しょっちゅうお腹を見せる犬の心理7つ

しょっちゅうお腹を見せる犬の心理7つ

目が合うだけでごろん!とひっくり返りお腹を見せる犬は、一体何を考えているのでしょうか?ここでは、お腹を見せる犬の心理に迫り、お腹を見せてきたときの対応についても考えていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

なぜ?しょっちゅうお腹を見せる犬の心理7つ

芝生の上でお腹を見せて寝転がる白い犬

ヘソ天をどうぞ!と言わんばかりに見せてくる犬はとても愛らしいですが、しょっちゅう見せてくるのはなぜでしょう。まずは愛犬の気持ちがつかめる、犬の心理7つをご紹介していきます。

1.幸せいっぱい!

犬があお向けになる状態はまさに幸せいっぱい!といった気持ちの表れです。不安を一切感じることなく、リラックス状態になっています。

犬にとってヘソを見せる体勢はとても不利な状況になるので、お腹を見せることはまずないのが普通です。信頼している飼い主さんがいて、安全な環境だと感じているサインなのでしょう。

2.安心しています

しょっちゅうお腹を見せる愛犬であれば、「ここは安心できる場所」と知らせているのでしょう。そんな場所を与えてくれる飼い主さんのことが大好きで仕方がない、と受け取ってみてください。

逆に不安がある場所では、決してお腹を見せることはしません。お腹を見せるかどうかを愛犬のバロメーターとして、ひとつの基準にしてみてください。

3.降参しました!

群れで暮らす犬にとって、お腹を見せるのは服従行動です。つまりお腹を見せてくるのは、「降参しました」「参りました」という気持ちを体で示しているということになります。

これは犬同士でも見られるので、「この犬にはかなわない」と思ったときにもお腹を見せる行動を取るものです。たとえ大きな犬でも、ゴロンとお腹を見せてくればその相手に服従している証拠になります。

4.怖いな・・・

「いけない!」と厳しくしつけたときに、愛犬がお腹を見せてきたことはないでしょうか。犬がお腹を見せるのは、必ずしもリラックスしているとは限らず、緊張をほぐすためにヘソ天ポーズを取ることもあります。「もう悪いことしません」と一生懸命に伝えているサインなので、こちらも真剣に受け止めましょう。

5.背中がかゆい

もしゴロゴロと背中をこすり付けるようなしぐさを見せるときは、かゆい何かがあるのかもしれません。頻繁にその行動を見せる場合、ただの癖である可能性もありますが、一度動物病院で相談をしてみましょう。

6.もっと遊んで

ごろ~んとお腹を見せて、ベロもだら~んとした愛犬の気持ちは「もっと遊んで!」という行動でしょう。気に入った人の前でわざわざお腹を見せているのは、甘えている証拠です。

7.ただ何となく

中には、何の意味もなくあお向けになる犬もいます。特に誰も見ていない場所であお向けになっているのでれば、あお向けになるのが好きなのかもしれません。

暑い日に冷たい廊下であお向けになって涼んでいる・・・という場合もあるので、そんな行動を見せてきても深く考えることはないのでしょう。

愛犬がお腹を見せてきたらどう対応すべきか?

ひっくり返ってお腹を見せる茶色い犬

さも甘えている様子で愛犬がお腹を見せてきたときの対応は?と言えば、「お腹をさすってあげる」で正しいです。大好きな飼い主さんからお腹を撫でられると、ますますリラックスして幸せな気持ちでいっぱいになるものです。

ただし、知らない犬がお腹を見せてきたときは、その飼い主さんの了承を得てから撫でることが大切です。お腹を見せても実は触られたくない犬や、撫でてほしいポイントが決まっている犬であれば、思わず噛みついてしまうことも。

犬にとってお腹はとても大事な場所と認識して、間違った対応をしないようにしましょう。愛犬であれば、お腹を触りながらボディチェックをすることをおすすめします。

まとめ

お腹を見せて寝転んで甘える柴犬

しょっちゅうお腹を見せる愛犬は、飼い主さんのことが大好きで仕方がないのでしょう。愛犬がリラックスできる環境は守っていきたいものですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。