犬の体に異常が出ているときのサイン4つ

犬の体に異常が出ているときのサイン4つ

日々、大切な愛犬と過ごしていると、やはり健康状態は気になるもの。愛犬の健康を守るためにも、犬の体に異常が出ているときのサインをご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の体の異常にいち早く気づいて対応しましょう

寝ているシュナウザー

毎日、愛犬と過ごす時間が長い飼い主さんは、愛犬のちょっとした変化にも気づきやすいですよね。でも、お仕事などで忙しく、コミュニケーションをとる時間が限られている飼い主さんも少なくないと思います。

犬の体の異常とひとことで言っても、ストレスからくる体調不良や、内臓疾患などの病気、また、犬種によっては発症しやすいヘルニアや関節痛など、様々あります。私たちのように「お腹が痛いよー」などと、言葉で伝えることができない愛犬。体に異常が出ているときのサインを見逃さず、いち早く対応してあげましょう。

犬の体に異常が出ているときのサイン4つ

前脚を舐めるハスキー犬のパピー

1.お散歩を拒否する

多くの犬にとってお散歩は、一日の時間の中でも大好きで大切な時間になります。運動のためにはもちろんですが、外の空気を吸い、お日様を浴び、たくさんのニオイを嗅いで様々な刺激から好奇心を満たします。そんなお散歩に行きたがらないときは、体に何らかの異常があるときかもしれません。また、散歩中に突然歩かなくなるのも何か理由があってのサインかも。

お散歩に行く前から拒否をするときは、単純に前日のお散歩量が多かったり、睡眠時間が不足したりしているせいで疲労が溜まっているだけの可能性もあります。しかし、体調不良や関節の痛みで、歩きたくないのかもしれません。

関節に痛みがあり炎症を起こしているときは、歩き方がいつもと違うはず。歩き方に異常はないか、また座っているときも、いつも通り座れているか確認しましょう。後ろ足の関節に痛みがあるときは、上手にオスワリをすることもできないはずなので確認してみてください。

また、お散歩中に突然歩かなくなった場合は、何か鋭利なものを踏んで怪我をしている可能性もあります。特に日頃はお散歩が大好きで、元気いっぱいに歩くタイプのワンちゃんが、お散歩を拒否したり、急に歩かなくなったりしたときは、何らかの体に異常が出ている可能性が高いと思います。体の隅々までチェックしてあげましょう。

2.震えている

犬も人間と同じく、寒くて震えることもあるのですが、体に異常があって震えることもあります。寒くない季節にあきらかに震えているときは、体に異常があるサインかもしれません。

体の異常で震える場合の理由は、多くが「痛み」になります。犬は痛みに強い動物と言われていますが、あまりの強い痛みに耐えきれず震えてしまう子は多くいるようです。その他、犬が震える理由は恐怖心や警戒心、また高齢による筋力の低下などが考えられます。これらの理由が当てはまらない場合は、どこかに強い痛みがあるのかもしれません。

3.ゴロゴロ転がる頻度が高い

愛犬がカーペットやソファなどに、ゴロゴロと体をこすりつけるように転がることはありませんか?通常、この行動は嬉しいことがあったときや、楽しいことがあったときに行うことが多いように感じます。我が家の愛犬は、お散歩からの帰宅後、また、ご飯やちょっとした特別なオヤツの後にソファでゴロゴロ転がっています。その他の理由としては、ストレス発散や遊びの一環、マーキング行為や害虫を駆除しているとも言われています。

犬の習性としてはごく普通の行為で、我が家でも日常的にみられる行動ですが、いつも以上に頻度が高く体を強く当てるように転がっていたり、体のどこか一部を中心にこすりつけたりしているときは、皮膚トラブルが起きて痒みがある状態かもしれません。乾燥する季節の皮膚トラブルや、アレルギーなども考えられます。被毛をかき分けて、皮膚の状態を確認してみましょう。

4.自分の体を異常に舐める

自分自身の体を舐めている愛犬を見たことがある飼い主さんも多いと思います。犬も自身で毛づくろいをする動物なので、短時間舐めているぶんには何の問題もありません。しかし、ある一定の場所だけを頻繁に舐めてるようであれば、皮膚トラブルやストレスを感じているサインかもしれません。

一定の場所だけを舐めている場合は、その箇所をしっかり確認してみましょう。トラブルや皮膚病を起こしている場合は被毛が抜けていたり、皮膚がただれていたりするなどの症状があるはずです。

また、ストレスを感じているときも犬は体を舐めてしまいます。今までよりも舐める頻度が高くなり、それが長時間続く。また一日に何度も繰り返し舐め続けているようであれば、精神的なストレスがあるのかもしれません。

まとめ

飼い主を見上げて甘える柴犬

家庭犬は生活のすべてを飼い主さんに依存している動物です。そんな愛犬の健康管理は、飼い主さんのお仕事ですよね。上記でご紹介させていただいた以外でも、お散歩中の歩き方に違和感がある、ご飯を食べない、など分かりやすいサインも多くあると思います。愛犬自身の性格を踏まえた上で、日頃の生活では見せない行動をとることはないか、しっかり確認しながら過ごしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。