犬が散歩で速く歩くときの心理3つ

犬が散歩で速く歩くときの心理3つ

愛犬との毎日のお散歩は楽しんでいますか?マイペースに歩く子もいれば、グングン元気いっぱいに力強く進んでいく子もいると思います。時には歩くペースが急に速くなることも!?そんなとき愛犬は何を感じているのでしょうか?この記事では犬が散歩で速く歩くときの心理をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

理想的な犬のお散歩とは

散歩中の白い犬

理想的な犬のお散歩は、愛犬が自発的に飼い主さんの横に寄り添い歩く「リーダーウォーク」。「リーダーウォーク」はしつけの一環であり、トレーニングすることで愛犬が少しずつ覚えていくべきことのひとつとなります。ちなみに「リーダーウォーク」が推奨される理由は、「愛犬自身と周囲の安全を守るため」であり、飼い主さんがしっかりリードすることで、愛犬とのお散歩中のマナーを守ることができます。

犬のお散歩で理想的な歩く速度はあるの?

一般的な成人の歩行速度は時速4キロ程度と言われています。この平均速度は、例えば、通勤や通学、買い物に行くときなど、特に歩くスピードを意識していない状態になります。不動産情報などで「○○駅から徒歩〇分」などと表記がありますが、こちらは4.8キロの時速で歩いたケースになるようです。4キロの歩行スピードは少しゆっくりめに感じる方が多いかもしれません。対して、犬の平均時速は小型犬が3.6キロ、中型犬と大型犬は4.6キロとなっています。

犬と人間の平均的な歩行スピードは極端に大きな差はないようですね。毎日のお散歩は愛犬はもちろんですが、飼い主さんにも良い運動。「リーダーウォーク」をしながら、軽く息が上がるくらいの速度でお散歩すると有酸素運動にもなるのでとてもオススメ。

もちろん個体ごとに体力に差があり、年齢や持病により運動が負担になってしまう子もいます。そんなワンちゃんは、体に負担がかからない範囲のお散歩でとどめておきましょう。老犬や持病がある場合、獣医さんと相談して最適なお散歩の方法を見つけてください。

犬も「平常心」でいるときは、飼い主さんが指示を出さな限り、極端に速く歩く必要はないはず。「お散歩中に突然速く歩きだす」また「お散歩中は常に速く歩いている」などの行動は、愛犬なりの理由があるようです。

犬が散歩で速く歩くときの心理3つ

石畳の上を歩く犬

1.前方に強い興味の対象が見えている

犬には優れた五感が多いのですが、実は視覚はあまり優れていないのです。視力自体は0.2~0.3程度しかなく、焦点を合わせる能力が弱いため、犬の目に映る世界はぼやけているそうです。しかし、視野が非常に広く250度~270度ほどは一気に見渡すことが出来ています。そして動体視力が非常に優れているため「遠くに見える動くもの」を認識することができるのです。

例えば800メートルほど前をお散歩しているワンちゃんに気づき、追いつきたくて速く歩くこともあるとか。800メートルと言えば、私たち人間からすると、見えなくはないものの、気になる距離ではないと思います。

しかし、犬は「遠くに見える動くもの」を認識する能力と、さらに優れた嗅覚や聴覚もいかし、気づくことが出来るようです。愛犬が急に速く歩きだしたとき、もしかすると前方に気になる何かが存在しているのかもしれません。

2.楽しさからくる興奮

犬は散歩が楽しいもの。運動のために必要なのはもちろんですが、犬は外に出ることで、いろいろな情報を集め、気持ちをリフレッシュさせます。ストレス発散のひとつにもなっているのです。ましてや大好きな飼い主さんと一緒のお散歩は、嬉しくてしょうがなく興奮してしまう子もいます。

犬は興奮しているときも速く歩くことがあります。よく言われる、飼い主さんが引っ張られている状態ですね。好奇心が強いタイプのワンちゃんは、お散歩のたびに速く歩くのではないでしょうか。特に初めて歩く道や、初めて行く公園では興奮が強く「この先に何があるのか知りたい!」という気持ちから速く歩くことが多いでしょう。

3.早く帰りたい

犬はお散歩が大好きな子がほとんどですが、疲れがたまっている時や、その日の天気などで「今日はお散歩行きたくない…」と感じることがあるのも事実だと思います。愛犬の「行きたくない」のサインに気がつくことができれば、たまにはお散歩をお休みするのも良いと思いますが、なかなか気づいてあげられず、お散歩に行ってしまうことも多々あると思います。

我が家の愛犬の場合、いつものお散歩コースで、この角を曲がればもうすく自宅、という所まで来ると、曲がったとたん急に歩くスピードが上がるときがあります。住んでいる地域が雪が降る、寒い地域なんですが、冬にはたまに見られる光景で、「あぁ、寒かったんだね、ごめん」と思う瞬間です。どこのお家のワンちゃんでも、何らかの理由で、早く帰りたくて速く歩くこともあると思います。

まとめ

落ち葉の中を走る犬

犬がとる行動の多くには、しっかりとした理由や原因があります。愛犬がお散歩で速く歩くとき、何らかの心理が働いているはず。飼い主さんにとって、特別困る行動でなければ、小走りするように一緒にお散歩を続けても良いかもしれませんが、愛犬はどんどん加速してしまうかも…。まずは理由だけでも探っておくと良いかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。