驚きの変化!襲いかかる大型犬カネ・コルソのトレーニング経過

驚きの変化!襲いかかる大型犬カネ・コルソのトレーニング経過

行く先々で告げられる『殺処分』…それでも『どうにか一生面倒をみてやりたい』飼い主さんのSOSに愛の手を持つポチパパさんが応える!

はてな
Pocket
お気に入り登録

殺処分といわれたカネ・コルソのリハビリ

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。『殺処分ゼロ』を目指すポチパパさんの『愛の手』は、日々多くの犬達を救っています。

イタリアン・コルソ・ドッグの『ティート』くん

ドッグトレーナー、ブリーダー…助けを求めた先で口々に告げられたのは『殺処分』。それでも愛犬との暮らしを守りたいと願い続けた飼い主さんが助けを求めたのは、愛の手を持つポチパパさんでした。

迎え入れ当日のティートくんは、一瞬たりとも油断のできない状態でした。

関連記事
襲い掛かるカネ・コルソ…狂暴すぎて殺処分と言われた大型犬を救えるか
襲い掛かるカネ・コルソ…狂暴すぎて殺処分と言われた大型犬を救えるか

『どうにか一生面倒をみてやりたい』飼い主さんのSOSに愛の手を持つポチパパさんが応える!

  • コラム
  • トラブル

あれから約2ヵ月…ティートくんは見違えるほど穏やかで自信に満ちた姿を見せてくれました!

ポチパパさんの側に寄り添うティートくん

ティートくんはまるで子犬のようにお腹を出してポチパパさんに甘え、寄り添います。

ポチパパさんはティートくんのような状態に陥ってしまった犬に対し、大きさや犬種などに関わらずまずは『触れ合う』ことで心情を読み取ることを心がけていると話されています。

殺処分という決断について

自身が目標に掲げるアメリカのカリスマドッグトレーナー『シーザー・ミラン』を例にあげながら

「もしこれがシーザー・ミランなら…きっと、その場で…1日で改善していたであろうと思います。僕は2ヵ月もかかっちゃいましたけど…。だからこそ、飼い主さんの拠り所であるトレーナーやブリーダーは安易に『殺処分』という言葉を口にしてほしくない…最終決断を下すべきではなく、自身の技術では対処できないと言ってほしい」

そう語ります。

飼い主さんの強い気持ちが愛犬を生かした

そして、ティートくんの飼い主さんの『この子と生きていきたい』その強い心がなければ、ティートくんは既に殺処分されていたであろうことも。

助けを求めた先々で『殺処分』を告げられたのにも関わらず、ティートくんと生きていくことを諦めなかった飼い主さんだったからこそ、ポチパパさんの元へ辿り着いたのかもしれません。

この日、施設に来ていた工務店の方が『ティート!』と声を掛けると駆け寄っていくティートくん。

今では来客にも落ち着いて対応できるようになりました。

飼い主さんの元へ帰れる日を楽しみに…

このままトレーニングがうまくいけば、また飼い主さんとともに過ごせる日がやってくるはず…。

ポチパパさんの愛の手によって救われたティートくんは明るい未来に向かって懸命に走り続けています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。