ノーリードで犬を歩かせる危険性について

ノーリードで犬を歩かせる危険性について

せっかくのお散歩、犬を自由に遊ばせてあげたい!ウチの子はいい子だから大丈夫!そんな気持ちから、ついリードを外してしまったりしていませんか?だとしたらちょっと待って!公共の場で犬をノーリードで歩かせることには、様々な危険があるんですよ!

はてな
Pocket
お気に入り登録

ノーリードでもウチの犬は大丈夫...いえ、そんなことはありません!

チワワ

リードが必要とされる理由

「小さな頃から愛情を注いでしっかり躾をした犬だから、周りに迷惑をかけることなんて有り得ない」
「ウチの子は小さくて可愛らしいから、みんな可愛がってくれるの」

どんなにしっかり躾をされた子でも、一歩外へ出れば勝手知ったる家族や家にいるのとは訳が違います。
周りは当然見知らぬ人ばかり、当然車も自転車も通ります。
突然のクラクション、車の発進音、地上以外では空には飛行機の騒音もあり、場所によっては不意に野生の生物が目の前に飛び出してくる場合もあるでしょう。
食べてはいけないもの、触れてはいけないものが鼻先に落ちているかもしれません。
そのわんちゃんがどうであれ、犬が大嫌いな人、何よりも犬が苦手という人が通りかかることもあります。

そんな中をお散歩するのに、『ノーリード』=『飼い犬が自分の管理下にない状態』で歩くことができますか?
誰にも何にも迷惑をかけず、同時に飼い犬も100%安全と言い切れるのでしょうか?
周囲の人に迷惑をかけない以外にも、そういった危険な状態から可能な限り飼い犬を守るためにも、公共の場を歩く時にはリードが必要とされるのです。

ハートのリード

リードの種類

すでにご存知の方も多いかとは思いますが、首輪や胴輪同様に、リードにもたくさんの種類があります。
単におしゃれでかわいいものはもちろんですが、犬のお散歩の仕方や状況、体型、歩き方あるいは歩かせ方などによって使い勝手のよいものを選ぶことができますので、日賦のお散歩を少しでも快適に過ごすためにも、犬と飼い主のお散歩の状況に合ったリードを選ぶようにしましょう。
またリードは日々使うものですので、気づくとボロボロになっていた、金具が壊れていた...ということも多々あります。
いざという時に大切な愛犬をしっかりと繋ぎ止めるためにも、定期的なチェックと早めの買い替えをすることをおすすめします。

筆者の経験から

お散歩する犬

筆者の飼い犬はミニチュアダックス(名前は『うずら』・♀12歳)なのですが、昨年の夏、その飼い犬もろとも、近くに飼い主のいない状態の大型の犬につきまとわれるという事態に見舞われました。

季節は初夏、すでに気温も高い頃だったので、夜22:00頃に近所を散歩していた時のことです。
ふと気づくと私の後ろを歩くうずらに、私の腰くらいほどもあろうかという体高の大型犬が近寄っていました。

うずらは日頃から吠えたりはしないものの、大きな犬に確実に怯えています。
それに気づいた私は、即座にうずらを抱き上げました。
するとその大型犬は、私のまわりをクルクルとまわるようにしてつきまとい、どうにかしてうずらに鼻先を突きつけようとしてきます。
その仕草と優しい表情から判断するに攻撃性はなさそうでしたが、その代わりに若く元気のいい成犬特有の好奇心と、私とうずらに対して「一緒に遊ぼうよ!」という気持ちが手に取るようにわかるような状態で、かわしてもかわしてもまわりこんでついてくるような状態でした。

私は体の小さなうずらを守るようにして抱きかかえ、その大型犬の飼い主さんの姿を探しましたが、どこにも見当たりません。
当然「ちょっと、この犬の飼い主さーん!」と呼んでも返事がありません。
何人かの人が近くを通りかかりましたが、気に留めてくれる人は誰もおらず。。。

やがてその大型犬も興奮してきたのか、私の二の腕~両肩に前足をかけて後ろ足で立ち上がる状態にまでなってしまい、私の顔面に鼻を突きつけてくるように。正直、これは怖かったです。
犬にしてみれば遊んでいるつもりでも、もし力の加減がわからないような子だったらと思うと今でもゾッとします。

私はうずらに覆いかぶさるようにして抱きかかえながら逃げましたが、その際腹部を引っかかれてしまい、微量ですが出血する傷を負いました。
もちろん、Tシャツを着ているにも関わらず...です。

そのうちに大型犬のほうが諦めたのか、私たちの数歩先を歩いていき離れて行きました。が、数歩歩くごとにこちらを振り返り、名残惜しそうにしています。
その状態から完全に離れるまで待機していたのですが、私たちを諦めて離れていったその大型犬は相変わらず興奮した様子でそこらを走り回り、夜でも交通量の多い車道を自由気ままに渡って道路の向こう側へと消えていきました。

おそらくその大型犬にすれば、悪気はなかったのだと思います。
現に後日、偶然飼い主さんとお散歩しているところを見かけたのですが、落ち着いた様子で飼い主さんと共に歩いており、とてもよく躾をされたお利口な犬のように感じました。

私が出会った時は、ノーリードだったのか脱走していたのかは不明です。
ですが犬が飼い主の管理下にない状態だったことは確実なので、ここまで書けば飼い主の管理下にない状態の犬=ノーリードの犬がどれくらい危険をはらんでいるか、おわかりいただけるのではないでしょうか。

チワワアップ

さいごに

あなたにとってどんなに優秀で可愛い犬でも、他の方から見ればただの怖い存在かもしれません。
どんなにしっかり躾をしてあっても、万が一ということはどんな場合にでも起こり得るのです。
交通事故も考えられますし、あなたの見えない所で、野良犬として通報されることも有り得ます。
周りの方に迷惑をかけないというのはもちろんですが、同時に大事な愛犬を不慮の事故など守るためにも、公共の場を歩く時には犬の行動をしっかりと飼い主が管理できるよう、必ずリードをつけるようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 なっちゃん

    犬のリードはいろんなタイプのものを試しました。
    うちの子はリードが気に入らないと噛みちぎるのでもう何本も変えました。
    ボロボロのまま散歩に出るとふとした時にリードが切れてしまいかなり焦ったこともあります。
    興奮するとわんちゃん自身自分のテンションを抑えれないところありますから、どれだけおとなしいわんちゃんでもリードは安全のために必要ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 まみ

    記事にあるような大型犬はもちろん、普段大人しいからと小型犬でもノーリードは絶対ダメだと思います。犬は突発的な行動を必ずしますし、その犬はいい子でも、車がスピードあげて走ってきたり、食べ物が落ちていたら犬に悪いものでも知らずに食べてしまいます。飼い主が普段から過信せず、必ずリードにつないで管理しなければいけないと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 かねごん

    わたしは絶対にしませんが、改めてノーリードの危険性を認識しました。周りへの配慮はもちろんですが外には車の音や乗り物、生き物などわんちゃんを刺激する物がたくさんあり道路へ飛び出したりなど事故に繋がる可能性があるので絶対にノーリードで歩かせることのないように飼い主は今一度危険性を考えてほしいと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 ももち

    ど田舎と呼ばれる見晴らしのよい原っぱみたいなところとで、老犬をボチボチ散歩させているレベルならともかくとして・・・通常、ノーリードなんて持ってのほかじゃないですか?(OKされているドッグランでも自己責任ですし)

    リード=拘束して可哀想という間違った意識を変えない限り、どうしようもないのでしょうか?最近はロングリードで街中や公園を散歩させる方も多く、子どもに飛びかかる、人に噛みつく、歩道から車道に飛び出して跳ねられる等の事故が多々報じられても治らない・・・・悲しいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 さくら

    ノーリードの犬、5回見かけたことがあります。しかも、人混みの中やすぐそばに車道がある所で。「躾に相当な自信がありますね?」と、心の中で皮肉を込めつぶやきました。愛犬と散歩中に、気がつくと知らないノーリードの犬が近寄っていた事もあります。

    愛犬は、目が見えないので匂いを嗅ぐ仕草に注意をして周りが見えていなかった私も悪いのですが、愛犬がきっかけでトラブルが起きて欲しくないので、ハラハラしました。飼い主はおばあさんで、うちは大丈夫みたいな事も話しかけてきて、ノーリードの人はみんなこんな感じなんだろうと思いました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    私とミニチュアダックスの愛犬もノーリードの大型犬に付きまとわれた事があります。
    湖の周りを散歩中、遠くから走る爪音が聞こえて来たと思ったら、湖で遊んでいたであろうビショ濡れの大型犬がノーリードで愛犬めがけて飛びついて来ました。
    大型犬は遊びたそうにしていましたが、ウチの愛犬はビビってしまい声も出さず固まってしまいました。あまりの大型犬の勢いに、慌てて愛犬を抱きかかえて守りましたが、大型犬はビショ濡れの体で何度も飛びついてくるので私の服も濡れており困っていたら、後から飼い主らしき男性がやって来て、私達に「すいませんね!」と軽く謝った後、大型犬を連れて行きました。
    ひとまず愛犬を守れたので一安心しましたが、私の服は濡れて、気づかないうちに腕にすり傷ができていました。
    本当にノーリードの危険性を身をもって感じましたし、大型犬の飼い主の無責任さに腹が立ちました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    私は恐ろしくてノーリードなんてできません!
    ウチの犬は散歩大好きで外に連れ出すとヒャッホーイ!な状態になるので、リードは本当に命綱。車道に飛び出しそうになったり、他の犬にケンカを売ったりと、家ではおとなしいのにね。
    手綱は絆という言葉が身に染みてます。
    自分の要求を通すためなら、飼い主をド突き倒すのも辞さない犬なので、他の人に怪我をさせる可能性も怖い
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちは、大型犬を飼っています。事故がおきてからでは遅いのでノーリードで道を歩かせる事はありません。
    大型犬がノーリードで寄ってくるのは攻撃性がなくとも怖いと思います。
    確かにそのような方は、うちのこは大丈夫っておっしゃると思います。絶対は絶対にないのに。でも、大型犬より怖くないだけで、圧倒的に小型犬のノーリードの方が多いと思います。吠えるのも噛むのも小型犬の方が数では多いはずです。なのに大型犬は~と言われる事が多く悲しいです。
    一部の方を除き、小型犬の飼い主さんよりしつけは厳しくしてあるのにといつも思います。
  • 投稿者

    女性 Ale

    私の近所にもノーリード散歩を平然とされている方を見かけました。お年寄りも多いですね。びっくりして慌てて抱っこをして公園の端へ寄りました。ノーリード飼い主は誇らしげに去っていきました。若い方もたまに駅前をノーリードで散歩してるのを見かけます。通勤ラッシュの朝だったので常識の無さにびっくりしました。小型も大型も関係なく安全に対して意識を‼
  • 投稿者

    女性 匿名

    シバ犬を飼っている飼い主です。日本犬は危険犬種と言われているように、ノーリードなんて、あり得ないと思います。こちらがしっかりリードして散歩していてもノーリードの犬から突進された事がありました。いつもは穏やかなシバ犬ですが、その時は自分を守る為にこちらの犬も一瞬攻撃的になり、どうなる事かと……。飼い主としての自覚を持ってほしいと思います。
  • 投稿者

    女性 匿名

    私自身は決してノーリードで歩かせないのですが、ほかの飼い主の方からノーリードで歩かせてあげればいいのにと言われることがあります。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    会社の同僚で、ウチのコはお利口だから大丈夫!と公園でノーリードにしています。朝も離してたら通学途中の小学生が驚いてたと話をしていました。呼んだらすぐ戻ったので子供たちは安心してたと自慢していました。知らない人からしたら怖いだけだと思いますが注意しても、ウチのコはお利口だからいいんだ!と怒鳴って聞く耳を持ちません。近くに国道もあるから跳ねられるかもと言っても聞きません。リードを離さないとリードを噛んでグチャグチャグチャにするからリードを離すとも言います。何故分からないのか私には理解出来ません。リードを繋いでて可愛い自分のコと手を繋いで歩いてると思えば楽しいと思えるのになと思いますが。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。