思わぬ事故のリスクが?犬と夜のお散歩で注意したいこと5つ

思わぬ事故のリスクが?犬と夜のお散歩で注意したいこと5つ

冬の間は日照時間が少なく、夜が明けるのが遅くなりますし、日が暮れるのも早いですよね。暗い時間のお散歩が増えるのではないでしょうか。『犬と夜のお散歩で注意したいこと』をまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬と夜のお散歩で注意したいこと

散歩中に女性の足元に座るポメラニアン

1.一時停止をしない自転車

止まれの標識があるにも関わらず、一時停止をすることなく、交差点をスッと走り去っていく自転車。一時停止をすることなく、曲がり角から急に現れる自転車。お散歩をしているとき、明るい時間帯にもよく見かけるのではないでしょうか。夜の暗い時間帯であると、自転車を運転する側も、歩いている側も、お互いの存在に気づきにくいです。

特に、低い目線にいる犬は、自転車を運転する側には見えていないかもしれません。歩いている側(飼い主)に気づいてサッと避けたつもりが、犬の存在に気づかず、犬が轢かれてしまうかもしれません。

2.すれ違う歩行者

歩行者とすれ違うとき、低い目線にいる犬に、全く気付かない人もいます。距離が近いとき、犬の手足を踏まれてしまうかもしれません。あまりにも近い距離で近づいてくる他人に対して、犬が不安や恐怖を感じ、吠えてしまい、相手を驚かせてしまうかもしれません。

3.車のドライバーには見えていないかも…

夜道を散歩する女性と犬の後ろ姿

みなさんは、夜の暗い時間帯に車を運転していて、歩行者やお散歩をしている犬の存在に、すれ違う直前まで気づかなかった、という経験はありませんか?または、自分が歩行者であるとき、車がスレスレの距離を走り去って行ったことはありませんか?車がライトを照らしていても、反射してしまって、歩行者や犬の存在に、すれ違う直前まで気づけないことがあります。

特に、チワワやポメラニアンやダックスなどの小さな犬は、飼い主さんの足元に隠れてしまい、車のドライバーさんからは全く見えていないかもしれません。昼間の明るい時間帯であれば、チラチラと手足や尻尾が見え隠れしたり、飼い主さんの手にリードが握られていたりするなど、何となく犬の存在に気づけるものですが、夜の暗い時間帯には全く目に入らなくなってしまいます。

4.危険な落とし物

ガラスの破片、人間が吐き出した唾液、火がついたままポイ捨てされたタバコ、犬や猫の糞尿など、危険な落とし物を目にすることがあります。しかし、夜の暗い時間帯では、ライトを照らしてよく見ながら歩かなければ、気づけないものもあります。犬は素足で歩いています。

もし、愛犬が踏んでしまったら…。そう考えるだけでも恐ろしいですよね。飼い主さんが全く気付かない中、何か口の中に入れてしまい、誤飲や誤食をしてしまっていることもあるかもしれません。

5.危険な水たまり

雨上がりの夜のお散歩には、水たまりの危険もあります。ただの雨水がたまっただけの水たまりなのであれば、手足が濡れてしまったり、泥んこになってしまったりする程度で済むかもしれません。しかし、水たまりの中には、危険なものが混じっているかもしれません。

道路脇から流れ出した、犬や猫の糞尿が混じっているかもしれません。車のオイルが混じっているかもしれません。駆虫剤や除草剤などの劇薬が混じっているかもしれません。家に帰ったあと、犬は、濡れた手足を舐めてキレイにしようとします。

そのとき、口の中に入ってしまい、体調を悪くしてしまうかもしれません。下痢や嘔吐をしたり、中毒症状などを引き起こしたり、命に関わることもあるかもしれません。

まとめ

光る首輪をして散歩をするホワイトテリア

犬と夜のお散歩で注意したいことについて、

  • 一時停止をしない自転車
  • すれ違う歩行者
  • 車のドライバーには見えていないかも…
  • 危険な落とし物
  • 危険な水たまり

この5つをテーマにご紹介しました。夜の暗い時間帯にお散歩をする必要があるときは、飼い主さんは、明るい服装を心がけ、反射材を身に付ける。愛犬には、反射材、光るリード・首輪・ハーネスなどを身に付ける。ライトを照らしながら歩くなど、周りに存在を知らせるための対策をして出かけるようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。