犬が飼い主にしている『悲しいアピール』3選

犬が飼い主にしている『悲しいアピール』3選

この記事では「犬が飼い主にしている『悲しいアピール』3選」をテーマに、ワンちゃんが悲しい時に飼い主さんに見せている悲しいアピールについていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が飼い主にしている悲しいアピール1:露骨に元気がなくなる

元気のない様子で上目遣いで伏せている犬

普段ワンちゃんと暮らしていて名前を呼ぶと喜んで近くに来たり何かしからの反応をするかと思います。

しかしワンちゃんが悲しくなってしまう出来事が起こった後に名前を呼んでも普段のような元気な様子で近くに来ることがピタッと止んでしまうはずです。

また、名前を呼ぶことに限らずに、ご飯を食べるにしてもいつものような勢いで食べることがなくなったり、散歩に行こうと誘っても素っ気ない反応をするときも、ワンちゃんからしてみると今は悲しい状態だということをアピールしているのだと思います。

犬が飼い主にしている悲しいアピール2:表情が暗くなる

暗い背景でこちらを見つめている犬

元気のある通常時と元気のない悲しいときのワンちゃんの表情を比べると、人間と同様に悲しい時は暗い表情をしていることがあるかもしれません。

普段は上がっている口角も下がっていたり、目や頬の下あたりも下がっていて顔全体が下に垂れ下がっているのが悲しいと思われる際の表情の例です。

また、普段は上がっている尻尾も明らかに下がっていたり、呼んでもあまり反応せずに上目遣いでこちらを見つめると言った表情をすることもあります。

このようにワンちゃんが人間が悲しい時と似たような表情をする際は何かきっかけになるような出来事が起こって、それが原因でこうなってしまったのであると思います。

犬が飼い主にしている悲しいアピール3:問題行動をする

散歩中に強くリードを引っ張っている犬

今まではお利口であったのに最近問題行動を頻繁にするようになった場合、もしかするとそれはワンちゃんからの悲しいアピールかもしれません。

ワンちゃんは悲しいと感じたりストレスが溜まることにより、それらを発散するために問題行動といわれる行為をするようになると言われています。

例えば無駄吠えをよくするようになったり、物を壊したり、散歩中にリードを強く引っ張ったり、同じ場所でグルグル回ったりします。

また、ご飯の時にする待てやお座りといった、飼い主さんからの指示も従わなくなることもあります。

これらの行動をするようになったら、ワンちゃんが何かを溜めすぎてそれを発散するために行なっている可能性があるため、怒って注意するのではなく、ワンちゃんが抱えているであろうストレスなどを緩和するケアをするようにしてあげてください。

なぜワンちゃんは悲しい気持ちになっているのか、その原因が分かるとこれら問題行動をする頻度も減り、やがて以前のようなワンちゃんに戻ると思います。

まとめ

伏せてこちらを見つめている犬

ワンちゃんも人間と同じように悲しいという気持ちを抱きます。

そして話せない分その気持ちを家族である飼い主さんに伝えるために様々な形でアピールします。

そのワンちゃんの気持ちを理解し、心のケアをすることによってより強い絆ができ、ワンちゃんから見て一番頼りになる存在になれるはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。