保護犬は多頭飼いしないほうがいいのか?

保護犬は多頭飼いしないほうがいいのか?

最近、テレビのニュースやバラエティ番組などで保護犬や保護猫を取り上げられることが増え、「家族として迎えるのなら保護犬や保護猫を」と考える人も多くなってきました。飼い主に捨てられたり、人に虐待されたことで心に深い傷を負っている保護犬は少なくありません。だからこそ、保護犬を家族として迎えるのなら、出来る限りの愛情を注ぎたい、そう考えると、一頭だけに愛情を注ぐために、保護犬は多頭飼いしない方がいいのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

保護犬は多頭飼いしない方がいい?

檻の中にいる二匹の犬を撫でる女性

先住の動物との相性をよく考慮する

信頼できる保護団体なら、保護犬が不幸になるような譲渡を薦めるようなことはしません。たとえ、譲渡会や保護団体のホームページなどで希望の保護犬と出会って譲渡を願い出ても、もともと飼っていた先住の犬との相性が悪ければ、譲渡を断られることすらあります。

犬の飼育に不慣れなら避けた方が良い

保護犬に限らず、初めて犬を飼うときにいきなり多頭飼いをするのは避けた方が良いと思います。単純に、食事や排せつの手間が倍になるだけでなく、犬たちの健康状態や精神状態をよく観察しなければならないことを見落とすリスクが高くなるからです。

例えば、元気な子犬を二頭、一度に家に向かえ入れたとします。当然、排泄のタイミングが違うので、トイレトレーニングのタイミングも違います。

片方がイタズラをしていることに気を取られているうちに、もう一頭が誤飲誤食で飲み込んではいけないものを食べてしまっていた…ということにもなりかねません。

また、犬の扱いに慣れていないと、犬同士が本気のケンカをしたときに対処できません。たとえ小型犬同士でも、本気のケンカに不用意に人間が手を出せば大出血するほど強く咬まれることもありますし、大型犬同士の喧嘩になると、犬も人間もとりかえしのつかない怪我を負うことになります。犬の扱いに不慣れで、犬の行動を制御できないのであれば、多頭飼いは避けるべきです。

多頭飼いの飼育環境を整えられるかどうか

それぞれの犬が安心できるスペースを作ることができるか、病気の予防のためのワクチン、避妊などの費用は出せるかなど、犬を多頭飼いできる環境を整えることができるかどうかを考えてみましょう。

家族全員が幸せに暮らすために最善の策を取れるか

先住の犬とどうしても相性が悪い、でも、どうしても家族として保護犬を引き取りたい、諦められない…ということもあるかも知れません。そんなときは、二階と一階で飼育場所を分ける、世話をする人を完全に分担制にするなど、できる限りの最善の策を講じましょう。

ストレスを感じるようなら専門家に相談する

日本には、「餅は餅屋」ということわざがあります。何事においても専門家に任せる方がよい、あるいは、どんなに上手でも素人は専門家には敵わない、という例えです。愛犬のことは飼い主さんが一番よく知っているかも知れませんが、「犬」という動物に関する知識は、経験豊富なドッグトレーナーさんや犬の訓練士さんには敵いません。先住犬と新しく迎える犬に関して、不安があるのならドッグトレーナーさんや訓練士に相談してみましょう。

多頭飼いに向かない犬とは?

たくさんの犬と遊ぶ家族

興奮しやすい

興奮しやすく、攻撃性のある性格の犬は、ケンカになりやすく、多頭飼いには向きません。

甘えん坊で飼い主さんに依存しやすい

飼い主さんの愛情が分散してしまうことを感じ取って、ストレスを抱えることになります。

臆病

先住の犬で飼い主さんから一番愛情を注がれていても、臆病な犬は他の犬の立てる物音などにも敏感でいつもびくびくして生活しなければいけなくなります。それは、その犬にとっては非常に大きなストレスで、病気の原因にもなりかねません。

まとめ

怖がっているチワワ

「保護犬だから多頭飼いに向かない」あるいは、「保護犬だからこそ、多頭飼いをして寂しくないようにしてあげたい」と「保護犬だから」と特別に考える必要はないと思います。「保護犬は多頭飼いをしないほうがいいのか?」という疑問に対する結論としては、保護犬の性格や年齢、体格などの条件によって多頭飼いを避けた方がいい場合もありますが、多頭飼いをするかしないか、向いているか向いていないかは、保護犬だからという理由で考えるのではなく、犬の個性によって考えるべき、ということです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。