犬が初対面の人にしている『挨拶の仕草』11選

犬が初対面の人にしている『挨拶の仕草』11選

初対面の人に対して愛犬が見せる挨拶の仕草が妙に気になるものだったりすると、どういった意味なのか知りたくありませんか?ここでは、犬が初対面の人にしている挨拶の仕草11選をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が初対面の人にしている挨拶の仕草11選

小さい犬

家にきたお客さんや、散歩中に出会った人に向かって愛犬はどのような仕草を行いますか?犬は人間のように「こんにちは」と言葉が話せない分、ボディランゲージを使って気持ちを伝えています。

明らかに好意だとわかる仕草もあれば、不思議な仕草をすることもあるので、その理由を確かめていきましょう。では、犬が初対面の人にしている挨拶の仕草11選をご紹介していきます。

1.見つめる

犬は、初めて見る人や動物に出会うと立ち止まってじっと見つめます。相手を観察して、危険な対象物なのかどうかを確認しているのです。とくにじっと見つめ返してくる相手には、警戒心を強く抱いてしまうことも。

内心ではとても不安な状態なので、話しかけても応じてくれないこともあります。危険人物ではないことがわかった途端、好意的な態度に変わることも多いのですが、もし愛犬が知らない人に敵意を抱きやすい場合はその場から立ち去るようにしましょう。

2.尻尾を振る

初対面の人に会ったとき、尻尾を振る犬も多いです。これは好意的な挨拶の仕草だといえますが、もし尻尾を振りながら吠えている場合は要注意。

耳を後ろに倒していれば喜んでいるのですが、そうではなく耳がピンと立っている場合は警戒心が働いています。尻尾だけでは判断せず、ほかのボディランゲージを合わせて確認をした上で判断をしましょう。

3.そばに寄ってニオイを嗅ぐ

手のニオイを嗅ぐ犬

犬が初対面の人によく見せる仕草といえば、そばに寄ってニオイを嗅ぐ行動です。相手の情報を得るための行動ですが、中には股間のニオイに執着することもあるのでちょっぴり恥ずかしい思いをしてしまいますね。

初対面の人を困らせないためにも、距離感を取った状態で挨拶をするようにしましょう。もし家に上がる来客であれば、犬が寄り付いてもスルーをしてもらってください。そこで反応を示すことで、ニオイを嗅ぐ行動が身に付いてしまいます。

4.おもちゃを持ってきて遊びに誘う

家にきたお客さんに、自分のお気に入りのおもちゃを持ってきて置く犬もいます。とても愛らしい仕草ですが、この行動は「遊んで」「仲良くなりたい」という意味です。また、それに応じてもらったことがあるから、来客の人が来るたびにおもちゃを持ってくることをするでしょう。

5.体を寄せる

犬が体をスリスリ寄せる仕草は好意的なサインです。「仲良くしてね」と挨拶をしているのでしょう。初対面の人も、犬にすり寄って来られると断れないかもしれませんね。

ワンちゃんの体毛がたくさん付いてしまうので、相手の洋服が汚れないような配慮を見せておくこともお忘れなく。

6.唸ったり吠えたりする

うなる犬

初対面の人に対して唸ったり吠えたりするのは、警戒心が高まっているときです。よく配達員の人に唸ったり吠えたりする犬が多いですが、飼い主さんに「誰かきたよ!」と知らせていることも意味しています。

どんな人にも警戒心がむき出しにする場合は、誰かが近づいてきてもむやみに触らせないよう飼い主としてお断りを入れましょう。もしかすると子犬の頃に嫌な思いをしているので、トラウマを抱えているのかもしれません。

7.噛む

警戒心が強い犬、縄張り意識の高い犬は初対面の人に思わず噛みついてしまうことがあります。何らかのトラウマだったり、発情期でイライラしているなどの理由から思わぬ行動に出てしまうことがあるので飼い主としても注意をしましょう。

たとえ小型犬でも大型犬に噛みつくこともあるので、初対面の人が近づいてきても頭を撫でるような行動は控えてもらってください。

8.舐める

犬が人間のどの部位を舐めるか?でも感情が変わります。初対面の人を舐めることがあれば、どこを舐めているのか観察してみましょう。

「耳や鼻」を舐めるときは、「甘えたい」と同時に「しょっぱくて美味しい」という場合も。さらに「口」を舐めるときは敬意を示している、または「お腹が空いた」という意味ですね。

もし「手」を舐めることがあれば、「遊んで」「撫でて」と甘えていると同時に、相手の情報を素人しているのでしょう。甘えん坊の犬なら初対面の相手でも、このような仕草を見せることがあります。

9.飛びつく

嬉しそうな犬

相手が初対面の人であっても、飛びついてしまう犬がいます。この仕草は興奮してつい飛びついてしまったという喜びの挨拶です。

注意したいのが、噛みつくために飛びつく行動です。警戒心が強い神経質な犬は思わぬ行動に出てしまうこともあるので、知らない人や動物が近づいてきたら距離を取って歩くようにしてください。

飛びつき行動が身に付いてしまっている場合は、相手を驚かせてしまうので「ふせ」や「まて」の指示に従うようトレーニングをしましょう。

10.伏せて鼻や口をなめる

知らない犬や初対面の人が近づいてくると、伏せをしてじっと構える犬もいます。この心理には、「こっちへ来てほしいな」という有効的な挨拶が含まれていることが多いです。さらに鼻や口をペロッと舐めていれば、相手と仲良くしたいと思っているのでしょう。

11.お尻をつけてくる

犬が初対面の人にお尻をつける仕草に出たときは、相手に信頼を持ったサインだと受け止めましょう。そっぽを向ける態度に「嫌われているのでは」と誤解を与えることがありますが、犬にとって背中側を向けることは信頼を寄せていないと決してしません。

まとめ

女性と犬

犬が知らない人と出会ったときの反応は様々ですが、1度覚えてしまった行動はしばらく続けてしまいます。もし来客に吠えてしまって困っている人は、ぜひ過剰反応をしないようスルーをお願いしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。