仔犬のしつけでついやってしまうNG行為

仔犬のしつけでついやってしまうNG行為

仔犬を迎えたときしつけの問題で頭を悩ますことは少なくありません。たくさんの情報があふれる中で正しい方法を見極めるのは困難と言えます。今回は仔犬のしつけでついやってしまいがちなことについてのお話です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

仔犬のしつけでついやってしまう、やってはいけないこと

仔犬を飼育する上で、多くの人がやってしまいがちな間違ったしつけとは?

つまらなそうにしている仔犬

トイレトレーニング中の仔犬が何度も排泄場所を間違え、失敗を繰り返していたとします。
皆さんならばどんな対応をとりますか?

鼻を押し付けて叱ったり、トイレを目の前に『トイレはここでしょう~なんでできないの!』などというお説教を繰り広げていませんか?
残念ながらこの方法では、仔犬の立場で考えた場合、『排泄そのものを叱られた』、または、『トイレにいくと嫌なことが起きる』という認識が植え付けられたに過ぎません。
これらが原因となり、仔犬は飼い主さんに隠れるようにして排泄を行うようになるため失敗を繰り返すという悪循環に陥ります。

犬を叱る女性のシルエット

人間の言葉やルールがわからない仔犬に『叱る』という行為を通してしつけを行うことは、仔犬にとって恐怖や混乱でしかなく、場合によってはストレスを感じるものです。
また叱ることにはタイミングがとても重要となり、時間が過ぎてしまってから叱っても何の意味もなく、仔犬はわけもわからず叱られ嫌な思いをすることになり、別の問題行動へも発展しかねません。
問題の解決どころか信頼関係をも揺るがすリスクが大きいのです。

犬が他者との信頼関係を形成させるといわれる大切な時期に、様々なことにネガティブな印象を持たせるか、ポジティブな印象を持たせるかではその後の犬の性格形成にも大きく影響します。

ダメなことを叱る前に、どう行動すれば飼い主さんに褒めてもらえるのか犬に教えることも大切なのです。
失敗させない環境作りを心掛け、たくさん良い経験(成功させる)をさせてたくさん褒めてあげましょう。
楽しくトレーニングをすることは愛犬のやる気をアップさせ、良い信頼関係を築けるポイントにもなるのです。

その他のやってはいけないこと

犬の形の禁止看板

仔犬を呼んで叱りつける

上記の『ついやってしまう、やってはいけないこと』の内容とも一部かぶりますが、名前を呼ばれたあと叱られた仔犬は名前を呼ばれると嫌なことが起きるという認識が生まれ、飼い主が名前を呼んでも来ない犬になってしまう可能性があります。
名前を呼んだあとは必ず褒めることで、飼い主さんに呼ばれると良いことがあるという認識を持たせるようにします。

仔犬に主導権を握らせ遊ぶ

仔犬と一緒に遊ぶ時は、必ず飼い主さんが主導権をとって遊びます。
これはどんな時も飼い主に注目し、指示に従える犬に育てるためです。
遊びに誘うのももちろん飼い主さん。
仔犬に遊びに誘われた場合は『おすわり』などの簡単な指示を出し、従ったときだけおもちゃを出して遊びに入ります。
遊びをやめるときももちろん飼い主さん主導で…。
犬が見ている前で、しっかりおもちゃなどを所定の位置に片づけましょう。
おもちゃは必ず飼い主さんが管理します。

いつも部屋の中を自由にさせている(留守番のときだけサークルに入れる)

基本的に部屋を自由にさせておいて留守番のときだけサークルに入れているとサークルに入ることを嫌がるようになったり、出すまで吠え続けるなどの悪い習慣がつきかねません。
留守番時に限らず、普段からサークルを利用し仔犬を出し入れすることで、サークルの中で落ち着いて過ごすことを教えましょう。

仔犬主導での食事や散歩

食事や散歩ももちろん飼い主さん主導です。
食事や散歩の時間を決めて行う方もいますが、これを行っていると犬はその時間になると吠えて要求するようになることがあります。
これをさせないためには、仔犬のころから食事や散歩の時間を一定させないことです。
また、食事の前には必ず『おすわり』など簡単な指示を出し、それに従ってから与えるようにします。
長時間にわたる『まて』や、食事の途中で食べ物を取り上げるなどの行為はしてはいけません。
食事は20分を目安に片づけダラダラ食事をさせないようにします。
食べないからと言ってその分おやつを追加したり、中途半端な時間に与えるのもよくありません。
食事は出されたときに食べることを教えましょう。

まとめ

ベットに座るプードル

玄関をでるときに犬を先に出す、犬を先に食事させる、高い位置で犬を抱っこする、犬をソファやベットにあげる…これらは昔から犬のしつけでやってはいけないとされてきたことです。
これらのことをした日には、犬は飼い主のボスの座を奪いにいく下剋上が起こるということなのです。
これは一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
果たして犬は本当にボスの座を狙っているのか?
犬の行動学やしつけを勉強する中で私がとても疑問に思うことです。

玄関で犬が飼い主より先に出てしまうのは、場合によっては事故の元になりますし、高い位置で抱っこすることは犬の顔が見えなくなる上に危険が伴いますのでお勧めは致しません。

しかし、食事の順番やソファ・ベットの件も含め全てのことで言えることですが、これらのことを実行したからと言って犬が突然攻撃性(俗に言う権勢症候群と呼ばれるような状態)を見せるわけではありません。

誤解しないで頂きたいのですが、犬は必ず相手より強い位置に立とうとして攻撃性を見せるわけではないということです。
犬が攻撃性を見せるのは多くの場合、恐怖や不安、葛藤などが根底にあるからだと言われています。

しつけは、威圧的な態度や圧力をかけて無理矢理従わせることではありません。
ワンちゃんと飼い主さんが幸せになるための第一歩と考え、ぜひ穏やかな気持ちと落ち着いた姿勢でワンちゃんに向き合ってみてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    え?サークルに普段から入れる?
    サークルの弊害をご存知ですか?
    小さいころ無知でサークルに入れてた時はおトイレも荒れて大変でした。
    幼稚園のトレーナーさんに、それはサークルの弊害ですよと言われてサークルをやめました。
    それからは、クレートとトイレサークルだけでしつけました。
    今は8カ月ですが、お留守番もおトイレもしっかり出来ますよ。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    うちは、お留守番のみケージです。留守番が平日は8時間程度と長いので、寝る時も寝室は同じで、私の近くにベッドを置いています。普段からケージに慣れてたら良いのでしょうが、トイレの時しか行きません。(トイレはケージの中だけです)でも、今朝仕事に行く前、わんちゃん自らケージの中のクッションに入っておりビックリしました。日々の家族の行動から、留守番だなと察知したのでしょうか?凄いと思う反面、留守番が長くてごめんねと切なくなります。うちにいる時は、いつも一緒にいたくてたまらないのは私もわんちゃんも同じ気持ちだと思ってます
  • 投稿者

    50代以上 女性 あけたん

    我が家のダックス雄2歳4カ月は段階を経て室内オールフリーになりました。ケージ内にトイレが有り、1メートル先に仔犬の頃から大好きなキャリーが有り、その横に人間様の長座布団と掛け毛布があります。トイレの失敗はここ2年程ありません。吐く時もトイレ迄行って吐きます。同じ部屋に布団をひいて私達夫婦も寝ていますが、眠くなったら自らキャリーに入って行って寝ています。キャリーが仔犬の頃の物なので少し小さいのですが、大好きなのでそのままです、さすがに体が伸ばしたいだろうと長座布団を敷いたら、その上でも身体を伸ばして寝ています。私達が仕事に行く時は毛布に潜るかキャリーの中から黙って見送ってくれます。怖くなれば、テーブルの下かパソコン机の下に隠れると思って好きに過ごさせています。

    あけたんの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。