犬の外飼いと室内飼い、どっちがいいの?外飼いのメリットや注意点

犬の外飼いと室内飼い、どっちがいいの?外飼いのメリットや注意点

犬を迎え入れる際、住宅事情によって外飼いするか室内飼いするか検討することがあるでしょう。少し前まで犬の外飼いはよく見られる光景でしたが、外飼いと室内飼いは犬にとってはどちらがよいのでしょうか。今回は、犬を外飼いすることのメリットや注意点についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の外飼いとは

犬小屋と犬

犬の外飼いとは、庭や玄関先など家の外で犬を飼うことを言います。室内飼いの犬であれば、家の中で自由に過ごさせている飼い主が多いと思いますが、外飼いの場合はそうはいきません。おとなしい犬の場合でも、ふとした拍子に庭から脱走する危険もあるため、首輪とリードで繋いでおくことが重要です。庭で自由にさせるのは、飼い主が見ていられる時にしましょう。

犬の外飼いのメリットとデメリット

ゴールデンレトリバー

犬の外飼いのメリット

犬を外飼いする際のメリットとして、家の中が汚れないことが挙げられます。室内飼いの場合は、抜け毛やトイレの失敗などで部屋が汚れることや、犬の臭いが部屋についてしまうことは避けられません。また、外飼いでは室内飼いと違い、散歩から帰った後に足裏を洗ったり拭いたりする手間を省くことができます。

他にも、人間の生活空間にはゴミ箱や電気コードなど犬がイタズラすると危険なものが多く存在しますが、このような心配が少ないことも外飼いのメリットと言えるでしょう。

犬の外飼いのデメリット

犬の外飼いで挙げられるデメリットは、天候の影響を受けやすいことです。雨風をしのげる犬小屋があっても、外飼いの犬は汚れやすいですし、暑さや寒さ対策を行ってあげなければなりません。また室内飼いと比べて、常に飼い主の側にいるわけではありませんので、体調の変化にも気づきにくいというデメリットもあります。毎日の散歩だけでなく、定期的なブラッシングの時間や一緒に遊んであげる時間を設けるなどの工夫が必要でしょう。

外飼いの犬の場合は、飼い主の知らない間に他人から食べ物をもらったり、イタズラされたりといった危険もあります。警戒心の強い犬の場合、人が通るたびに吠えてしまうかもしれません。他者との関わり方については、しつけをしたり、場合によっては防犯カメラをつけたりといった対策方法もありますよ。

犬の外飼いが向いている犬種

黒柴

柴犬

外飼いに向いている犬種として代表的なのが、日本原産の柴犬です。日本犬は日本の気候風土に適した体を持っているため、暑さや寒さへの適応力も備えていると言われています。柴犬は丈夫で病気にも強いので、外飼いでも安心して飼うことができるでしょう。

自立心が強い犬種のため、飼い主への依存度も低い傾向にあります。そのため、外飼いでも大きなストレスを抱えずに過ごせるでしょう。

ウェルシュコーギー

ウェルシュコーギーのようにダブルコートの被毛を持つ犬種も、外飼いに向いていると言われています。ダブルコートの犬種は、換毛期の生え変わりによって暑さ寒さに適応しているため、季節を問わず屋外で過ごすことができます。

ウェルシュコーギーはもともと牧羊犬として活躍してきたこともあり、走り回ることや与えられた仕事をこなすことが得意な犬種です。庭を自由に走らせる時間を作ることで、ストレスが軽減されやすくなるでしょう。外飼いに向いている犬種ですが、脚が短く体高が低いため、夏場は日差しの照り返しにも注意してあげてください。

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーは、外飼いでも比較的トラブルなく飼うことができる犬種です。温和な性格をしていますので、人に飛びかかったり噛み付いたりする心配も少ないでしょう。被毛はダブルコートで、日本の気候にも適応しやすい犬種です。

人が大好きな性格のため、外飼いの場合でも家族の姿が見える位置に犬小屋を設置する工夫が必要になります。日々の散歩以外にも、コミュニケーションの時間を十分に作ってあげることもよいでしょう。

犬を安全に外飼いする工夫

フェンスの前にいる犬

フェンスや柵で囲う

犬を外飼いする場合、脱走防止対策のために庭を囲うフェンスや柵の設置は欠かせません。愛犬が飛び越えられないように、柵の高さは愛犬のサイズに合わせて設置しましょう。すき間から外に出てしまう危険性もあるので、高さだけでなくすき間の間隔にも注意してください。

リードの長さを適切にする

犬を外飼いする場合、リードや鎖で犬小屋とつなぐ必要がありますが、長さには注意が必要です。リードが短すぎると動き回れずに犬にストレスを与えてしまいますが、長すぎる場合は通行人や隣家に届いてしまったりリードが絡まったりする危険性があります。リードの長さは、敷地内の広さに応じて工夫してあげましょう。

リードが劣化していたり、つなぎ方が不十分だったりすると、愛犬が敷地外へ飛び出してしまうかもしれません。リードの長さに注意すると共に、リード自体の安全性も確認するようにしてください。

犬を外飼いする注意点

雪の中につながれた犬

天候の変化における対策をする

犬を外飼いする上では、犬小屋の暑さ対策や寒さ対策を行いましょう。暑さや寒さに強い犬種でも、近年の猛暑は非常に厳しいものでしょう。夏は日陰を作ったり、打ち水をしたりといった対策が必要です。冬は犬小屋に冷気が入らないような対策をしましょう。断熱材で犬小屋を囲うことや、防寒具を中に入れることも効果的です。

雨対策の観点から、犬小屋は屋根がついたものを用意します。しかし台風や大雪などの悪天候の際には、無理せず家やガレージなどに入れましょう。強風で物が飛んでくる危険性や落雷の音にパニックに陥る可能性も考えられますので、愛犬の身を守る工夫をしてあげてください。

子犬のうちは外飼いを避ける

病気の予防の観点から、子犬のうちから外飼いすることはおすすめできません。生まれて数ヶ月の子犬は免疫力が弱く、外飼いでは感染症のリスクも高まります。感染症予防のために、生後4ヶ月頃までに混合ワクチンを接種することが推奨されています。このワクチン接種が終わらないうちは、外へ連れ出すこともできるだけ控えると安心です。

子犬をいつから外飼いしてもよいのか、あまりに幼いうちはかわいそうではないかと悩む場合は、ワクチン接種の完了を目安にしてもよいでしょう。

トイレや抜け毛の掃除をする

犬を外飼いする場合でも、トイレや抜け毛の始末はきちんと行いましょう。不衛生な環境では、愛犬が感染症にかかるリスクも高まります。これは室内飼いの犬に比べて寿命が短いと言われる原因でもあります。トイレトレーニングも、室内飼い同様に決まった場所で行えるよう、しっかり教えておくことが大切です。

また、糞尿の臭い対策や抜け毛の飛散防止のために掃除をきちんと行うことは、近所とのトラブル防止にも繋がります。愛犬の健康を守ると共に、トラブルを避けるためにも愛犬のスペースは清潔に保ちましょう。

まとめ

家族と犬

犬を外飼いする場合、つないだままにしておくことは犬にとってストレスになりますので注意が必要です。日々の散歩はもちろんのこと、帰宅時には必ず声をかけたり撫でたりするなど、コミュニケーションを積極的に図るようにしましょう。

室内飼いの場合と違って、犬も飼い主もお互いの様子を自然と伺うことは難しいかもしれません。週末は一緒に過ごす時間を多めに設けるなどの工夫をし、愛犬との楽しい時間を過ごせるとよいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 さかな

    外で犬を飼うのにはやはり日本犬が一番じゃないかって思います。日本の多様な風土や聞こうに堪えられるのって日本犬くらいだと思いますしね。なんといっても柴犬は可愛さと頑丈さ、そして勇敢さを兼ね備えているので、外飼いにもっとも適した犬種じゃないだろうかと思います!
  • 投稿者

    30代 女性 りん

    実家の愛犬は外飼いですが、やはりダブルコートなこともあり、年に2回の抜け毛が半端ないくらいすごいです。そして、たまにカラスと張り合っています(笑)カラスが愛犬のごはんを食べに来るのですが、お互い譲らない…。水を入れるバケツに水が溜まっていると、蚊のたまごを飲んでしまうかもしれないんですね。。それは気を付けなければいけないと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 すずり

    わたしも雑種の大型犬を外で飼っています。お庭のデッキに大きなお家を置いて紐も長めにしてあるので自由に歩けるようにしています。芝生などもあるのでわんちゃんのくつろぎスペースもあるし、ストレスなく過ごせるように努力しています。もちろん必要な予防接種やワクチン、ノミダニ予防薬も飲ませているので特別外飼いが危険などはないので問題なくお庭で飼っています。夏の暑さや冬の寒さに対する対策は色々と行っています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 マエストーソ

    秋田犬と暮らしています。やはり、秋田犬は外が良いのです。秋田犬本人がそう言っています。ただ、首都圏の夏だけは殺人的な暑さなので室内にて過ごすようにしています。最近、殺処分ゼロを目指す里親募集のサイトを見ると、日本犬であっても完全室内飼育が譲渡条件になっており、これではなかなか犬にとっても飼い主にとっても厳しいのではないかと危惧しております。この条件さえ外せば、もっと里親さん候補者が増えると思いますよ。完全室内飼育にこだわるあまり、本当に犬をわかっている人が里親候補から外されている現状に目を向けるべきですね。

    長くなりましたが、室外飼育は決して飼い主が犬を放ったらかしにして楽をしているのではなく、いかなる天候でも毎朝毎晩必ずたっぷりと運動をし、悪意をもつ人間などの外敵から守れるような柵などで防御し、風通しや陽当たりや日陰なども充分考慮して庭に放し飼いにしている飼い主も数多くいることを知ってもらいたいです。

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家の愛犬は現在14歳の大型犬(ゴールデンレトリバー)ですが、13歳までは昼間は外で、夜のみ室内に入れるという生活をさせていました。外はガレージに犬用ハウスを置いて近くに水の入ったボウルを常に置いていました。注意点としては、季節に応じた対策(夏は蚊取り線香を置いて虫よけをしたり、冬にはハウスに毛布などの暖がとれるものを用意)、そして特に気を付けたいのが通行人が勝手に食べ物を与えたり触ってきたりすることです。犬が食べてはいけないものを与えられては困るので、柵に「食べ物を与えないで下さい」という注意書きをしました。人に噛んだりはしないのですが、万が一嫌がる場所を触られて噛んだりしたら大変ですので、リードが通る人まで行かない距離に調節したり工夫しました。外で飼うという事は、様々な危険を想定した上で万全な体制で飼わなければ地域住民とのトラブルを招くという事を、きちんと理解して外飼いしてほしいです。
  • 投稿者

    40代 女性 こたママ

    私が子供の頃はほとんどの犬が外飼いだったと思います。しかも見かける犬は柴犬とか、日本犬ぽい中型の雑種という感じの犬ばかりだった印象があります。でも、昔だって小型犬とかもきっと飼われていましたよね?そういう小型犬が「お座敷犬」なんて呼ばれて室内にいたのかな?今人気のある犬種は外飼いに向いていない子が多いし、木や土のある庭がなかったりして環境的にも適していない感じがしますよね。実家では縁側のようなところの下で穴を掘って冷たい土の上で寝てたり、大きな木の下の日陰にいたりして、犬の苦手な夏もうまくやり過ごしていた気がします。ホースで水浴びさせたりもしました(#^^#)でも今は昔に比べると夏の暑さも尋常じゃないし、土の冷たさや日陰位ではやりすごせないのかもしれませんしね。犬にこの酷暑はかわいそうだと思います。。。季節や天候によって、玄関先に入れたりときちんと管理できるならいいとも思いますが、やっぱり犬と暮らすなら一緒の空間にいたいな、と個人的には思ってしまいますね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    うちは2匹トイプーとジャックラッセルテリアを室内で飼ってます、散歩していて外飼いの犬さんをお見かけしたりします。外飼いでも飼い主さん次第で良い環境の子、正直、良くない環境の子を見かけます。大体、外飼いの子は大型犬が多くお見かけしやすが、ジャックラッセルテリアを外飼いしてるお宅がありましたが少し驚きました。うちは室内で毛も抜けるけど室内飼いしてるので。ジャックラッセルテリアだけあって寂しいからか?散歩が少ないからか?いつも鳴いて吠えてるイメージです。
  • 投稿者

    女性 マロニー

    昔、私が子供の頃は庭で柴犬ミックスを飼っていました。当時は外飼いが一般的だったのでそういうものだと思っていましたが、今室内飼いで犬と暮らしてみると、かわいそうだったのかもなと考えてしまいます。冷房も暖房もない、ごはんとお散歩のときにしか家族と触れ合えない環境で、何を考えて過ごしていたんだろうと思うと切なくなってしまいます。
  • 投稿者

    40代 女性 さくら

    昔とは気温が全然違うし、夏が暑いと残暑も厳しく、その年の冬は寒さが厳しいとも言われている。今年H30の暑さは気象庁が災害と言うほど。なぜ犬なら大丈夫だと思うの?外飼いの家を見ると、自分に置き換えて考えられない人は飼わないでと思う。いい加減外飼いを禁じないこの国もおかしいけど。特に狭いスペースしかないのに繋ぎっぱなしでの外飼いは虐待と言われても仕方がないと知って欲しい。自分だったら嫌でしょ
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。