼っている動物に関して何か困ったことがあればここへ来て相談することができるので、便利で心強い施設です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介した『Hawaiian Humane Society』以外にもオアフ島内にはまだいくつか動物保護施設があります。
ハワイに訪れた際にお時間があれば、ぜひ足を運んで動物たちと触れ合ってみてくださいね。

▼【連載】ウメとの~んびり! in Hawaii 記事紹介
前:ウメとの~んびり! in Hawaii ~ウメのお気に入りドッグパーク編~
今:ウメとの~んびり! in Hawaii ~オアフ島の動物保護施設に行ってみよう!編~
次:ウメとの~んびり! in Hawaii ~ハワイで人気のワンちゃんグッズ!編
一覧:ウメとの~んびり! in Hawaii

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。