犬が呆れている時の仕草や態度5つ

犬が呆れている時の仕草や態度5つ

犬は感情がとても豊かなので、ときに人間と同じように呆れることがあります。犬が呆れている時はどのような仕草や態度を見せてくれるのでしょうか。人間さながらの仕草に思わずビックリすること間違いなしですよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ぼーっと見つめる

じーっとこちらを見つめる犬

犬と一緒に生活していると、時々愛犬が飼い主の行動を見て呆れることがあります。驚くことに、犬が呆れているときに見せる仕草や態度は人間が呆れたときに見せる仕草とソックリなので、思わず笑ってしまったりビックリしてしまったりする飼い主がたくさんいるそうです。

例えば、犬は飼い主が呆れるようなことをしたときに「何やっているんだよ~」といわんばかりに、ぼーっとした表情で冷静に見つめてくることがあります。ちなみに私は愛犬のご飯を用意していたときにフードをひっくり返してしまったことがあるのですが、そのときに愛犬が呆れたように冷ややかな視線で見つめてきた姿は、今でも鮮明に覚えていたりします。

2.ため息をつく

せつなそうな顔をしてうなだれている犬

人間は相手の情けない姿を見たときに「はぁ……まったく」といった感じで、ため息をつくことがありますよね。何と、犬も飼い主の情けない姿や頼りない姿を見ることで、溜め込んだ鼻息を吐き出すかのように「フンーっ」とため息をつくことがあるのです。もしかすると、こういった人間らしい犬の呆れた仕草は、飼い主の普段の行動を真似ているのかもしれませんね。
ちなみに犬のため息は呆れたときに見せるだけでなく、

  • 満足している
  • リラックス状態になっている
  • 緊張や不安を感じている
  • 体調不良や病気のサイン

といったときにも行うことが多かったりします。
もし愛犬がため息ばかりする場合は、あなたに呆れているのではなく不安やストレスを抱えていたり体調不良を訴えていたりする可能性がありますので、気をつけながら観察するようにしてあげてくださいね。

3.無視をする

片足を上げて歩いている白い犬

犬は飼い主や自分のことを呼ぶ者に対して、呆れていると無視をすることもあります。例えば、何度愛犬の名前を呼んでも反応してくれない。来てくれない。といったときは「今は静かにしたいんだよ~、そっとしておいて」と自分の気持ちを理解してくれていない相手に呆れている可能性があるといえるでしょう。

特に愛犬が寝床にいるときに無視をする場合は、『そっとしておいてほしい』と思っていることが多いといえます。3回ほど名前を呼んでも無視された場合は、嫌われないようゆっくり眠らせてあげることをおススメします。

4.しぶしぶ近づいてくる

恐る恐る歩いている犬

多くの飼い主が経験したことがある『犬が呆れるシチュエーション』は、先ほどのお話と同様に『愛犬を何度も呼んだとき』といえるかもしれません。

例えば、愛犬を何度も呼んだとき「しつこいなぁ……、仕方ないなぁ」と感じているかのように、トボトボと近寄ってくることはありませんか?そういったときはご想像の通りあなたの何度も呼ぶ姿に呆れながら、愛犬がしぶしぶ近づいてきてくれている可能性が非常に高いといえます。

仕方なしに来てくれる愛犬の姿は何とも可愛らしいといえますが、毎回無理に愛犬を呼び寄せていると鬱陶しがられたり嫌われたりする可能性がありますので、程ほどにすることをおススメします。

5.諦めたかのように身を任せる

飼い主に抱かれている犬

こちらは愛犬を溺愛する飼い主に対して行う犬の呆れている時の仕草となるのですが、犬は飼い主の行動に呆れ、ついには「もうどうにでもしてくれ~」と感じると諦めたかのように飼い主に身を任せることがあります。

例えば、愛犬が好きすぎて頻繁にスキンシップをたくさんしたり、愛犬の体を強引にモフモフすることが多かったりすると、愛犬が「はぁ……飼い主の溺愛タイムが始まった……もう好きにしてくれ~」とでも言わんばかりに、無気力になりながら身を任せることがあります。

おそらく、愛犬とスキンシップするのが大好きな飼い主は心当たりがあるのではないでしょうか?

私も愛犬とスキンシップをするのが凄く好きですし、モフモフしている時間は至福の一時となるのでお気持ちは凄くわかります。しかし、あまり強引に可愛がり過ぎると愛犬にウンザリされてしまうことがあるので、なるべく適度なスキンシップを心がけてあげることをおススメします。

まとめ

笑顔を向ける柴犬

今回は、犬が呆れているときに見せる仕草や態度を5つご紹介しました。犬の本心は犬にしか分からないので確実に呆れているかどうかは分かりませんが、人間が呆れやすいシチュエーションのときに見せる仕草や行動ととてもよく似ているので、おそらく犬も同じように呆れている可能性が非常に高いといえると思います。

また、犬は飼い主と毎日一緒に暮らしていると無意識に飼い主と同じ仕草や行動をすることがあるので、もしかすると人間が呆れたときに見せる仕草や行動を真似しているのかもしれませんね。何はともあれ、犬が呆れているときに見せてくれる仕草や態度は興味深いものばかりといえるでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ヤマトの母

    以前飼っていたゴールデンの女の子、アリスが出産したとき、仔犬がおっぱいを飲み終わってコロコロ寝ているすきに、アリスお母さんのおっぱいを指でモミモミして感触を楽しんでいたら、寝ていたアリスがムクッと頭を上げて「なにやってんの~⁉️」みたいな、呆れたと言うか 軽蔑したようなまなざしで見つめてきたことがあります。おもわず「ごめんなさい ? 」と、謝ってしまいました。
    いまは、黒ラブの男の子がいますが、表情の豊かさと言うか、人間も顔負けの眼差しの表現力は ゴールデンがいちばんかなと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。