あなたの愛犬は大丈夫?「犬の歯周病のサイン」を見逃さないで!

あなたの愛犬は大丈夫?「犬の歯周病のサイン」を見逃さないで!

成犬の8割以上が罹患しているという歯周病。お口の中はしっかりと見せてくれないことも多く知らず知らずのうちに進行しているかもしれません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の提供

日本大学生物資源化学部獣医学科卒業。行政獣医師として働いた後、東京都および静岡県内の動物病院にて臨床獣医師として勤務。その後、カナダ・アメリカを経て現在ロンドンに滞在しながら動物福祉・シェルターメディスンを勉強中。飼い主がいない犬や猫も幸せな社会にしたいと思っています。

犬のお口のトラブル「歯周病」

普段一緒に暮らしているワンちゃんが「口が臭いかもしれない」「歯の一部が茶色くなっているのに気付いた」など虫歯(う歯)を想像する飼い主さまもおられるかもしれません。

でもそれは虫歯ではなく実は歯周病であることがほとんどです。では歯周病とはどのような病気なのでしょうか。

結論から言うと、ワンちゃんたちは虫歯になることは少ないです。それはワンちゃんの口の中の環境は人と違ってpH値がアルカリ性であり、口の中の細菌バランスが異なっているためと言われています。

口を開ける犬

では虫歯が少ないから安心できるかと言うとそう言うわけでもなく、虫歯よりももっと気にしたいものに「歯周病」というものがあります。

犬の歯周病はどうやって起こる?

犬の口の中

歯周病とはワンちゃんの口の中にもともと少なからず住み着いている歯周病菌が増殖することで、様々な症状が起きている状態です。

増殖の過程としては、歯周病菌が口の中の食べカスを分解することで歯垢がたまり、さらにそれが3~4日経過すると表面がザラザラしていて黄色〜茶色の歯石に変わります。

いったん歯の表面に歯石が付着してしまうと歯磨きでは除去できません。軽度歯周病では歯の表面や歯周ポケット内に溜まっていた歯垢や歯石が、病気の進行とともに歯の根元へと進み、そこでさらに増殖します。

犬が歯周病になった時の症状

犬の口の中を見る獣医

軽度

初期では口臭が気になったり歯茎の炎症(赤く腫れたり出血しやすくなる)が起きます。この時点ではなかなか気づかないことも多いです。

中程度

歯石の付着は目に見えるところから歯の根元へと進行し、歯肉内部にて化膿が進みます。その為、ある日突然片側(もしくは両側)の頬が腫れたり痛みにより口元を触られるのを嫌がる、フードを食べている時に「キャン!」と鳴いて食べなくなることがあります。

重度

歯の根元への感染が重度になると周囲の組織を溶かすことで口から鼻の内部へと病的なトンネルができてしまい、そこを唾液などが通ってしまうことでくしゃみを頻発するようになります。

またこの時の鼻水はニオイがきついことや粘度が高いこと、血混じりであることが多いです。

歯は上下の顎の骨に埋まっていますが、感染によりその周囲の骨を溶かします。その結果、鼻先を壁などにぶつけた際のわずかな衝撃にも関わらず、顎の骨の骨折を招くことがあります。

先ほどの口から鼻へとトンネルができてしまっていてくしゃみを頻発しているような子の場合、くしゃみの際に床などに鼻先をぶつけることも多いのでより骨折のリスクも高いです。

また増殖した細菌が顎の骨の血管から全身へとめぐってしまうことで心臓や腎臓の機能に悪影響を与えてしまうということもあります。

犬の歯周病サイン

  • 口臭がきつくなった
  • 歯の表面がザラザラして黄色い
  • くしゃみや鼻水が多くなった
  • 歯が抜けるようになった
  • 口元を触られるのを嫌がるようになった

こういったサインはおうちでも比較的わかりやすい歯周病サインかと思います。

ただし、これらは歯周病以外の病気が原因である可能性がありますので、毎日の観察で気になるようなことがありましたらかかりつけの動物病院にて相談されてみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。