里親によるネグレクトの末に殺処分に送られた犬…必要なものは「愛」

里親によるネグレクトの末に殺処分に送られた犬…必要なものは「愛」

保護犬を引き取った里親は、その犬を2年間ネグレクトし、挙句に殺処分のために犬を保健所に連れ戻しました。身を守る本能むき出しの犬を保護します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

鋭い牙の洗礼

保護

「レイシー」は子犬のときに里親に引き取られました。

でも里親のもとでの2年間はずっと裏庭に放置。ネグレクトされていたのです。

その挙句に保健所に返され、殺処分が予定されていました。

保護団体 HOPE FOR PAWS がレイシ―を引き取りにいきました。

でも傷つき怯えきったレイシ―は、助け出そうとするその人の指を噛んでしまいました。

レイシ―がある程度疲れて戦意喪失したところで、すっと抱き上げ、保健所を後にします。

「一体何が起こっているんだ」と、キョロキョロ辺りを見回すレイシ―。

人への恐怖はもうなくなったようです。

「噛んでごめんね。」というように、指の傷口をなめるレイシ―。

ケア

すっかり信頼関係を結びました。

豪快にバリカンで体毛を刈った後の仲良しタイム。

それから

レイシ―は里親が見つかり、他の犬たちと共に暮らし始めました。

他の犬の勢いにまだ少し押され気味ですが、尻尾を振って、環境に適応しています。

放置や心無い仕打ちの後も、犬は社会性を取り戻せるのですね。

その様子を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。