もういらない。マイクロチップで判明した元飼い主に見捨てられた犬

もういらない。マイクロチップで判明した元飼い主に見捨てられた犬

住宅街で保護した犬に埋め込まれたマイクロチップで判明した元の飼い主へ連絡するも、「他をあたって」という反応。この穏やかな大型犬に幸せは訪れるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

毛はバサバサ、骨はゴロゴロ浮き出した栄養失調の犬

通報・発見

やせ衰えた犬の保護依頼があり、保護団体HOPE FOR PAWSが探しにきました。住宅地で発見した灰色の大型犬は、栄養失調で脱毛症を発症していました。

犬はおびえて逃げるそぶりですが、やっぱり食べ物が欲しい。

後ろを気にしながら、モグモグ。後ろの人は、背中にワイヤの綱を隠します。「だるまさんが転んだ」のような状態。

つかまえた~。

びっくりしたけど、大人しい~。そしてまた、モグモグ。

車に積んだケージにもすんなり入り、病院へ。

「エドナ」と名前をつけました。

エドナに埋め込まれていたマイクロチップから、飼い主が判明しました。

登録のあった元の飼い主は、別の人物にエドナを譲り渡していました。そして譲った後で、新しい飼い主に「エドナは死んだ」と言われていたそうです。

元の飼い主にエドナが生きていたことを伝えましたが、彼女を引き取りたくないので里親探しをしてほしいと依頼されてしまいました。

バサバサの体毛に骨が浮きだしたこの後ろ姿を見て。

エドナは一時預かり施設で、他の犬たちと仲良く過ごしました。

その後

数週間後、エドナにはよい里親さんが見つかりました!

一緒にジョギングをする姿は、もう長く時間を共にしてきた仲間のよう。家族に囲まれてリラックするするエドナを動画でご覧ください。今度こそ、エドナは幸せです。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:HopeForPaws-OfficialRescueChannel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。