災害に対する準備と避難は愛犬と一緒に。

災害に対する準備と避難は愛犬と一緒に。

平成25年環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」で、ペットとの同行避難を推進しています。愛犬と一緒に避難するために普段から備えましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

鬼怒川の件で自衛隊員が取った行動について

ヘリで救助

平成27年9月関東・東北豪雨

愛知県知多半島に上陸した台風18号は日本海に達したのち温帯低気圧に変わり、温帯低気圧に吹き込む南東風と、太平洋上を北上していた台風17号周辺から流れ込んだ湿った風の影響により、南北に伸びた線上降水帯が多数発生し、関東地方北部から東北地方南部を中心とした記録的な豪雨が大規模な被害をもたらしました。

10日早朝より茨城県常総市付近では鬼怒川の数か所で越水や堤防からの漏水が発生した結果広範囲で水没し、家の中に取り残された人たち、屋根の上で愛犬2匹を抱きかかえているご夫婦、電柱にしがみつく男性の救助をテレビ局が生中継しました。

自衛隊員は巾着袋にわんちゃんを入れ飼い主女性と一緒にヘリコプターに引き上げました。飼い主男性も同様にわんちゃんと一緒に救助されました。

インターネットでは、わんちゃんと飼い主を一緒に救助する自衛隊員に称賛する声が大半でしたが、「ルール違反」「救助の順番に疑問」のツイートもありました。

ペットとの同行避難

常総市市長は堤防の決壊前に「避難指示」を出さなかったことについてミスだったと認め謝罪しています。鬼怒川東部地区に出されたのは2時間後だそうです。
逃げ遅れても仕方がない状況だったと思います。

避難指示が出ていても、「まだ大丈夫?」「ペットと一緒だと迷惑?」避難するのにギリギリまで迷ってしまう飼い主も多いと思います。

同行避難準備 事前の備え

普段から健康管理と基本的なしつけをしておくとペットとの同行避難に躊躇せずにすみます。

主な事前の備え

  • 市区町村に登録
  • マイクロチップ、鑑札、迷子札の装着。
  • 狂犬病予防接種、ワクチン接種、ノミダニの駆除。

キャリーバッグ

  • ケージ、キャリーバッグに慣れる。
  • 無駄吠えのないように社会性を身に付ける。
  • まて、おすわりなどの基本的なしつけ。
  • 避難グッズの準備

→ペットフード、療法食、水、お薬、既往歴がわかるもの、ペットシーツ、リード、首輪なども非常持ち出し品に入れておきましょう。

ペット用靴

肉球を守る為にペット用靴にも慣れておくと良いと思います。

避難所

その他の災害への備え

避難訓練

避難場所、避難所のチェックと避難ルートの確認も必要です。
最寄りの公民館小中学校などが指定されていることが多いですよね。選挙の投票は愛犬と行くようにしています。

周りの方への配慮

以上の事は主に、自分たちのための準備ですが、自分たちと同じように被災された他の、動物が苦手な方や、アレルギーを持っている方への配慮も大切なことです。
飼い主として、是非心がけたいものですね。

まとめ

平成25年台風18号淀川河川増水

いつ起こるか分からない『暴風 豪雨 豪雪 洪水 高潮 地震 津波 噴火』などの自然災害に普段から準備をしましょう。

災害時は、気象庁が発する「特別警報」「警報」「注意報」、市町村長が発令する「避難指示」「避難勧告」「避難準備情報」に注意し、周辺の状況を見て逃げ遅れのないよう愛犬と一緒に避難しましょう。

避難者の心的ストレスはペットとの同行避難で軽減します。
保護されているのでペットの野生化も防ぐことが出来、ペットの命が守れます。

飼い主男性とわんちゃんの救助時、自衛隊員の「わんちゃんの頭ポンポン」に胸きゅんでした。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 シュナ

    「救助の順番に疑問」・・、私はその場にいなかったのでなんとも難しい問題だとは思いますが、その災害で命を落とされたご家族の方もいらっしゃると思うので安易な発言は控えたいですが、、。天災は誰にも予想できないもの、その中、大切な愛犬と一緒に避難できるということは飼い主としては幸せなことだと思います。私も、可能であれば愛犬と一緒に避難したいですし、置いていく、という判断にどれだけ冷静に向き合えるかは想像できません。その判断がまわりの人の迷惑になってしまったら・・といろいろなことを考えてしまいます。。海外ではこういった状況のときにどのような手段がとられているのでしょうか。こちらの記事のニュースはペットを飼っていない方や得意でない方には特に理解できないニュースなのかもしれませんが、ひとつでも多くの命を限られた状況の中でで救うことができたと思ってもらえると嬉しいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。