犬がしている『散歩から帰りたくないサイン』5選

犬がしている『散歩から帰りたくないサイン』5選

『散歩から帰りたくないサイン』をまとめました。飼い主さんを困らせてしまう犬の仕草や行動。もしかすると、散歩から帰りたくないサインかもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

散歩から帰りたくないサイン①「歩かなくなる」

リードを引く人の手と踏ん張って抵抗する犬

お散歩の途中、歩かなくなってしまうことがあります。“もう歩きたくないのかな”とか、“抱っこしてほしいのかな”と思ってしまいがちです。実は、お散歩から帰りたくないサインかもしれません。

もし、歩かなくなってしまったら、「あっちに行く?」と言ってみてください。歩きだしたら、まだお散歩から帰りたくないということです。歩かないままだったとしたら、本当にもう歩きたくないのかもしれません。

大体いつも同じお散歩コースを歩いているのではないでしょうか。そうすると、自宅を出てから、また自宅に帰るまでの道のりを、犬が覚えてしまっていることがあります。そうすると、自宅が近づくにつれて、帰りたくなくて、歩かなくなってしまうことがあります。

いつも帰りたがらなくて困るというときは、お散歩するコースを少しだけ変えてみてください。同じ距離や時間であっても、歩くコースが違うだけで、満足してくれることもあります。

散歩から帰りたくないサイン②「ぐいぐい引っ張る」

散歩中にカメラにグッと顔を近づける犬

お散歩に満足すると、ゆったり歩いたり、歩くスピードが落ちたりすることがあります。お散歩に出たばかりのときは、ちょっと早歩きだったり、走り出したりしたい様子が伝わりますよね。

大分歩いたのに、まだ歩くスピードが速かったり、リードをぐいぐい引っ張ったりすることがあれば、まだお散歩から帰りたくないサインです。ゆったり歩いていたのに、飼い主さんからの“そろそろ帰ろうか?”の言葉を聞き、急にぐいぐい引っ張りだすこともあります。

散歩から帰りたくないサイン③「道を変える」

川沿いを歩くダックスフンドと女性

自宅に帰るまでの道のりを覚えてしまっている犬は、まだお散歩から帰りたくないとき、飼い主さんがリードを引く方向とは別に、道を変えようとすることがあります。

飼い主さんは角を曲がろうとしているのに、犬はまっすぐ進もうとするかもしれません。その角を曲がると、もうすぐ自宅に着いてしまうということがわかっているからです。

散歩から帰りたくないサイン④「死んだふりをする」

芝生に転がるボーダーコリー

お散歩から帰りたくなくて、地面に寝転がっちゃう犬、意外と多いですよね。うちでは、“死んだふり”と呼んでいます。これ、すっごく困りますよね。“汚れるからやめてー!”と、叫びたくなってしまうかもしれません。

人通りが多い場所で寝転がられると、「かわいい~」なんて声をかけられて、嬉しそうにしている愛犬が、ちょっと憎たらしく思えたりもします。“帰りたくないのね~”と声をかけてもらうこともあります。

雨が降り続いて、やっとお散歩に出られたとき。帰りたくなくて地面に寝転がり、泥んこまみれで帰ったこともありました。みなさんにも同じような経験があるかもしれません。

散歩から帰りたくないサイン⑤「隠れる」

木の裏からこちらを覗くチワワ

こんなサインもあります。ドッグランに連れて行ったときのことです。愛犬に“そろそろ帰るよー”と声をかけ、時間を確認するためにスマートフォンを見た、ほんの数秒の間、愛犬から目を離していました。その、ほんの数秒の間に、愛犬の姿が見えないのです。

一緒にいた他の犬の飼い主さんに聞くと、“あの裏にいるよ”と教えてくれました。ドッグランに置いてある、犬用の遊具の裏です。私が帰る用意をしていると知り、隠れたのです。遊具の隙間から私の様子を確認しているようでした。

“おいてくよ?いいの?帰るからね?”と声をかけても来ないので、“ばいばーい!”と言うと、走ってきました。ぜひ、みなさんも使ってみてください。ばいばーい!と言うと、大体の犬は焦ってやってきます。

まとめ

家族と散歩を楽しむ犬の後ろ姿

散歩から帰りたくないサインには、

  • 歩かなくなる
  • ぐいぐい引っ張る
  • 道を変える
  • 死んだふりをする
  • 隠れる

などがあります。

どれも、私が実際に経験していることです。みなさんはいかがでしょうか。うちの愛犬にも全て当てはまる!という方がいらっしゃるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。