犬が見せる意外な『降参サイン』5選

犬が見せる意外な『降参サイン』5選

『犬が見せる意外な降参サイン』についてまとめました。犬は、いろんな仕草や行動やポーズで「降参します」の気持ちを伝えようとします。言葉を話せない犬だからこそできる、ちょっと意外な!?降参サインをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

意外なポーズで降参サインを出す犬たち

仰向けで両手を上げているフレブル

1.身体をキュッと小さく見せる

“私は弱い者なので攻撃しないでください”という意味を込めて、身体をキュッと小さくすることで、降参サインを出すことがあります。

たとえば、犬同士が遊んでいて、相手が急に喧嘩腰になってしまったとき。自分よりも身体が大きく、明らかに力の強そうな犬が近づいてきたとき。飼い主さんや家族から叱られているときなどです。

犬の本能として、子犬や自分よりも小さな犬、自分よりも力の弱い犬に対して、無理に喧嘩をしかけたり、いきなり攻撃をしかけたりすることはありません。そのため、身体をキュッと小さくすることで、子犬のように弱い姿を見せ、降参の気持ちを示すことがあるんです。

2.相手よりも低い位置から顔を舐める

相手よりも低い位置に立ち、相手の顔を見上げるようにして、相手の鼻の辺りをペロリと舐めることがあります。ちょっと意外な降参サインですよね。そんなことで降参になるの?と思われるかもしれません。

実は、子犬が母犬のご機嫌をうかがうときの仕草なんです。母犬に叱られた子犬は、母犬のご機嫌をうかがうため、母犬の鼻の辺りをペロリと舐めることで甘えます。ごはんをおねだりするときの仕草でもありますよね。

イタズラや悪さをしてしまったことで飼い主さんに叱られた犬が、そっと飼い主さんの顔を下から覗き、顔や口周りをペロリと舐めることがあります。降参し、“ごめんね?”と、サインを出しています。愛犬にもありませんでしたか?

3.仰向けになり、お腹を見せる

お腹を見せ、頭を抱えるようなポーズのゴールデン

犬が仰向けになり、お腹を見せるのは、お腹を撫でてほしいときだけではありません。飼い主さんに甘えたいときだけではありません。

犬には、自分よりも強い相手に対し、お腹を見せるという習性があります。お腹が弱点のひとつだからです。初対面の相手に対しても、お腹を見せることがありますが、“私は攻撃しません”、“仲良くしてください”という意味が込められています。

この相手には敵わないなと感じ、はじめから降参サインを出すことで、攻撃されることを防ぐためです。たとえば、家族の中で、お腹を見せる相手と見せない相手がいることがあります。お腹を見せない相手に対しては、“私の方が強いんだぞ!”と思っているのかもしれません。

4.目を閉じる

飼い主さんに叱られているとき、見知らぬ犬が近づいて来たとき、スッと目を閉じ、身動きせずにジッとしていることがあります。

座ったまま目を閉じることもありますし、立ったまま目を閉じることもあります。これも降参サインのひとつです。“これ以上、叱らないでください。”という気持ちや、“何もしません。だから私にも攻撃しないでください。”という気持ちが込められています。

“もしかして、叱られている最中なのに、居眠りしようとしてる!?”なんて、飼い主さんの怒りを買ってしまうこともありますが、実は、ちょっと意外な降参のサインなんです。決して、目を閉じて、聞こえないふりをしているわけではありません。

5.しっぽを下げる(足の間にまき込む)

犬がしっぽを下げたり、足の間にまき込むときは、降参のサインです。飼い主さんや家族に対しても見せることがありますし、仲の良い犬に見せることもあります。親しい相手に対して、犬がしっぽを下げている姿を見せることは、あまりないですよね。

しかし、いつも優しい飼い主さんが起こっているとき、不安や恐怖に感じ、“逆らったりしないので怒らないで…”と、しっぽを下げて降参することがあります。

仲の良い犬に対しても、遊びのつもりがちょっとしつこくしてしまい、相手が怒ってしまったとき、しっぽを下げて“ごめんね?”と、降参の気持ちを伝えようとすることがあります。

まとめ

伏せた上目遣いのジャックラッセルテリア

犬が見せる意外な降参サインには、

  • 身体をキュッと小さく見せる
  • 相手よりも低い位置から顔を舐める
  • 仰向けになり、お腹を見せる
  • 目を閉じる
  • しっぽを下げる(足の間にまき込む)

などがあります。愛犬の降参サイン、いくつ見たことがありますか?犬は表現力の豊かさも持っていますので、いろんな仕草や行動で降参サインを出すことがあります。飼い主さんや家族も知らない、愛犬のちょっと意外で特殊な降参サインがあるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。