犬が急に元気をなくすのは、病気の可能性も?考えられる5つの理由

犬が急に元気をなくすのは、病気の可能性も?考えられる5つの理由

犬は言葉で気分をうったえられないので、ささいな異変であっても見過ごさないことが大切です。愛犬の元気がないなと感じたら、重篤な体調不良の可能性も視野に入れて対応してあげましょう。今回は【犬が突然元気をなくした時に考えられること】を解説いたします。

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.疲れ

芝生を走るトイプードルとキャバリア

お散歩やドッグランなど肉体的な疲れ

たくさんお散歩した後やドッグランに出かけた後などは、遊び疲れてしまってウトウト眠ることも多いです。ぐったりしてしまったように見えますが、しばらく休息を取れば元気を取り戻すでしょう。

トリミングや動物病院などの気疲れ

体力的な疲れ以外に、犬も"気疲れ"してしまうことがあります。トリミングサロンに行っている間や動物病院を受診した際には緊張状態になりやすいので、おうちに帰ってきた後はぐったりとしてしまうこともあります。また、家に来客があったり外の音に反応して吠え続けてしまった後にも疲れてしまうこともあります。こちらも少し休息を取れば元気を取り戻すでしょう。

2.精神的なもの

上目づかいで申し訳なさそうな子犬

叱られた後や拗ねてしまった時

飼い主さんに叱られてしまった後はシュンとしてしまうわんちゃんもいます。また、何か不満なことがあって連れない素振りを見せることもあります。しばらくして元気を取り戻さない場合には、愛犬と上手にコミュニケーションやスキンシップを図ってみてください。

環境が変わった

家族に増減があったり新しくペットを迎えたなど、環境の変化にストレスを感じて元気をなくしてしまうこともあります。また、引っ越しをしてガラッと環境が変わった場合にも、新しい環境に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

3.ワクチン接種後

注射器とビーグル

ワクチンは身体に抗体という異物を入れることなので、稀にアナフィラキシーショックや痒み、発赤などの 皮膚症状などの副作用が出てしまうことがあります。

ワクチン接種後に

  • ぐったりしている
  • 顔が腫れている
  • 下痢や嘔吐がある
  • 呼吸困難

などの異変が見られた際には早急に再受診してください。

ワクチン接種は午前中の早い時間帯にしよう

アナフィラキシーショックは急性ですのでワクチン接種後1時間以内、皮膚症状や下痢などの消化器症状の副作用は半日経って現れることがあります。ワクチン接種はできるだけ早い午前中の時間帯にすると、万が一副作用が出てしまった際にももう一度受診して獣医師に対処してもらうことができますので安心です。

4.痛みがある

包帯を巻かれる悲しい顔の子犬

愛犬が急に元気をなくした場合、それが”痛み”のサインである場合があります。

  • 椎間板ヘルニア
  • 関節痛
  • 怪我
  • 内臓の痛み
  • 口内炎や歯肉炎

このような痛みによって元気をなくしてしまうことがあります。愛犬の身体を触るとひどく嫌がったり鳴き声を上げる場合には、その部位に強い痛みがある可能性が高いです。歩行や運動に異変はないか、食欲や排せつに問題がないかをチェックしてみましょう。できるだけ身体を安静に保ちながら早急に受診すると安心です。

5.体調不良

ごはんを食べない元気のないゴールデンレトリバー

犬は野生の本能から、自分が弱っている様子を隠そうとします。弱っているところを察知されると攻撃されてしまう恐れがあるためです。そんな犬が明らかにぐったりしている場合には相当体調が悪くなっていることが考えられます。

  • 食欲がない
  • 下痢や嘔吐がある
  • 身体の震えがある
  • 発熱している

など病気が疑われる様子がないかをチェックし、異変がある場合には獣医師に伝えて受診しましょう。

まとめ

元気のないトイプードル

今回は「犬が突然元気をなくした時に考えられること」を5つ解説いたしました。

犬が元気をなくす理由として

  • 疲れ
  • 精神的なもの
  • ワクチン接種の副作用
  • 痛みがある
  • 体調不良

などが考えられます。

お散歩で元気に遊んだ後やトリミングサロンに行った後などは疲れが出ますので、一時的にぐったりして休息を取ることも多くあります。飼い主さんに叱られてしまったあとにもシュンとしてしまって元気をなくすこともあります。このような心身の疲れによるものや精神的な理由の場合は一時的なもので終わり、しばらくすると元気を取り戻すことがほとんどです。しかし、急にぐったりとしてしまい他の異変が見られる場合には病気や痛みのサインである恐れがありますので注意が必要です。ワクチン接種後の副作用は命にかかわることもありますので、少しでもおかしいなと思ったら早急に受診するようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。