犬がくしゃみをする原因や症状から考えられる病気

179004view

犬がくしゃみをする原因や症状から考えられる病気

お気に入りに追加

愛犬がくしゃみをする仕草は何だか可愛くて変な顔になってて面白かったりしますよね。しかし、そのくしゃみ。最近やたらとしてたり、よく見たら鼻水も飛ばしてたりしてませんか?風邪なのかアレルギーなのか、はたまた犬のくしゃみが症状として出る病気なのか。そう、実は犬のくしゃみには思いもよらない大きな病気が潜んでいることもあるんです。まずはよく観察しましょう。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の「くしゃみ」とは

風邪の犬

あなたは犬のくしゃみを見たことがありますか?人間と同じように『クシュン』と犬もくしゃみをするんです。それは人間と同じように埃や花粉などの異物が鼻を刺激した症状もあれば、風邪や鼻炎など病気に関わるものもあります。

もし、犬がくしゃみと一緒に鼻水も出ているようであれば『風邪』や『鼻炎』だったり、乾いた咳が続いているようだと『フィラリア症』や『ケンネルコフ』などが考えられます。

たかが犬のくしゃみでも、連続して症状が出たり止まらなかったり、息切れや普段とは明らかに違う呼吸をしている、食欲が落ちている、など他にも気になる症状があれば、早急に動物病院で診察してもらうことをお勧めします。

また、特にパグプードルパピヨンチワワなどでよくみられる、くしゃみを吸い込もうとしているような仕草を一般的には『逆くしゃみ』と言います。

逆くしゃみは1日に何回も起こすことがあり、喉のヒダが気道を塞ぐ症状で短頭犬種によく見られるとされていますが、ハッキリとした原因はわかっていません。しかし、逆くしゃみもアレルギーが原因になっていることがあるようです。あまりに止まらないときには胸のあたりをマッサージすると止まることがあるようです。

とはいえ、まずは犬のくしゃみの原因となっているものが何かを確認し、身の回りから無くしてあげる対策が必要になります。ここからは、犬がくしゃみをする原因や考えられる病気などについてお話していきますので、愛犬のくしゃみが気になったらぜひ参考にしてみてください。

犬がくしゃみをする主な原因について

犬のくしゃみは人間と同じで、埃や花粉、気温の変化、消臭スプレーや香水、煙草など何らかの異物や刺激物が鼻に入ったことで粘膜が刺激されて『くしゃみ』という鼻の穴から空気を押し出そうとする反応で起こります。

しかし、それを放っておくと、犬のくしゃみだけでなく鼻水が出たり、さらに鼻水がドロドロとした黄色いものになっていくと慢性化し副鼻腔炎や蓄膿症を引き起こすこともあります。

それらの原因はハウスダストなどのアレルギーやウィルスや細菌などの感染が考えられます。

慢性的に鼻腔に膿が溜まったり粘膜がただれることで嗅覚が鈍くなるので、食欲が落ちる犬もいます。その他にもくしゃみや咳を頻繁にするときには、循環器系疾患や呼吸器疾患の疑いがあるので、気管支炎や肺炎、咽頭炎や鼻腔内腫瘍なども考えられます。

また、犬のくしゃみや鼻水から更に発熱や下痢、嘔吐などに進行している場合には伝染性感染症などの命に関わる病気なども考えられるので、まずは原因を早期発見が大切です。

犬の鼻先

犬のくしゃみの症状から考えられる病気一覧

犬のくしゃみが続いても一時的な風邪などであればお薬で抑えることもできますが、風邪に似た症状の病気は注意が必要です。

命に関わる感染症もありますので予防接種の有無も含めて手遅れにならないよう早期発見が大事です。

犬がくしゃみをする病気1.『鼻炎』

犬の鼻炎の症状

水っぽいものから粘り気のある鼻水やくしゃみ、

犬の鼻炎の概要

ウィルスや細菌などが原因で犬が鼻炎になると長引く風邪のような症状に。放置すると慢性化し、副鼻腔炎や蓄膿症になる恐れもあります。

犬がくしゃみをする病気2.『歯周病』

犬の歯周病の症状

歯石・歯垢の蓄積、口臭、くしゃみ、鼻水、食欲不振

犬の歯周病の概要

犬の歯周病が進行すると歯根部、さらには鼻腔にも穴を開け感染・炎症が広がることで鼻腔炎を引き起こし、鼻水やくしゃみの症状が出ます。

犬がくしゃみをする病気3.『副鼻腔炎』

犬の副鼻腔炎の症状

慢性化した粘り気のある鼻水、くしゃみ、結膜炎、目やに

犬の副鼻腔炎の概要

犬の副鼻腔炎は鼻炎を放置したことで副鼻腔まで炎症が広がってしまう症状で、さらに悪化すると「蓄膿症」になります。

犬がくしゃみをする病気4.『蓄膿症』

犬の蓄膿症の症状

長引く鼻水、くしゃみ、食欲不振など

犬の蓄膿症の概要

犬の蓄膿症は、副鼻腔炎の悪化や慢性化が原因とされ、鼻腔に膿がたまって粘膜がただれて嗅覚が鈍ることで食欲が落ちることもあります。

犬がくしゃみをする病気5.『鼻膜腔内腫瘍』

鼻膜腔内腫瘍の症状

鼻水やくしゃみ、鼻周辺の腫れや変形など

鼻膜腔内腫瘍の概要

鼻膜腔内腫瘍になると、鼻の内部に腫瘍が出来て鼻水やくしゃみをします。ひどくなると膿のような鼻汁や鼻血が出ることも。
通常の風邪やアレルギーは両方の鼻から鼻汁が出ることが多いのですが、鼻腔内腫瘍の場合は片方の鼻から鼻汁が出て、長期にわたる傾向があります。片方から鼻汁が出て長期間にわたる場合は要注意です。

犬がくしゃみをする病気6.『ケンネルコフ』

ケンネルコフの症状

乾いた咳やくしゃみ、鼻水、発熱、食欲不振など

ケンネルコフの概要

ケンネルコフは犬伝染性気管気管支炎ともいう伝染力の強い呼吸器疾患の一つで、ワクチン接種が予防となります。特に免疫力の低い仔犬に発症し、健康な成犬の場合は自然治癒します。

犬がくしゃみをする病気7.『犬ジステンパーウィルス感染症』

犬ジステンパーウィルス感染症の症状

鼻水や発熱、くしゃみ、嘔吐、下痢から進み麻痺や痙攣なども

犬ジステンパーウィルス感染症の概要

犬ジステンパーウィルスによる感染症で、発症すると致死率が高く、快復しても神経症状の後遺症が残ることもあります。

犬がくしゃみをする病気8.『犬伝染性肝炎』

犬伝染性肝炎の症状

くしゃみや嘔吐、発熱、ひどい下痢、腹痛、肝臓の炎症

犬伝染性肝炎の概要

犬伝染性肝炎は犬アデノウィルス1型ウィルスの感染から主に肝臓の炎症が起こり、重篤の場合は命に関わることがある病気です。

寝てる犬

犬のくしゃみまとめ


日頃からよく『くしゃみ』をする犬は鼻の粘膜が弱っていることも考えられます。

鼻の粘膜が弱ると、気温の変化やちょっとしたことが原因で犬のくしゃみを引き起こします。

それが風邪や鼻炎なのか、それともアレルギーが原因なのか。

まずは何が原因なのかを探ることから始めてあげましょう。

例えば、飼い主さんが香水をつけていたり、煙草を吸っていたり、お掃除するときの掃除機や消臭スプレー、ハウスダストで犬がくしゃみを引き起こされたり、お散歩コースにある植物や花粉に反応していることもあります。

愛犬にアレルギーがあるのかもしれません。

それを、「食欲も元気もあるから」と放置してしまうことで慢性化したり、炎症がひどくなるかもしれません。

飼い主さんの行動と愛犬のくしゃみに関連性があるか。

愛犬が何をしているときにくしゃみをしているか。

よく見ることから始めてみましょう。

くしゃみも逆くしゃみも犬の体力を消耗するので、頻繁に症状が出るようであれば、様子を見ないで、まずは動物病院に連れて行ってあげましょう。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 20代 女性 ゆり

    つい昨夜うちの愛犬が夜の散歩から帰ってきたときに、くしゃみを連発していました。まさにおじさんのくしゃみのようなでかい音を出して…
    鼻水も発熱もなかったので、昨日はそのまま様子見しています。

    今日は1度もくしゃみをしていないので大丈夫そうです。頻繁にくしゃみをしない分、いざしだすと心配になります。くしゃみを頻発するときは、今まで以上に注意深く何か他に症状がないか見ておきたいと思います。
  • 50代以上 女性 ろちゃん

    うちの愛犬のうちの一人もよくくしゃみをします。野原や田んぼを駆け回っている時にすることが多いので、なにかのアレルギーか葉先が鼻を刺激するのか、その程度に思っていました。食べ物に少しアレルギーのある子なので…

    こんなに重大な病気の可能性があるとは思いませんでした。うちの子に関しては、健康状態を見るかぎり病気ではなさそうですが、ここ、フィリピンの片田舎では、狂犬病以外の予防接種やアレルギーチェックは不可能なので、病気でないかどうかひたすら観察あるのみです。
  • 30代 女性 Chappy

    犬も人間と同じで、風邪をひいてくしゃみがでるんですね。
    うちの愛犬も、たまに連続でくしゃみが出てる時があります。本当にたまになので、そこまで気にはしていなかったのですが、今度からは鼻水が出ているかなどよく見てみたいと思います。
  • 40代 女性 匿名

    犬がするクシャミに聞こえるものは、咳だと獣医さんに言われました。
    我が家では10歳のチワワを飼っていますが、心臓が悪く、1日2回の薬がかかせません。
    咳の回数が増えたらすぐに来院するように言われています。
    頻繁に咳をするようでしたら、一度診察してもらうことをオススメします。
  • 30代 女性 ぷぅちゃん

    愛犬を迎え入れた時は、生後3ヶ月。その子が咳、くしゃみ、軽い嘔吐をしていたので、動物病院にいってみました。レントゲン撮影をしたところ、ケンネルコフからの気管支炎を起こしてました。
    くしゃみだけならしも、変なくしゃみ(咳の場合があります)を1日に何度かする場合、気をつけておいたがいいそうです。
  • 30代 女性 匿名

    異物が入っただけなら、取れれば止まります。
    慢性的なくしゃみの場合、アレルギー、腫瘍、歯槽膿漏など、根本治療が必要です。
    ダックスに多いとされる、リンパ球形質細胞性鼻炎というのもあります。
  • 30代 男性 ユウ

    うちには1歳半になるミニチュアダックスの愛娘が居ますが、うちの子は癖で怒ったり、何かアピールする時にクシャミをします。
    うちに来てからいつの間にか怒ったりアピールする時にクシャミをするという事を何故か覚えてしまったようです。
    うちの子は単なる癖なので、クシャミの後に抱っこしたり、遊んであげるとクシャミは止まります。
  • 女性 リロまま

    ウチの子はアルコールで床を拭いたりすると『クシャン!』可愛い❤️
  • 40代 女性 キウイ

    うちの犬も逆くしゃみをします。変な音なので心配で動物病院へ連れて行ったことがありました。
    また、水を飲んだ後などにガーッといった咳のようなものをするのですが、それも獣医さんに聞いたところ、いわゆる「のどちんこ」と呼ばれるところが大きく、加齢とともに垂れ下がって来て気道を邪魔している可能性があるそうです。
    小型犬では多い症例だそうで、あまりにひどい場合には手術で切除すると聞きました。うちの犬はそこまでではなかったので治療は考えていませんが、確認するには喉の奥が見えるように麻酔をして口を大きく顎が外れるほど開くとかで。
    いずれにせよ、くしゃみも咳も、犬が苦しそうだったら動物病院へ行って検査をしなくてはいけませんね。
  • 40代 女性 SUSU

    我が家の愛犬もペットショップから我が家に来て1週間程で風邪を引かせてしまったことがあります。咳のようなくしゃみを繰り返し、呼吸も辛そうになり動物病院で受診したところ、ケンネルコフですと診断されました。生後2ヶ月程でしたので、風邪でも体力がない場合にはもたないかもしれないと言われ、もっと早く連れてきてあげればよかったと愛犬に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ネフライザーという呼吸を助ける機械に入り、だいぶ回復したようで薬を頂いて帰りました。パピーの頃は特に、咳のようなくしゃみを聞いたらとにかく早めに受診されることをお薦めします。
    なお、愛犬はその咳のようなくしゃみで私達が心配そうに覗きこむように見てくれたことを覚えているようで、すっかり治って何年も経った今でも、自分に注目して欲しい時にはこのくしゃみをわざとすることがあります。愛犬なりにいろいろと考えているんだな~と微笑ましく思ってしまいます。

    なお、記事にあった逆くしゃみについですが、愛犬もこのくしゃみをする時があります。初めて聞いたときは本当に驚き、呼吸が苦しいのではないかとオロオロしたものです。獣医さんに相談したところ、逆くしゃみの後に特に問題なく元気に動けるようであれば心配する必要はないが、出来れば動画を見せて欲しいとのことで、実際に見て最終的な診断をして頂きました。愛犬が苦しそうにしている時に動画を録ることはとても辛いことですが、より確実に診断をしてもらうには最もよい方法だと思います。
    なお、友人のワンコも逆くしゃみのような咳が突然始まり、1日に何度も起こるようになりました。友人が連れていった病院の獣医さんも初めは逆くしゃみだと思うが出来れば動画を・・・とのことで、実際に撮影したものを後日、診ていただいたそうです。その結果、これは逆くしゃみではないとのことで、精密検査の結果、多発性関節炎と診断されたそうです。
    くしゃみではなく、痛みからくる咳だったようです。
    くしゃみのように聞こえても咳の場合も多いそうで、やはり動画が役に立ったそうです。自己判断は危険ですね。
    あまりに続くようであればやはり獣医さんに診て頂くのが安心かなと思います。
  • 50代以上 女性 ぼたん

    14才の柴犬その事ですけど、夜から朝方までくしゃみが出ます。連続の場合もたまにありますが、一度のくしゃみの方が多いです。何かの病気ですか?
    ちなみに、食欲はあります。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】犬のくしゃみについて

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。