犬と私の十戒 飼い主として私が誓った言葉

犬と私の十戒 飼い主として私が誓った言葉

犬を飼う時に読んでおきたい「犬の十戒」をご存知ですか?犬を飼うということはどうゆう事なのかが犬からのメッセージになっています。世界中で広く読まれている作者不明の犬の十戒。今回は分かりやすい日本語訳の犬の十戒に答えてみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

わんちゃんと飼い主さんが、良い関係でありつつける事を願って作られた、「犬の十戒」という詩があります。

この詩は、わんちゃんから飼い主さんに語りかける形で詩が綴られています。

そこで今回は、犬を家族に迎える時に読まれる「犬の十戒」に、飼い主としての私の答えを「ANSWER」という形で言葉にしてみました。

犬の十戒へのANSWER(日本語訳)

1、(犬)私の一生はだいたい10年から15年です。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

(A)きみの寿命のことをしっかりと理解しています
今きみを抱きながら[最後の時]を想像するだけで、喉の奥が痛くなって、胸が締め付けられて、涙が溢れてしまいます。
でもきみの寿命は私よりもはるかに短いことを理解して、きみにしてあげられる全ての事をします。そして、何があってもきみの最期の「一呼吸」を見届けるまで必ずそばにいます。

抱っこ飼い主の背中と仔犬

2、(犬)あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

(A)きみと私には共通の言葉がありません
きみが私に望むことを早く理解できるように、私はきみにたくさんの合図を教えます。
どんなに時間がかかっても、きみと私、意思の疎通ができるまで私は苛立たず、きみのペースとタイミングを待ちます。
きみの個性を愛し、きみの性格を理解し、きみの行動をサポートします。
そしてきみの全てを受け入れます。

3、(犬)私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

(A)私はどんな事があってもきみを心から信頼します
きみが私からの信頼を得るよう頑張ること、私からの信頼で大きな幸福を感じる事を深く理解しています。きみは私にとって最も信頼できるパートナーになります。
私はきみのパートナーとして恥ずかしくない人間でいます。
きみを守るためにも社会のルールを守ります。

4、(犬)私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいません。

(A)きみの全てになります
私はきみの親友です。
私はきみの両親です。
私はきみのリーダーです。
私はきみのファンです。
私はきみの雇い主です。
私はきみのきょうだいです。
私はきみの恋人です。
私はきみのフードコーディネーターです。

花束と犬

きみにしか出来ない仕事を与えます。
きみの楽しみを一緒にみつけ、一緒に楽しみます。
いつも君の事を中心に考え、私との生活がきみの全ての世界である事を理解しています。
だから、ひどく叱ったり、厳しい罰をあたえたり、閉じ込めたりしません。
問題が発生した時はきみと一緒に解決していきます。
絶対にきみを一人ぼっちにしません。

5、(犬)たくさん話しかけてください。言葉は分からなくても、あなたの声は届いています。

(A)きみが私の言うことを心で理解していること知っています
私たちは心で会話をします。
きみの瞳をみつめ、私はたくさんの事をきみに話します。
友達や家族に言えない事もすべてきみに話しますので、絶対に秘密を守って下さいね。
私ときみだけの特別な約束です。
きみの思っている事、望みをいつも知りたいという気持ちを無くしません。
だからきみもたくさん話しかけてください。

6、(犬)あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れない。

(A)きみの記憶が色褪せないことを理解しています
私がきみを抱きしめたこと、撫でたこと、話しかけたこと、一緒に遊んだこと、出かけた風景のこといつまでも憶えていてくれていますね。
もし私がきみに酷い仕打ちをしたり、きみの存在をないがしろにする事があれば、きみは決して忘れることはないでしょう。
きみがいつ思い出しても、私ときみの笑顔が溢れているいるよう一緒にたくさん幸せの思い出をつくりましょう。

浮き輪の犬

7、(犬)私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

(A)私は怒りや苛立ちに任せてきみを叩きません
きみは私を傷付けないことを決めていることをしっています。
きみが私の手の骨など簡単に噛み砕ける歯と、強い顎を持っていることを知っています。
きみが私を傷付けないのだから私もきみを絶対に傷付けません。
きみがもし悪いことをしたとすれば、それはきっときみに寂しいおもいをさせた私の責任です。
思わず大きな声で「こらー!」と言ってしまう事は許して下さい。
そのあと深く反省し必ず仲直りします。
そして反省してもきっと何度も繰り返します。
でも怒ってはいないのです。
悪戯をしたきみを、パートナーとして叱らなければなりませんが、心の中ではどんなきみも愛おしくて仕方ないのです。
あっと驚く様な悪戯をされた時は私の心の中で親指を立てて笑っているでしょう。

8、(犬)私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

(A)私はきみのことをいつもよく観察します
きみが健康でいるか、ご飯をちゃんと食べているか、元気があるか、遊びすぎて疲れていないか、寂しい思いをしていないか、身体に痛い所がないか、老いとともに弱っているところはないか、病気が隠れていないか、私はいつもきみのことを見ています。
少しオーバーで心配性で、きみが小さな怪我をしたりちょっと風邪をひいただけでも、きみを失うのではないかと恐怖を感じて泣いてしまいます。
情けないパートナーだけど、きみを守ることに必死なのです。
その為に私たちをサポートしてくれる医者が必要です。
だから私を信じて医者に行くことを嫌がらないでください。

9、(犬)私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

(A)私はきみがどんな姿になってもかわらずにきみのために動きます
年老いて歩けなくなっても、一緒に遊べなくなっても、きみがしてほしいことを見つけてどんな事でもします。
きみのために学び続けます。
きみのために何かできる事が私にとって大きな喜びなのです。
だから私は自分の健康管理もしっかりします。
きみのために美味しいごはんを買えるよう、一生懸命働きます。

10、(犬)最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

最期のお別れの時には、きみのそばにいます
「仕事」も「遊び」もぜんぶキャンセルします。
きみが頑張って生きたいと言うなら私はきみを励まします。
きみがもう楽になりたいというなら、私がきみの最期の時を決断します。
きみにとって一番良い最期の時の迎え方をきみと一緒に決めます。
だから絶対にそばにいます。

だから、お願いです少しずつ別れる準備をさせてください。

たくさんきみの世話をさせてください。
たくさんきみに話しかけさせて下さい。
できるなら少しずつ年をとってください。
きみが私を 深く 深く 愛してくれていることを誇りに思っています。

きみが旅立ったあと、私はきっと抜け殻のようになるでしょう。
きみとの思い出が毎日よみがえり泣いて暮らすでしょう。
でも私を愛しているきみが、私が毎日泣いて暮らしていることを心配することを知っています。
私がきみたち犬という動物を心から愛している事もきみは分かっているでしょう。
きみは私に次のパートナーを迎えてほしいと思うことも知っています。
だから私はきみに教えてもらった事を胸に、犬という素晴らしいパートナーを迎えます。
でも、きみの代わりはいません。
これから創るきみと私の思い出は私たちだけの宝物です。
忘れないでください。

私がきみを愛していることを。
いつまでも
いつまでも
きみを初めて抱きしめた今日の事を忘れません。

私の家族になってくれて 産まれてきてくれてありがとう。

あかんべー犬

最後に

愛犬の世界は私たち飼い主がつくる小さな世界です。愛犬は一生をこの小さな世界で生きて行きます。私たち飼い主の思い一つでその世界は、愛犬にとって天国にも地獄にもなります。
どんな飼い主でも愛犬は永遠に愛してくれます。
外見も性格も環境も、犬たちはそんな小さなことは関係なく飼い主の全てを受け入れます。

わたしたち飼い主はどうでしょうか?
犬を飼う時に、向き合う準備がしっかりと出来ているでしょうか?
長く一緒にいるうちに、最初に抱いた日のことを忘れていないでしょうか?

今日、愛犬を抱きしめましたか?
今日、愛犬に話しかけましたか?

犬からのメッセージに深い愛情で答え続けてあげたいですよね。

これから犬を飼う人も、犬を飼って居る人も全ての愛犬家とその犬が幸せな時間を過ごせますように。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    『犬と私の十戒』は、以前どこかで読んだことがあるのですが、後半は初めて読みました。
    忘れていた気持ちを色々考えさせられました。毎日が当たり前で当たり前じゃないのに、いつの間にか当たり前に過ごしてしまう時ありますよね。
    愛犬にとっては、私達に向ける気持ちはいつも同じなのに、私が気持ちが不安定な時は愛犬と少し距離を置いてしまう日もあったかもしれません。今、お昼寝中ですが起きたらいっぱい抱きしめてあげようと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 まろん

    家に犬が来てから何度も、犬の十戒を読んだことがありますが、そのたびに涙がでます。犬を飼う前に必ず読んだほうが良いと思います。
    人間の勝手な都合で捨てられるわんちゃん、暴力を振られるわんちゃんが後を絶たないのが信じられないです。またこれを読むと、より愛犬のことが愛しく感じられるので、良いと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わたしは、この犬と私の十戒というものを知りませんでした。なので今回この記事で初めて知って読んだのですが、感動して涙が止まりませんでした。
    いつもわんちゃんとしっかりと向き合って大切にしているつもりですが、これを読んでわんちゃん側の気持ちになってみると、もしかしたら時々他のことに気をとられすぎている時があるかもしれないと反省しました。

    改めてわんちゃんとの絆を見つめ直すいいきっかけになりました。
  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    愛犬との、生活は私にとってかけがえの無い時間です。側にいてくれないと辛いです。犬の寿命の事は、考えてたくありません。ずっと側にいて欲しいです。
    完全に愛犬に依存してしまっている状態で抱っこをしない・話かけないなどありえません。
  • 投稿者

    30代 女性 もこじ

    犬と私の十戒は今の犬を飼ってから知りました。はじめて読んだ時は前に飼ってた犬のことを思い出し、涙が止まりませんでした。16年生きた子でしたが、最後の時は後悔でいっぱいでした。
    精一杯世話したと思っていたのに、「元気になったらあれもしよう!これもしよう!」「あそこにも連れてってあげなきゃ!」「もう少しご飯も気をつけてあげなきゃ!」と、〜しとけば良かったと後悔ばかりでした。
    今の子は後悔しないようにまだ子供ですが、最後の時のことまで考え、日々一緒にいます。犬の十戒を知れたのは、今の子を飼う決意をした私に、昔の子からのメッセージだと思っています。
    最後の時、みんなが「幸せな一生だった」と思えるように、私達飼い主はちゃんと犬との約束を果たさないといけないんだなって思いますね。
  • 投稿者

    女性 匿名

    これを読むたびに涙が出ます。子供の頃犬、猫を飼いそして両親の都合で犬は知り合いの家に、猫は
    家に馴染めず逃げたりしました。大人になり自分で犬を飼うようになり、いつもいつもそばにいてくれることを感謝しています。もう10歳いつ病気になってもおかしくない歳になりました。一匹は心臓を悪くし考えに考えて楽に死ねるよう治療をしています。毎月震える犬を獣医に連れて行きます。おとなしい子でいるかいないかわからないような子です。ときどきうちに来て幸せだったのか考えることがあります。親といろいろ有り外に出ることができない日もありました。そんな日も我慢強くそばにいてくれました。犬は本当に可愛い。知り合いに犬を子供がもらってきた人がいます。もう25年ほど前です。はじめの子は3年でなくなりました。予防接種もさせず外につなぎっぱなしで。Wという大学を出て学歴もあるのに知らなかったという話でした。この25年ほどずっと犬を飼い続けているそうです。5~6頭。最後に聴いいた話は3・11で外つなぎのラブミックスが8歳で鎖を切り逃げたそうです。ご主人は笑いながら死に場所を探しに逃げたと話していたそうです。家にはお嬢さんが買いきれなくなったダックスがいるそうです。奥様は家で犬を、ご主人はペットショップで売れ残った猫を飼い夫婦喧嘩をして猫は都内のマンションに連れて帰ったそうですが、金曜日から月曜日の夜まで奥様のもとへ帰るので猫は一人でお留守番です。スチュワーデスが猫を飼うのは3日はほったらかしにしても構わないというからだと笑っていました。余りにも無責任な気はしています。どうか命を軽く見ないそんな世の中が来ますように
  • 投稿者

    40代 女性 モモ丸ママ

    3月17日夕方、14歳11ヶ月モモ丸が天国へ旅立ちました。最期は私の腕の中で。10月17日に脳梗塞で倒れ右半身がダメかもしれないと言われてもリハビリで頑張って元に戻り、その後は少し認知症になってしまいました。少し心臓も弱っていたうえに内臓に出血があったために常に貧血状態で。でも、出来るだけ自分で排泄もしてご飯も頑張って食べてくれました。子供のいない私には本当の子供のようでした。
    楽しい時辛いときいつも一緒にいてくれました。本当に今思うんです。
    モモ丸は、私と一緒に居て幸せだったのかな?私はいっぱい愛情をもらったけど、私はどうだったのかな?いつも天国に居るモモ丸に聞いてます。今私の横にはモモ太がいます。モモ丸を送った日友達と用事で寄ったペットショップに居た子です。
    モモ丸と間違えるほど身体の模様もソックリなコーギー。びっくりしました。でも、二度と犬は飼わないと誓っていました。
    あまりにも似ていたので抱っこだけさせて頂いてお別れしました。そして、モモ丸の居ない家に帰ると込み上げる悲しさ寂しさ泣いて泣いて。過呼吸を起こしてしまい周りの人に迷惑をかけてしまいました。
    1人にしておけないと実家に。翌日、友達と姉が色々相談してくれていたらしくて。
    2人からサプライズとしてモモ太をプレゼントしてくれたのです。みんなは、モモ丸の亡くなった日にペットショップに入荷し次の日に私に出会った事、モモ丸ソックリな模様、不思議な事が起きてる。
    きっと、モモ丸がお母さんを1人にするのが心配でモモ太を選んだんだよって。
    だから、悲しんだらいけないよって。
    だから、私は精一杯モモ太に愛情をそそぎます。モモ丸と同じように。
    私の質問の答えは私があの世にいったら教えてもらえるかな。
    これだけは、はっきり言えます。
    本当に私は幸せでしたし、これからも幸せです。長くてすいません。
  • 投稿者

    40代 女性 亜嵐

    犬の十戒、読むたびに納得し涙します。
    友達が犬を飼うと言った時に、まずは犬の十戒を読んでから決めてとお願いしました。
    私のその言葉で友達は犬を飼うのを思い止まりました。不幸は犬は増やしたくないです。
    わかってくれる人で良かったと思いましたが、わからない人の方が多いのかもしれないですね。 虐待やネグレクト、そんなニュースを見る度にやり場のない怒りがこみ上げる日々です。
  • 投稿者

    女性 とっと

    犬と私の十戒、作者は不明とのことですが何度読んでも心に響き初心にかえります。
    いちおさんのanswerにも涙が出ました。本当にたった10のことですが、これがすべてであり犬と私の基本だと思っています。犬には私達の世界がすべてであり、違う世界はありません。だからこそ、限りある命の限り私も私の愛犬に幸せな時間と思い出と愛情を注いでいきたいと願っています。私はまだまだ未熟な飼い主ですが、愛犬のまっすぐな気持ちを知っています。家族が大好きな甘えん坊な性格も理解しています。時に困らされたり怒らなければならない状況もありますが、その状況にしてしまった私や今までの伝え方に問題があったのだと思っています。私も必ず最期のときは側にいます。それがどんなに大変で、辛いことやきつい思いで胸が苦しくなることがあっても必ず逃げ出したり目を背けません。ですので、私も願いたいです。お願いですから少しずつ年をとってください。これからももっともっと一緒にいましょう。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    犬の十戒を知ったのはそんなに前ではありませんでした。当たり前のことなのに、それが文字として並ぶと思った以上の衝撃がありました。ちゃんと答えもあったのですね。ただ、答えは人それぞれ違うと思いますが、根本的なところはみんな同じだと思います。

    犬を迎え入れ、これから先の楽しい生活を思う時に、最後のお別れのことを考えるのはとても辛いです。ですが、それを最初に考えることで、そこからの愛犬への接し方がとても優しくなれると思います。絶対に途中で投げ出さない覚悟もできると思います。

    18歳の愛犬が旅立つ時に自然と言葉に出てきたのは「ありがとうね」でした。うちに来てくれてありがとう。たくさん楽しい思い出をくれてありがとう。言うことを聞かないからと怒っても、次の日はそれを聞こうとしてくれてありがとう。病気になっても頑張ってくれてありがとう。病院に迎えに行った時、嬉しそうに尻尾を振ってくれてありがとう。最後に、家族の揃う時まで待ってくれてありがとう。
    またいつだって帰ってきてね、と亡骸を何度も何度も撫でていました。

    そして、どういうわけかその約半年後、見た目から性格からクセから全てソックリな同じ犬種を迎え入れることになり「思いのほか帰ってくるの早かったね」と家族で喜んだものです。
    これから先のまた長い時間を、この二代目と犬の十戒を忘れないようにしながら過ごしていきたいと思います。
  • 投稿者

    10代 女性 みかん

    犬の十戒は何度読んでも涙がでます
    去年の6月、私と同い年の愛犬みかんを亡くしています
    私がまだ幼く、犬の十戒を知らなかったときは
    毎日話しかけることも、遊ぶこともせず、自分のことでいっぱいいっぱいだったのを覚えています
    犬の十戒を知ったのも、15歳くらいの時で、いまから3年前になりますが
    そのときにとても後悔し、いままでの時間が戻らないことが辛かったです
    ホントに幸せだったのか、それだけが気がかりですが、私がみかんに会いに行けたらわかることだと思い、今は、新たにりんごという名前のパートナーを見つけ
    毎日話しかけて、遊んで抱っこして、みかんにしてあげられなかったことをしています
    みかんの時みたいに後悔はしたくないから・・・

    たった10個だけど、犬を飼おうとしている方々に
    これを読んでもらいたいですね

    アンサーも感動しました
    私も、そうやってりんごを幸せだったと送ってあげたいです

    長文、失礼いたしました。
  • 投稿者

    50代以上 男性 バグジー

    十戒は何度も読み通して今迄の犬達に何がしてやれたかなと考えさせられて、今も読み通して居ます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 北斗ママ

    犬と私の十戒は、北斗が家に来てくれた、13年前から、壁に貼ってありますが、時々忘れていることもあります。今、私は股関節の手術で入院中です。北斗を見送るまで離れたく無いと思っていましたが、もう一度元気になって、思い切り散歩に行きたいと決断しました。両親や夫が見てくれていますが、病室で写真を見ているとたまらなく会いたくなります。もう一度十戒を読み返して、家に帰ったらたくさんふれあいたいと思います。北斗以外の陸、海、白の猫達ももっと大切にします❗
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    つい先日に21年という大往生で亡くなった愛犬が今でも頭から離れません。
    死ぬ間際まで、ずっと撫で続け、心拍数が下がっていくのを見ていました。 動物病院で流れているのを見て、更に涙が止まりませんでした。
    飼い主の方なら、絶対見ることをお勧めします。
  • 投稿者

    50代以上 女性 チョビママ

    今、入院をして明日には手術を受ける中で読んだ私は涙が止まりません。頷くことも、反省することも…。まだまだ、私の横にいて欲しい。私が辛い時に横に居てくれた貴方だから。
  • 投稿者

    40代 女性 ブンちゃんママ

    犬の十戒へのアンサー、とても心に響きました。。。
    実際犬と暮らすうえで色々と考える事も多いと思います。そんな時何か支えになる言葉が欲しくなる時があるのですが、この犬の十戒はとても的を得てる言葉だと思います。そしてアンサーは飼い主ならこう回答したい言葉だと思います。いつかは来る別れの瞬間まで、うちの子とはこの犬の十戒とアンサーを思いだしながら過ごしていきたいと思います。
  • 投稿者

    女性 チーズケーキ

    うちの犬はこんなに素晴らしい犬ではないなぁ、と苦笑しながら読みました。こうあって欲しいな、という希望はありますが、今のままのわがまま王子でもそれはそれで愛おしいわが子です。飼い主の姿勢はこの通りなんですけどね。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    先日人生で初めて、犬を飼い始めました。

    私が子供の頃から、
    親や祖母は動物にあまり関心がなく、
    子供心で「犬やハムスターを飼ってみたい!」とおねだりしたこともありましたが、
    それは叶いませんでした。

    そのうち私自身も、
    特にペットというものに興味が薄れ
    愛犬家の方々の気持ちなど
    理解できる日が来るなんて、
    思ったこともありませんでした。


    ですが、結婚を機に心境も環境も変わり
    パートナーが犬好きということもあって
    相談した結果
    犬を飼うことになりました。

    まだほんの10日ほど前のことです。

    そして今日、この犬の十戒を読みました。


    涙が止まりませんでした。

    たった10日しか一緒に過ごしていないのに、どうしてこんなに涙が出るんだろう、と。

    ちょうど、「犬を飼うのは楽しいだけではなく、大変なことも沢山あるんだなぁ」と感じ始めた頃でした。


    犬の十戒は、昔どこかで読んだことがありました。
    とても心に響いたことは覚えていますが、
    今こうして自分の愛犬のことを思い浮かべて読むのとでは雲泥の差でした。

    もしかしたら、
    お恥ずかしい話ですが覚悟が足りなかったのかもしれません。

    これを読んで、身の引き締まる思いです。

    そして、早く帰って真っ先に名前を呼んで抱っこしよう、それを毎日毎日続けていこうと強く思いました。


    今、この言葉に出会えたのも、
    愛犬の心の声が届いたのかもしれません。
    気付かせてくれてありがとう。

    最後の日まで、ずっとあなたに向き合い歩いていきます。

    長文失礼致しました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。